一眼レフのストラップの選び方。おすすめのストラップも紹介

2019.11.17

一眼レフによる撮影で欠かせないのが「ストラップ」です。機能面でもデザイン面でもさまざまな種類があり、どんな撮影がしたいかによって、選ぶべきストラップも変わってきます。そんな一眼レフのストラップの選び方や、おすすめのストラップをご紹介します。

一眼レフのストラップを選ぶときのポイント

ストラップには一眼レフ向けのものから様々なカメラで使える万能タイプのものまでありますが、一眼レフでの撮影に使う場合は、いくつか押さえておきたいポイントがあります。どのように選べばいいか、見ていきましょう。

ストラップの太さをチェック

一般的に一眼レフは、重量が大きくなりがちです。あまり細いストラップだと使っているうちに痛みを感じる原因になるため、一眼レフのストラップには、太めのものが向いています。

野外で長時間移動しながら撮影する場合などにも、太いストラップの方が疲労が少なくなるのでおすすめです。

ストラップの取り付け部分・付け方に注意

ストラップにはどのカメラでも使えるように作られた万能タイプのものも多いですが、購入するときには、一眼レフのストラップ取り付け部分の幅は注意して見ておくようにしましょう。

カメラによっては取り付け部分がせまいものもあるため、事前に確認しないと「買ってからストラップが付けられないことに気づいた」という事態が起きてしまう場合があるからです。

また、ストラップの付け方がテープタイプかリングタイプか、一眼レフに問題なく固定できるかもチェックしておきましょう。

一眼レフのストラップにはどんな種類がある?

ストラップはカメラのかけ方や機能によって、いくつかの種類に分けられます。それぞれの特徴を押さえて、一眼レフ向けのストラップがどんなものか見ていきましょう。

かけ方・長さによるストラップの種類

長さやカメラのかけ方によるストラップの種類は、主に3つあります。

最も一般的なのが、首から下げる「ネックタイプ」のものです。体の前面で一眼レフを持つことになるので、写真を撮りたいと思ったらすぐに構えることができます。

また、肩から斜めがけするストラップは「ショルダータイプ」と呼ばれています。一眼レフの重量を肩で支えるため疲れにくく、長さを調整すればネックタイプとしても使えるため、汎用性が高いのがポイントです。

他にも、手首に巻くハンドタイプのストラップもあります。常にカメラを持っておけるため手軽に構えられるのが魅力ですが、一眼レフだと重量があるため、デジカメなどの軽いカメラ向けに使われることが多くなっています。

一眼レフ向けの機能を備えたストラップも

カメラストラップの中には、一眼レフ向けの機能を備えたものもあります。

そのひとつが「グリップストラップ」で、カメラを手元で固定しやすくするグリップが付いているのが特徴です。主に重いカメラを支えやすくするのが目的のストラップで、一眼レフでの撮影で使われることが多くなっています。

他にも、ショルダータイプながら、カメラをスライドさせて素早く撮影体勢に入れるように作られた「速写ストラップ」もあります。一眼レフを持ち運びしやすくしながら撮影のタイミングを逃さないようにできるため、プロの報道カメラマンなどにも使われています。

より高度で本格的な撮影がしたい方は、これらのストラップを検討してみましょう。

一眼レフ向きのおすすめのストラップ

ストラップの選び方や種類が分かったところで、最後におすすめのストラップをご紹介します。一眼レフとの相性や自分の用途に合わせて選んでいきましょう。

ピークデザイン スライド

ネックタイプとしてもショルダータイプとしても使いやすい、オーソドックスな万能ストラップです。

耐荷重90kgと耐久性にも優れていて、バックルから滑り止めまで使用者に負荷がかからないように設計されています。

どんなストラップを選ぶか迷ったときには、間違いない製品です。

  • 商品名:ピークデザイン スライド
  • 参考価格:¥8,178
  • Amazon 商品ページはこちら

6号帆布 ハンドストラップ

リーズナブルな価格ながら、しっかりとした厚みのあるハンドタイプのストラップです。

名前の通り6号帆布を使って作られており、長年にわたって耐久性が持続するほか、肌触りや色落ちしにくさ、衝撃吸収性の面でも優れています。

価格もリーズナブルで、一眼レフ向けのハンドタイプストラップとしておすすめです。

  • 商品名:6号帆布 ハンドストラップ
  • 参考価格:¥1,620
  • Amazon 商品ページはこちら

Carry Speed 速写ストラップ 一眼レフ用 SLIM MarkIII

一眼レフやミラーレスで使うことを前提に設計された、速写ストラップです。

タグを引き下げるだけで即座にカメラを引き上げることができるため、すぐに撮影に入ることができます。

他にも、カメラの重みを分散して使用者の疲労を軽減してくれるショルダーパッド、吊り下げたときに自然とレンズが身体側で保護されるオフセット吊り下げ方式などの機能を備えています。

  • 商品名:Carry Speed 速写ストラップ 一眼レフ用 SLIM MarkIII
  • 参考価格:¥7,980
  • Amazon 商品ページはこちら

一眼レフのストラップは機能性とデザインで選ぼう

一眼レフ向けのものの中でもさまざまな種類があり、それぞれ機能が異なるストラップ。デザイン面でも多くの選択肢があり、自分らしさを見せるアイテムとしても注目です。

機能性・デザインの両面で、自分にあったストラップを選びましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME