スーツとセーターはビジネスシーンでNG?マナーと選び方をご紹介

2019.11.15

スーツにセーターを着用する人は増えています。寒い時期でも温かく過ごすことができ、組み合わせでオシャレを楽しむことが可能です。そこで気になるのが、ビジネスシーンでのマナーや選び方。おすすめと合わせて解説するので、参考にしてください。

スーツでセーターを着るのはマナー違反?

色々なシーンで着用するスーツには、いろいろなマナーがあります。スーツのセーターの組み合わせは、有りなのでしょうか?

フォーマルではなくカジュアル

セーターはカジュアルに分類される衣服です。フォーマルな場でスーツの中に来てしまうと、実は厳格なビジネスマナーにおいてはマナー違反になってしまいます。

プライベートや認められている場所以外では避けましょう。防寒対策なら、スーツ用のベストを着用してください。

職場によっては認められている

厳格なビジネスマナーとしては、カジュアルに分類されマナー違反とされてきたスーツとセーターの組み合わせですが、最近ではOKとする会社も増えてきました。ウォームビズを推奨している職場なら、積極的に取り入れているケースもあります。

あまり固い会社でなければ、多くの会社ではセーターは認められている場合が多いでしょう。ただし社会人になりたての方で、会社の規則がよくわかっていない方などは、会社の規定を確認してから着用することをおすすめします。また、認められている場合であっても、あまり派手になりすぎないように、なるべく落ち着いたデザインとカラーのセーターを選びましょう。

スーツに合うセーターの選び方

スーツに合わせるのは、どのようなセーターが良いのでしょうか?職場でオシャレに着こなすための、ポイントを3つチェックします。

Vネックか丸首がおすすめ

ビジネスシーンで着用するなら、丸首よりもVネックがおすすめです。タイトな雰囲気があり、ネクタイを着用してもスッキリとした印象になります。

ノーネクタイを推奨している会社やプライベートなら、丸首でも問題有りません。ただし、ゆるい印象にならない、首元のリブしっかりしているセーターを選びましょう。

編み方に注目

セーターの編み方には、ハイゲージとミドルゲージ、ローゲージがあります。これは網目の密度によって別れ、印象を大きく左右します。

ハイゲージは密度が高く、ローゲージはゆるい。ミドルゲージはその中間です。ビジネスシーンで着用するなら、キチンとした印象のあるハイゲージが良いでしょう。

カラーの組み合わせ

スーツとセーターは、同系色で揃えましょう。基本的には柄がない1色のセーターを選ぶこと。同じ色の組み合わせなら、ビジネスシーンでもフォーマルな印象をキープできます。

ワンランク上のオシャレを目指すのであれば、差し色になるセーターがおすすめです。ワインレッドやブラウン、グレーなど、落ち着いた色を選んでください。

スーツにおすすめのセーター3選

スーツにピッタリとあう、おすすめのセーターを3つ選びました。肌触りや機能性、見た目にもこだわった商品なので、選ぶ時の参考にしてください。

Vネックセーターニットウール混

家で洗えるウォッシャブルセーターです。シンプルなVネックはビジネスシーンに馴染み、スーツとも合わせやすい。保温性が高いウール混合素材を使っており、寒い季節でも温かく過ごせます。

  • 商品名:Vネックセーターニットウール混
  • 参考価格:3,990円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

Vネック天竺ニットセーター

洗濯ができる薄手のニットは、秋から春まで着回せます。定番のブラックから少し攻めたブルーまで、ベーシックな5色を用意。シンプルでスタイリッシュなセーターは、様々なシーンで着用できます。

  • 商品名:Vネック天竺ニットセーター
  • 参考価格:3,500円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

カシミヤ100%Vネックセーター

高品質なカシミアを使ったセーターです。嫌なチクチク感は一切ないので、なめらかでしっとりとした肌触りが楽しめるでしょう。とても温かいのに薄いため、スーツの下に着用しても、スッキリとしたシルエットをキープできます。

  • 商品名:カシミヤ100%Vネックセーター
  • 参考価格:12,800円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

温かくオシャレに着こなそう

最近では、スーツにセーターを着用してもOKな職場が増えてきています。寒い季節を温かく、かつオシャレに過ごすために、ぜひセーターを活用してください。スーツとコーディネートして、新しいファッションに挑戦してみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME