紅茶を水筒で持ち運ぶには?外出先で美味しい紅茶を楽しむ方法

2019.11.11

飲み物の温度を維持して好きな時に飲める、保温タイプの水筒は便利です。ただし、紅茶を水筒に入れた場合、味が損なわれる可能性があります。まずくなる理由や、美味しい紅茶を水筒で持ち運ぶ方法について説明しまよう。

温かい紅茶を水筒に入れる場合は酸化に注意

紅茶を水筒に入れると「まずい」と感じることがあります。なぜ味が変わってしまうのでしょうか?詳しい理由と対処方法を解説しましょう。

温かい紅茶を水筒で持ち運ぶのはNG

紅茶には抗酸化物質は熱と反応して酸化します。温かいまま放置すると強い渋みや酸味がでてしまい、香りも損なわれてしまうのです。

温かい紅茶を水筒に長時間入れておくと、酸化はどんどん進みます。結果的に「まずい」と感じるようになってしまうため、温かい紅茶は水筒での持ち運びに向きません。

紅茶を水筒で持ち運ぶならアイスがおすすめ

熱で酸化する紅茶ですが、アイスなら美味しく持ち運べます。冷たい紅茶を保冷タイプの水筒に入れておけば、好きな時に美味しく飲めるでしょう。

ただし、アイスティーでも水筒に入れたまま長時間放置すれば、劣化します。雑菌が繁殖することもあるので、なるべく早く飲みきってください。牛乳を入れると腐るリスクがあるため、アイスでもミルクティーは水筒に入れてはいけません。

水筒に入れるアイスティーの作り方

水筒に入れても美味しいアイスティーは、どうやって作るのでしょうか?急冷と水出し、2つの方法を紹介します。

美味しいアイスティーの作り方

少ないお湯で濃いめに入れた紅茶を氷で冷やす方法です。香りが強いアールグレイや渋みが少ないニルギリを使うと、より美味しくいただけます。

  1. ポットをお湯で温めます。
  2. お湯を捨てたらティースプーン2杯の紅茶をポットに入れます。
  3. 沸騰したてのお湯(150~160ml)をポットに注ぎます。
  4. 2~3分蒸らしたら茶こしで茶葉を取り除いて別の容器に注ぎます。
  5. 氷がたっぷり入った容器に注いで冷やし、水筒に入れて完成です。

美味しく作るポイントは急速に冷やすことです。しっかりと冷えたのを確認してから、保冷タイプの水筒に移しましょう。

ティーパックで水出しする

水にティーパックを入れておくと、美味しい水出しの紅茶ができます。お湯で入れて冷やした紅茶と比べて、渋みやカフェインが少ないのが特徴です。

  1. フタが付いた容器に3~4個のティーパックと1リットルの水を入れます。
  2. 冷蔵庫に8時間ほど保管しておきます。
  3. ティーパックを取り出して保冷タイプの水筒に入れたら完成です。

冷蔵庫に保管すれば24時間もつ水出し紅茶ですが、水筒に入れたなら早めに飲みきりましょう。水出しする時に氷を一緒に入れると、より透明感があるアイスティーになります。

外出先で温かい紅茶を飲む方法

寒い季節は冷たいアイスティーよりも、温かい紅茶の方が美味しいですよね。外出先で温かい紅茶を飲みたい時は、どうすれば良いのでしょうか?

お湯とティーパックを持ち運ぶ

保温ができる水筒にお湯を入れて、紅茶のティーパックと一緒に持ち運びましょう。お湯を注いでティーパックを入れれば、いれたての紅茶が味わえます。

いろいろな種類の紅茶を持っていき、その時の気分で好きなものを選ぶのもおすすめです。ただし、紅茶は湿気や日光に弱いので、長期間の持ち運びはやめてください。

濃い原液を作ってお湯で割る

少量のお湯とたっぷりの茶葉で濃くいれた紅茶を急冷すれば、原液ができます。水筒に入れて持ち運び、お湯で割れば温かい紅茶の完成です。

温めたポットに5gの茶葉を入れて、200mlの熱湯を注ぐだけ。10分ほど蒸らしたら、氷で急冷してください。原液にお好みの量のお湯を入れて飲みましょう。

紅茶を水筒に入れて外出先や職場で美味しい紅茶を味わおう

間違った方法で持ち運ぶと酸化する紅茶ですが、正しい方法を知っていれば美味しくいただけます。紹介した方法を実践して、外出先で味や香りを堪能してください。

熱い日はアイスティー、寒い日にはホットで。職場やレジャーで大活躍する紅茶を、水筒に入れて持ち運びましょう。

おすすめの関連記事

【関連記事】『オレンジペコー』は茶葉の名前じゃない!?特徴や味わいについて解説します

【関連記事】いまさら聞けない『紅茶の正しい保存方法』とは?おすすめの保存容器も紹介

【関連記事】紅茶の産地『ヌワラエリア』って知ってる?最上級セイロンティーの味わいとは

【関連記事】紅茶の基礎知識まとめ。紅茶の発祥や種類、カフェイン量や効能まで

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME