チョコレートとお酒の最高のマリアージュを。リキュールや相性の良いお酒を紹介

2019.11.14

おいしい食べ合わせのことを「マリアージュ」と言いますが、実は、チョコレートとお酒のマリアージュは抜群なんです。そこで今回は、チョコレートの人気のお酒、お酒が入ったおすすめのチョコレート、チョコレートと相性の良いお酒をご紹介します。

ロックでもアイスにかけても美味しい。チョコレートのお酒

そのままロックで飲んでも、アイスクリームなどのデザートにかけても美味しい、チョコレートのお酒をご紹介します。

サントリー モーツァルト チョコレートクリーム

「モーツァルト チョコレートクリーム」は、「チョコレートリキュールといえばこれ」というべき定番の一本です。

モーツァルトチョコレートリキュールの品質へのこだわりは徹底しており、製造の最終工程である熟成の過程で、モーツァルトの音楽を2晩にわたって聴かせているとのこと。少し信じられない話ですが、事実だそうです。

世界中で愛されるチョコレートクリームリキュールは、カカオと生クリームを贅沢に使用した、とろけるようなチョコレートの甘美な味わいです。そのままでも、ミルク割りでも、アイスクリームにかけでも美味しいですよ。

ゴディバ チョコレート リキュール

キリン ゴディバ チョコレート リキュールは、「プレミアムチョコレートの味わいを、もっと身近に」がコンセプトです。チョコレートの名門「ゴディバ社」の厳選されたカカオからつくられる贅沢な味わいは、他のアルコールと割って飲んでもよいですし、コーヒーやミルク、アイスクリームのトッピングなどにもぴったりです。濃厚でまろやかなチョコレートリキュールは大人の贅沢ですよ。

お酒を使った大人のチョコレート

続いては、お酒を使ったチョコレートをご紹介します。

ニッカ 竹鶴ピュアモルト17年使用 ウイスキー生チョコレイト

札幌ススキノにある、全国のNIKKA BARの中で唯一「The」の冠の付く「THE NIKKA BAR」。そこで長年提供されている竹鶴17年ピュアモルト使用の生チョコレート。スモーキーな香りと、優しい甘さが調和した、他にはない特別なチョコレートです。

竹鶴17年ピュアモルトが持つ重厚感。17年使用のチョコレートは、ほかの竹鶴使用のチョコレートとは違います。スモーキーな香りと甘みの調和。口の中でとろけた後にやってくる、長期熟成の深いながらも爽やかな樽の余韻。本物を知る、大人のためのチョコレートです。

ラロシェル スコッチウイスキーチョコ 150g

ハローレン・ショコラーデンファブリック社はジンジャーブレッドのベーカリーショップとして1804年に開業したドイツで最も長い歴史を持つチョコレートメーカーです。

そんなハローレン社が手掛けるラロシェルは、リカーチョコレートの中でも世界的に知られた有名ブランド。ドイツではギフトチョコの定番としても知られる人気の商品です。スモーキーの芳香豊かなスコッチウイスキーを使用したチョコレートが15粒入っています。

チョコレートと相性の良いお酒

ウィスキーボンボンが世界中の大人たちに親しまれるようになってから、ウィスキーとチョコが合うことは知られるようになりましたよね。ここからは、ウイスキー以外にも、チョコレートと相性が良いお酒をご紹介します。

赤ワイン

ウイスキーと同様、赤ワインも爽やかな香りと濃厚な味わいがチョコレートと合います。チョコレートの風味を生かして味わうならば、フルーティーで重めのタイプの赤ワインがおすすめですよ。

日本酒

日本酒にもウイスキーなどと同じ古酒があります。熟成古酒は色も香りもウイスキーのような濃厚さがありますので、コクと深みのある甘いチョコレートが合います。また、日本酒の酸味は口の中にふわりと広がるタイプが多いので、チョコレートの強い甘みと風味のアクセントになります。

チョコレート×お酒で大人のデザートタイムを

チョコレートだけでは甘くて食べられないという方には、お酒のアクセントが入ったチョコレートがおすすめですよ。仕事終わりや休日に、大人だけのデザートタイムにいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME