ゴルフのオリンピックって?ルールを知って気軽に楽しんでみよう

2019.11.10

いつものコースやメンバーでゴルフをしているとマンネリ化してきますが、そんな時には「オリンピック」ルールで楽しんでみてはいかがでしょうか?技量に差があっても楽しめるゲームルールなので、初心者の導入方法としてもおすすめです。この記事ではユニークなゴルフのルール「オリンピック」をご紹介します。

ゴルフの遊び方「オリンピック」の概要と基本ルール

ゴルフのオリンピックとはゴルフの遊び方の1種です。基本的なルールをご紹介します。

ゴルフのオリンピックとは

オリンピックとは、ボールがグリーンに乗ったところからスタートするプレイ方式です。ティーショットから始めるノーマルなゴルフとはスコアの計算方法も異なります。

オリンピックはグリーンに置かれたボールを1パットでカップインすることを競うものなので、普段のゴルフの技量にあまり関係なく、ゲーム感覚でプレイを楽しむのにも適しています。

オリンピックの基本ルール

4人でオリンピックをプレイする場合、ボールがカップから遠い順に金(4点)、銀(3点)、銅(2点)、鉄(1点)とします。

そしてボールのある場所から1打をパットし、ボールをカップインできた場合は、ボールのあった場所に応じた点数を得ることができます。

グリーン外からチップインした場合は、特別にダイヤモンドとして5点を獲得できます。全18ホールを同じ要領で行い、最終的な点数の合計を競います。

焼き鳥などのオプションルール

ゴルフのプレイ方式「オリンピック」には基本ルールだけでなく、選択制で導入できるオプションのルールがあります。

オリンピックプレイ時のオプションルール

オリンピックの主なオプションルールは、以下のものがあります。ユニークな名称が特徴的です。

  • 焼き鳥:ラウンドでハーフが終了した時点で、1パットが1回もなかった場合にマイナス3点とするものです。
  • くず鉄:ピンに一番近い位置にボールをつけたプレイヤー1パットでカップインできなかった場合、マイナス1点とするものです。
  • ・砂イチ:バンカーから1打でグリーンにボールを乗せ、さらにもう1打でカップインした場合にプラス3点とするものです。
  • ・竿イチ:ピンの長さよりも遠い位置にボールがオンした場合に宣言できるものです。宣言後に1打で入れたらプラス3点、3パットだとマイナス3点です。

オリンピックのスコアのオプションルール

オリンピックのスコア計算をする際の主なオプションルールは、こちら。

  • バーディ賞:バーディ(規定打数よりも1打少ない打数でホールを終えること)をとるとプラス3点とするものです。
  • イーグル賞:イーグル(規定打数よりも2打少ない打数でホールを終えること)をとった場合にプラス15点とするものです。
  • ストレート:順番に4点~1点が揃った場合に、プラス10点を加算するというものです。
  • フォーカード:同じポイントが4回揃った場合、その合計点がプラス加算されるものです。

ゴルフのオリンピックをプレイする際に便利なおすすめアプリ

ゴルフでオリンピックをプレイする場合に、あると便利なおすすめのアプリをご紹介します。

オリンピックのスコアを計算してくれるアプリ

オリンピックは盛り上がるには便利なゲームですが、スコア計算が少し面倒です。1人ずつ計算するだけなら難しくはありませんが、プレイヤーの人数が多かったりオプションルールを導入すると、急に複雑になります。

そんな時に便利なアプリが「Olympicker」です。

アプリを起動して得点を入力するだけで、面倒なスコア計算が一発で完了します。3〜5人までの人数に対応しており、ボタンを押すだけで人数の切り替えができます。

アプリならではのユニークな機能として、支払いの罰ゲームやガソリン代の割り勘機能などもあります。

ゴルフを「オリンピック」ルールでプレイしてみよう

いつものゴルフに新鮮さを加えるのに、「オリンピック」はおすすめのプレイ方式です。1パットでカップインできることを競うシンプルなルールですが、オプションルールを導入してさらに楽しむこともできます。次回のホールでは、ぜひ1度オリンピックをプレイしてみてはいかがでしょうか?

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME