メガネスタンドの特徴や選び方とは?おすすめスタンドも紹介

2019.11.14

メガネを置くために使われるメガネスタンド。最近ではおしゃれな見た目にこだわったメガネスタンドも多く、メガネ愛用者からするとどれを選んだらいいか分からないということがあることでしょう。そこでこの記事では、メガネスタンドの特徴や選び方を紹介しつつ、おススメスタンドを3つご紹介していきます。

メガネスタンドの特徴

そもそもメガネスタンドには、どのような特徴を持ち合わせているのでしょうか?まずは特徴を捉えてから、選び方を知っていきましょう。

メガネ同士の接触を防ぐ

メガネは繊細な作りの物が多く、ちょっとぶつけるだけでも傷がついてしまうもの。小物入れやテーブルの上などに適当においておくと、様々なものと接触して傷がついてしまうものですが、そんなときにメガネスタンドを使用することで接触を防ぐ効果があります。

大切なメガネを傷をつけず長く愛用したい人にとっては最適なアイテムと言えるでしょう。

メガネが取り出しやすくなる

何本ものメガネを持っている人なら、それぞれ個別にメガネケースにしまっているという人もいるでしょう。しかし、どのケースにどのメガネが入っているかを確認したり、それぞれのメガネをケースから出したりするのは思ったより時間がかかってしまうもの。

メガネスタンドを使えば、パッと見ただけでお気に入りのメガネを見つけ、すぐに取りだせるという大きなメリットがあります。普段急いで出かけることが多い人にとっては、時短が見込めるメガネスタンドは最適でしょう。

メガネスタンドの選び方

メガネスタンドの選び方を見ていきましょう。これから購入を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

持っているメガネの本数に合わせて選ぶ

人によっては持っているメガネの本数が異なります。メガネスタンドによっては、1本用のもあれば20本用のメガネスタンドまでさまざま。

まずは、今持っているメガネの本数に合わせて選んでいくと良いでしょう。また今後増やす予定なのであれば、どれぐらい増やすかで選んでいくのも問題ありません。

出し入れのしやすさで選ぶ

メガネスタンドによっては簡単に取り出せるものもあれば、ケースを開けないと取り出せないものもあります。ケースつきの方がメガネを様々な劣化からより守ってくれるのは事実なのですが、ディスプレイや保管用ではなく普段使い用としてなら、取り出しやすさを優先すべき時もあるでしょう。

どういう用途で使うかによって、使いやすさは重要な要素です。

傷がつきにくいスタンドを選ぶ

メガネは少しの接触で傷がついてしまう繊細なものなので、傷がつきにくいスタンドは大変重要となります。メガネスタンドによっては、メガネとメガネがぶつかってしまうような設計になっているものもあり、注意が必要です。

少しでも傷を付けたくないという人は、メガネとメガネとの間がしっかりと空いたスタンドを選んでいくと良いでしょう。

おすすめメガネスタンド3選

それではここで、おすすめのメガネスタンドについて紹介していきます。これから選ぼうと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

シンコハンガー アイコレクタワー

メガネにホコリがつくのを防ぐことができる、クリアケース型のメガネスタンドとなります。一度メガネを仕舞えば、空中のホコリが付着するのを防ぎ、きれいなメガネをキープすることができます。

最大5本まで収容可能で、ディスプレイ性も抜群。ケース付きのため少々取り出しづらいというデメリットはありますが、メガネを大切に扱いたいという人にはおすすめの商品です。

  • 商品名:シンコハンガー アイコレクタワー
  • 価格:1,744円
  • Amazon:商品ページ

monoKOZZ アイアン メガネスタンド

壁に設置することができるメガネスタンドとなります。最大で7本までメガネをかけることができ、何もない壁に簡単に設置できることからおしゃれ感を演出することも可能です。

部屋の中に飾っておけばインテリアとしても活用できるので、オシャレ好きの人にはたまらないでしょう。

  • 商品名:monoKOZZ アイアン メガネスタンド
  • 価格:4,950円
  • 楽天市場:商品ページ

メガネスタンドで日々の生活を効率化

メガネスタンドにも色んな種類があり、人によって好みが変わってくるはずです。中にはオシャレに飾ることもできるメガネスタンドがあるので、メガネ以外もオシャレにこだわりたい人には最適のアイテムとなります。

ぜひ自分に合ったメガネスタンドを見つけて、新しいメガネライフを楽しんでくださいね。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME