シナモンとりんごは相性抜群。期待できる効果やおすすめレシピを紹介!

2019.11.14

スパイスの王様であるシナモンはりんごとの相性が非常に良いことでも知られています。合わせて摂取することで体に良い影響を与えてくれるでしょう。この記事ではシナモンやりんごの健康効果、シナモンとりんごを使ったおすすめレシピなどを紹介していきます。

覚えておきたいりんごとシナモンの健康効果

まずはシナモンおよびりんごの健康効果からみていきましょう。

シナモンの健康効果

シナモンの健康効果で目立っているのは「毛細血管の老化防止」です。血管の働きが向上されることから血行も良くなり、冷え性の改善や生活習慣病の予防が期待できます。

また、体が温まり基礎体温が上がるため、免疫力の向上やダイエット効果にも期待できるでしょう。シナモンには100gあたり550mgのカリウムが含まれています。

このカリウムがむくみ改善効果に繋がり、むくみの原因である余分な量の塩分を体外に出してくれる様になっているのです。豊富なカリウムが含まれているシナモンを取ることで、むくみ改善効果が期待できるというわけです。

他にも、シナモンに含まれている「シンナムアルデヒド」には脂肪細胞を縮小・燃焼させる効果があることが発見されており、これにより肥満予防の効果が期待できるため、ダイエットにもぴったりと考えられています。

また、オイゲノールという成分も含まれており、この成分には強い抗酸化作用があるようです。この抗酸化作用によって体内やお肌のアンチエイジング効果も期待できます。

りんごの健康効果

りんごの健康効果で大きいのはやはり「リンゴポリフェノール」による強い抗酸化作用です。生活習慣病を予防してくれたり、コレステロール値を下げて血流を改善してくれたりといった効果があるといわれています。

アレルギーの抑制にも効果的で、美白効果もあるので美容面でも活躍してくれるでしょう。このポリフェノールは、皮に近い部分に最も多く含まれます。

次に、ペクチンによる水溶性食物繊維で腸内環境を整えてくれる効果について。善玉菌を増やしてくれるので便秘解消に効果的です。加熱することで働きが良くなる為、整腸効果のみを期待するなら加熱調理した方が良いとされています。

同じ便秘解消効果としては、セルロースも不溶性食物繊維にあたる為、便の量を増やして腸の働きをサポートしてくれます。

最後にビタミンC。りんごのビタミンCは「酸化型」という加熱しても壊れにくいタイプのものが含まれているので、肌荒れの緩和や美肌効果が期待できます。

りんごとシナモンのケーキのレシピ

りんごとシナモン、同時に摂取することで様々な健康効果を期待したいところ。ここではりんごとシナモンを使ったケーキのレシピを紹介していきます。

りんごとシナモンのケーキ・材料

りんごとシナモンのケーキはホットケーキミックスを使用する分行程が少なくて済みます。まずは以下の材料を準備しましょう。

  • りんご 2個
  • グラニュー糖 大さじ2
  • ホットケーキミックス 200g
  • 紅茶 1パック
  • レモン汁 大さじ2
  • たまご 1個
  • バター 30g
  • 粉糖 適量
  • レモン汁 大さじ2
  • グラニュー糖 大さじ2
  • シナモン 小さじ1/2

りんごとシナモンのケーキ・作り方

  1. りんごにグラニュー糖大さじ1杯・レモン汁を加えて、500Wで3〜4分程度加熱してください。
  2. ホットケーキミックス・グラニュー糖大さじ1杯・紅茶・シナモン・たまご・溶かしたバターを混ぜ合わせます。
  3. 2を焼き型に流し入れ、その上から1のりんごを丸めて乗せます。
  4. 170℃予熱したオーブンで、3を40分焼きます。焼き上がったらよく冷まし、粉糖をかけて完成です。

簡単にできる!シナモンで作るりんご煮

シナモンやりんごの成分をよりダイレクトに摂取したいなら、シナモンを入れたりんご煮がおすすめです。

りんご煮の材料と作り方

材料はりんご1個と、シナモン適量のみです。りんごは煮るので、少し古いくらいのものの方が作りやすいと思います。りんごの煮汁で甘味もでますが、好みで砂糖を少し入れても良いでしょう。作り方は以下の通りになります。

  1. りんごを切って軽く塩水にさらします。
  2. 水とりんごを入れて、りんごが柔らかくなるまで煮ます。水が減ってきたらまた足してください。
  3. りんごが柔らかくなったらシナモンをふりかけて混ぜます。全体に味が染み付くように混ぜて完成です。

りんごとシナモンは相性抜群

りんごとシナモンはどちらも健康効果に優れている素材で、かつお互いの相性も抜群です。おやつとして取り入れやすく、特にシナモンは決まった賞味期限もないので、常に常備しておくと良いでしょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME