ルイ・ヴィトンの長財布、レディースとメンズの人気商品をまとめて紹介

2019.11.17

紙幣を畳まず持ち運べて高級感のある「長財布」。今回は普段使いはもちろん、パーティでクラッチバッグとして使っても存在感抜群の高級ファッションブランド「ルイ・ヴィトン」の長財布をご紹介していきます。

「ルイ・ヴィトン」の長財布

ルイ・ヴィトンの長財布は、年齢や性別を問わずに使える憧れのファッションアイテムの一つです。まずはルイ・ヴィトンの長財布の種類や特徴についてまとめてご紹介していきます。

長財布のタイプは2種類

ルイ・ヴィトンの長財布には同じデザインでも「ジッピー」と「ポルトフォイユ」と呼ばれる2つの種類があり、好みや用途、場面に合わせて選ぶことができます。

ファスナータイプの「ジッピー」

「ジッピー」はファスナーで開閉するタイプの長財布で、カジュアルな雰囲気と中身がこぼれない丈夫な作りから、長く愛用できる普段使いにおすすめの長財布となっています。シンプルなものはもちろん、レディースラインではファスナーにチャームなどの装飾がついているデザインも人気です。

オープンタイプの「ポルトフォイユ」

フランス語で「財布」を意味する「ポルトフォイユ」は、ファスナーやスナップボタンのない見開きオープンタイプの長財布で、スリムでスマートなフォルムはスーツの胸ポケットにもぴったり。普段使いはもちろん、ビジネスやフォーマルな場面でも活躍してくれます。

レディースとメンズ、人気のおすすめ長財布

ルイ・ヴィトンの数ある長財布の中でも、最近では伝統的なデザインにアレンジを加えた商品が人気です。続いては人気のおすすめデザインをレディース、メンズそれぞれご紹介していきます。

レディースラインは「アンプラント」が人気

レディースラインの長財布はキャメルとダークブラウンのカラーに「LV」ロゴが有名な王道の「モノグラム」はもちろん、モノグラムをレザーに型押しした「モノグラム・アンプラント」も人気です。

モノグラムが型押しされたレザーは単一カラーなので模様が目立ちすぎず、それでいて重厚感のある上品なデザインとなっています。カラーもレッドやピンクなど女性らしい明るいカラーがおすすめです。

  • Amazonでアンプラントをチェック:こちら

メンズラインは「エピ」に注目

メンズラインの長財布は、ルイ・ヴィトンの伝統デザインである「ダミエ」や「モノグラム」のダークカラー(グレーとブラックの組み合わせ)の他、単色カラーで素材特有の質感を楽しめる「エピ」シリーズも人気となっています。

フランス語で「麦」を意味する「エピ」シリーズは、揺れる穂麦のような波状の模様が特徴で、シックで大人な雰囲気がビジネスにもぴったりだと多くのファンから愛されているアイコニックなシリーズです。

  • Amazonでアンプラントをチェック:こちら

中古で安く購入するときの注意点

中古店やフリマアプリなどで購入する場合、気をつけたいのはコピー品、いわゆる「偽物」の商品です。特にスマホのフリマアプリなどは実物を手にとって確認できないため、細心の注意が必要となります。

コピー品の見分け方

コピー品と本物を見分ける方法はいくつかありますが、モノグラムなど柄物の商品はプリント位置を正規店の商品写真と見比べてみて、少しでもズレたり見切れていたりする場合は偽物の可能性が高くなります。

柄物でない商品の場合は、チャームやファスナーなどのパーツに注目。ルイ・ヴィトンはパーツも特注品を使っていて手に入らないため、偽物の場合パーツの大きさや長さ、デザインが違う場合がほとんどです。

【関連記事】ルイ・ヴィトンの財布、偽物やシリアルナンバーの見方、修理情報まとめ

憧れのルイ・ヴィトンは長財布で決まり

ルイ・ヴィトンの長財布は自分へのご褒美はもちろん、進学や就職など新生活の門出を祝うプレゼントとしても喜ばれる人気アイテム。ぜひ好みや目的に合った長財布を探してみてくださいね。

おすすめの関連記事

【関連記事】ルイ・ヴィトンのモノグラムは、日本の「家紋」から着想を得ていた?

【関連記事】ルイ・ヴィトンのメンズバッグがカッコいい。豊富な種類を紹介

【関連記事】ルイ・ヴィトンの小銭入れを種類別に紹介。メンズにも人気商品5選!

【関連記事】ルイ・ヴィトンの二つ折り財布を紹介。メンズとレディースの違いとは?

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME