一眼レフカメラの基本的な使い方とは?簡単に使えるテクニックを紹介

2019.11.16

これから一眼レフカメラで撮影を始めようという方に向けて、一眼レフカメラの基本的な使い方と簡単に実践できるテクニック事例をご紹介します。

一眼レフカメラとは

一眼レフカメラは被写体を鏡に反射させることで、写真をデータとして残していきます。ファインダー越しで直接被写体が見れるので、直接取りたい被写体をそのまま撮ることが可能です。

さらにはバッテリーの持ちが良く、小型で持ち運びしやすいという特徴を持っています。なので女性でも扱いやすく、日常的に活用する人が増えてきたのです。

一眼レフカメラの使い方を知るうえで重要な5つの設定

基本的な使い方を理解していく前に、まずは一眼レフカメラにおいて重要な5つの設定を理解しておく必要があります。まずは以下の5つの設定を理解してから、便利な使い方を覚えていきましょう。

ピント位置

もし最初に購入したまま何も触っていなければ、ピントはオート設定のままで設定されていることでしょう。ピントは自分で合わせることも可能ですが、AF(オートフォーカス)ではカメラが勝手にピントを決めてしまうのです。

カメラが自動で決めてくれるので便利ではありますが、ピンボケの原因にもなってしまう場合があります。ピントをどこに合わせるかによって見え方が大きく変化するので、自分で調整するクセをつけておくと良いでしょう。

明るさ

明るさ調整も、一眼レフカメラにて変更することができます。露出補正ボタンによって明るさ調整を行っていき、プラスマイナスによって明暗を変えていくことができるのです。

大概はボディにそのままボタンがついていることが多く、夜景の写真を撮りたい時に効果を発揮します。そのほかにもISO感度の設定でも明るさ調整が可能なので、まずはそれぞれの違いを見ていくとよいでしょう。

被写体によっても色合いが異なりますが、写真を撮った時に思っていた色と違う色で写し出されることがあります。そんな時は「WB(ホワイトバランス)」を調整していくことで、自分の思った色合いに変更していくことが可能です。

「WB」と表記されていることがほとんどで、カメラ本体についている場合もあれば、メニュー画面で変更することができます。自分の思った色合いにしたかったり、変わった色合いで写したい時に活躍する機能です。

背景ボケ

背景をぼかすことで、被写体をより美しくするという写真のテクニックがあります。ボケは撮影モードダイヤルをA(Av)、またはMに合わせていくことで変更が可能です。

この時に現れるFの後につく数字によって、ボケの度合いを変化させていきます。ボケの具合によっては見え方が大きく変わるので、自分なりに調整の仕方を覚えておくと良いでしょう。

シャッタースピード

動いているものはブレてしまうことがほとんどですが、撮影モードダイヤルをS(Tv)、またはMにすることで綺麗に撮ることができます。動くものを撮ることが多い人は、調整をしてみてブレずに撮れる方法を知っておきましょう。

一眼レフカメラの知っておくと便利な使い方

では一眼レフの基本的な設定を伝えたところで、次は使い方についてです。ここでは知っておくと便利な使い方について解説していきます。初心者の人は、まずこの基本的なことを覚えてから、次の段階へと進んでいくと良いでしょう。

撮影は絞り優先(A)モードがおすすめ

写真撮影において一番の心配は、綺麗に撮れず失敗をしてしまうことです。それを最小限に抑える方法として、撮影は絞り優先(A)モードで撮影していくことで大失敗を防ぐことができます。

このモードは、自動でISO感度とシャッタースピードを調整してくれるので、大きな失敗なく、綺麗な写真を撮ることができるのです。風景には風景に合わせた設定を、人物には人物に合わせた設定をしてくれるので大変便利な機能となります。慣れるまでは、絞り優先(A)モードを使っていくことがおすすめです。

自動ピント調整機能

最初に初心者が苦労するのが、正しいピント合わせです。もちろん手動でピントを合わせていくことは可能ですが、初心者のほとんどは大失敗してしまうことが多々あります。

慣れるまでは、オートフォーカスモードを活用してピントを自動で合わせてもらうようにしましょう。少しずつ慣れてきたら、自分で調整をしていき、自分好みのピントにしていくのがおすすめの方法です。

画像の保存はRAWとJPEGにて

写真を撮ることばかりに目がいきがちですが、データの保存方法も一眼レフカメラを使用するにあたって知っておくべきポイントです。カメラの初期設定ではJPEGだけで保存されることがほとんどなので、RAWでも保存するようにしていきましょう。

そのほうが後々に画像を編集する際には、大変編集がしやすくなってきます。使い方の基本として、画像の保存方法もしっかりと理解しておきましょう。

一眼レフカメラの基本操作を学んで撮影してみよう

一眼レフカメラの撮影を始める時は、最初から難易度の高い技術を覚えるのではなく、基本的で覚えやすいものから実践してみましょう。まずは1つ1つ試してみてから、新しい使い方を試してみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME