雨の日でも安心な屋内アスレチック。遊びに行くならどこがおすすめ?

2019.11.12

一般的に、アスレチックといえば野外だと思いますが、近年では屋内アスレチックも増えてきています。天候や気温などの影響を受けないことから、一年を通して遊ぶことができるのです。休みの日には子供と行きたくなる、屋内アスレチックを紹介します。

関東にある室内アスレチック場

まずは関東にあるアスレチック場の紹介です。

TONDEMI 平和島店

TONDEMI(トンデミ)は、東京にあるアミューズメントスポットです。3階建ての敷地面積、約1200坪の敷地内にはトランポリン、クライミング、ロープウォークペダルカート、エアーランなどがあります。

「新奇性」と「対決」をテーマとしており、家族や友達と競争しながら遊ぶことができるのです。

また、デジタルゲームを取り入れたデジタルスポーツエリアもあり、体感型アクションゲームも体験することができます。アミューズメントエリアにはレースゲームやスポーツ系のゲームもあり、運動が苦手な子供でも楽しく過ごせるでしょう。

キッズスペースも完備されており、大人から子供まで遊べる室内アスレチックになります。

ちなみに、千葉と三重にもTONDEMIはあります。コンセプトは同じでも設備が違いますので、それぞれ遊びに行ってみるといいでしょう。

  • 店舗名:SPACE ATHLETIC TONDEMI “HEIWAJIMA”
  • 住所:東京都大田区平和島1丁目1-1
  • 最寄りの駅:京浜急行「大森海岸」から徒歩10分
  • 電話番号:03-6404-9935
  • 営業時間:10:00~21:00
  • 定休日:不定休
  • 公式HP

クロスポ 千葉浜野店

クロスポは、千葉にある3階建てのスポーツエンタテイメント施設です。

1階は主に体を動かすエリアで、トランポリン、クライミング、卓球などがあります。

2階はアミューズメント要素が強く、ゲームコーナー、サバイバルゲーム、アーチェリーなど、ゲーム感覚で楽しめます。

3階は主に休憩所となり、カラオケ、リラクゼーション、漫画エリアが用意されています。

中でも特徴的なのが、一階のクライミングエリアです。壁面はトリックアートになっており、不思議な気分にさせてくれます。

どれもが面白く、一日中遊んでも、遊びつくすことはできないでしょう。

  • 店舗名:クロスポ 千葉浜野店
  • 住所:千葉県千葉市中央区浜野町1025-240
  • 最寄りの駅:JR内房線 浜野駅より徒歩8分
  • 電話番号:043-208-2151
  • 営業時間:24時間年中無休
  • 公式HP

関西にある室内アスレチック場

関東だけではなく、関西にも有名なアスレチック場があります。

Bb 箕面船場店

Bbは、大阪にある家族で楽しめる2階立ての室内アミューズメント施設です。施設内には、クライミング、卓球、アスレチックなどがあります。他にも、別の階にはゴルフ、サバイバルゲーム、ロデオ、ビリアードなどがあります。

クライミングエリアはあるものの、基本的にはキッズ向けのアスレチックが多いです。大人が利用する際は、ビリアードやゴルフなど、別のゲームをするといいでしょう。

また、屋上ではフットサルコートもあります。バスケの3on3もでき、グループで楽しむこともできるのです。

大人向けのアスレチック要素は少ないですが、家族みんなで楽しめる、複合施設といえるでしょう。

  • 店舗名:Bb箕面船場店
  • 住所:大阪府箕面市船場東3-13-11 ビーバーワールド箕面船場店内
  • 最寄りの駅:千里中央駅から無料シャトルバスあり
  • 電話番号:072-726-3955
  • 営業時間:24時間年中無休
  • 公式HP

てんとう虫パーク 河内長野店

てんとう虫パークは、大阪にあるアミューズメントパークです。施設内には、トランポリン、ボルダリング、スラックラインなどがあります。また、球技スペースも充実しており、卓球、バドミントン、バレー、テニスなどをすることができます。

トランポリンスペースは広く、子供から大人まで家族みんなで楽しめます。エリア内の床すべてがトランポリンとなっており、好きなだけ飛び回ることができるでしょう。

アスレチックというよりも、室内運動場に近いアスレチック場です。

  • 店舗名:てんとう虫パーク 河内長野店
  • 住所:大阪府河内長野市原町4−2−3
  • 最寄りの駅:河内長野駅 徒歩14分
  • 電話番号:0721-52-0225
  • 営業時間:平日・祝日(9:00~翌5:00)、土日(7:00~翌5:00)
  • 公式HP

東海にある室内アスレチック場

最後に、東海地方にある室内アスレチック場を紹介します。

JUMP LAB

JUMP LABは、愛知にあるトランポリンを中心に扱う室内アスレチック場です。トランポリン以外には、クライミングや有名テレビ番組「SASUKE」のようなニンジャコースがあります。

「跳ねる・登る・競う・掴む・走る」の5つの要素を取り入れており、どのアトラクションでも、全身を使って楽しむことができます。

トランポリンを使ったアクロバットな技や、ウォールトランポリンを使ったパルクールの練習もでき、スポーツマンでも楽しめる本格的なアトラクションスポットです。

  • 店舗名:JUMP LAB
  • 住所:愛知県 名古屋市 緑区鳴海町字中汐田228
  • 最寄りの駅:名古屋鉄道名古屋本線の鳴海駅より徒歩12分
  • 電話番号:052-627-1355
  • 営業時間:10:00~21:00
  • 定休日:不定休
  • 公式HP

トランポリンパークMr.JUMP 守山店

Mr.JUMPは、名古屋にあるアミューズメント施設です。JUMP LABと似ており、トランポリンをメインとしています。他にも、スラックラインやボルダリングもプレイ可能です。

また、トランポリンからスポンジを敷き詰めたプールに飛び込むこともできます。最高点7mからの垂直スライダーもあり、落ちる感覚を楽しむことができるでしょう。

  • 店舗名:トランポリンパークMr.JUMP 守山店
  • 住所:名古屋市守山区大永寺町142
  • 最寄りの駅:JR新守山駅から徒歩10分
  • 電話番号:052-778-9190
  • 営業時間:10:00~21:00
  • 定休日:不定休
  • 公式HP

一年を通して遊べる室内アスレチック

野外アスレチックと比べると、室内アスレチックは規模が小さくなりますが、代わりに、アミューズメント要素を強めることができます。トランポリンやクライミングなど普段できない運動も多く、野外とはまた違った楽しみ方がります。

室内アスレチックは、天候や気温の影響を一切受けません。「雨だから」「寒いから」といって部屋で過ごすのもいいですが、天気の心配をせず元気に遊びまわれる室内アスレチックに、ぜひ出かけてみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME