ドラマで本当におもしろい作品は?歴代の名作から注目の人気作品まで

2018.11.26

日本では毎年数多くのドラマが制作され、放送されています。面白い作品は続編が制作されることもありますし、長く語り継がれているケースも少なくありません。日本で放送されたドラマの中から、ぜひ見ておきたい歴代の名作や注目作を紹介します。

日本ドラマは何度見ても面白い

日本では各局多数のドラマが放送されていますが、繰り返し見たいと思わせる作品も非常に多いです。また、人気のあるドラマはスペシャルが制作されたり、映画化されたりして、大ヒットになるケースもあります。

過去のドラマを見る方法

面白いドラマがあったとして、自分がそれをたまたまリアルタイムで見ていたり、録画していたりというケースばかりではありません。ドラマは前評判がそれほど良くなくても、始まってみたら面白いということも多々あります。

また、昔見ていなかったドラマを見てみたくなったというケースもあるでしょう。そういったドラマを後から見返したいと思った場合にはどのような方法があるのでしょうか。過去のドラマを見るための2つの方法を紹介します。

進化したDVDレンタルサービス

昔からあるやり方として、レンタルという方法があります。一昔前はショップに足を運んで作品を選び、DVDなどを借りてくるのが一般的でしたが、現在は宅配でのレンタルが主流です。

基本的な利用方法は、サイトで見たいDVDを登録しておくだけで、空きが出た作品から発送されてきます。返却はポスト投函が一般的なので、面倒もありません。

多くのサイトでは月額の決まった料金を支払うことで、そのプランで指定された本数までDVDを借りられます。サイトによっては借り放題のプランもあるので、たくさん借りたい人にはお得です。

ただし、レンタルショップと同じく、人気作品は待ちがでる可能性があります。

いつでもどこでも見られる、ネット動画配信

現在は、動画配信サービスが多数展開されており、その中でドラマを見ることができます。ネット動画の利点は、なんといってもいつでもどこでも見られるという点です。また、レンタルと異なり、人気作品でも待ちなどがありません。

ドラマが見られるネット動画配信サービスとしては、次のようなサイトが挙げられます。見たいドラマによって使い分けると良いでしょう。

  • Hulu
  • Amazonプライム・ビデオ
  • Netflix
  • U-NEXT
  • dTV

ネット動画配信は、専用アプリのインストールと月額料金の支払いで視聴できる形式が一般的です。

面白いと話題になった歴代ドラマランキングTOP3

これまで数多く放送されてきたドラマの中には、社会現象になるほど人気を集め、話題になった作品が多数あります。歴代のドラマの中で特に面白いと話題になったドラマはこちらです。

1位 2013年 半沢直樹

近年の人気ドラマとして欠かせないのが、2013年7~9月まで、日曜劇場枠で放送されていた『半沢直樹』です。原作は、池井戸潤の小説『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』で、この2作品を1部・2部としてドラマ化しています。

堺雅人演じる融資課長・半沢直樹が内外の敵と闘う姿を描いており、骨太な作品でありながら、わかりやすい勧善懲悪のストーリーであらゆる世代で人気となりました。

話数を重ねるごとに右肩上がりで視聴率を上げたこのドラマは、月間ギャラクシー賞やDIMEトレンド対象などの賞を受賞しています。また、半沢直樹の決め台詞『倍返し』は2013年新語・流行語大賞年間大賞を受賞するなど、一大ブームとなりました。

2位 2006年 結婚できない男

『結婚できない男』は2006年7~9月にフジテレビ系列で放送されたドラマです。地位も名誉もあるのに結婚できない主人公・桑野信介が一人の女性に出会って、少しずつ変化していく姿を描いています。

独身貴族を満喫する主人公の姿を阿部寛が説得力満点に、かつコミカルに演じており、人気を集めました。2009年には韓国でリメイク版も放送されています。

2018年11月現在、Amazonプライムビデオで視聴可能となっていますので、興味がある人はぜひ一気見してみてはいかがでしょうか?

『結婚できない男』をAmazonプライムビデオで視聴する

3位 2003年 白い巨塔

『白い巨塔』は2003年10月~2004年3月まで放送されたドラマです。山崎豊子のベストセラー小説が原作で、過去に何度も連続ドラマやスペシャルドラマとして映像化されています。

ストーリーの軸となるのは、医療現場の腐敗や派閥争いなど、医学界の実態です。原作は1960年代が舞台ですが、現代に置き換えることでリアリティを追求し、毎回最高視聴率を獲得するほどの人気となりました。

唐沢寿明や江口洋介を始め、石坂浩二や西田敏行などの実力派俳優が多数出演しており。脇を固めるメンバーも、伊藤英明や佐々木蔵之介など、現在活躍中の錚々たる俳優たちです。

こちらはフジテレビの動画サービスで視聴可能です。

『白い巨塔』を動画サービスで見る

安定した人気、おすすめ刑事ドラマ

ドラマのテーマは様々ですが、中でも安定して人気があるのが刑事ドラマです。長く続いているシリーズも多い刑事ドラマの中から、おすすめの作品を紹介します。

2000年 相棒

『相棒』は2000年から現在まで、テレビ朝日系列で放送されているドラマシリーズです。まず、2000年から2001年にかけて、土曜ワイド劇場の中で3話放送され、その後2002年からは連続ドラマとして放送されています。

警視庁の窓際部署・特命係で、有能ながら周囲からは変人扱いされている杉下右京とその相棒が、様々な事件や警察内部の不祥事などの問題に立ち向かうストーリーです。

水谷豊演じる杉下右京と行動を共にする相棒は、現在4代目となる反町隆史が演じています。これまでのシリーズでは、寺脇康文・及川光博・成宮寛貴など実力派の俳優が演じており、それぞれの相棒との関係性も見どころの1つです。

1986年 あぶない刑事

1986年から放送された『あぶない刑事』は、2016年までに連続ドラマやスペシャルドラマ、劇場版など、数多くの作品が作られ、人気を博した刑事ドラマです。館ひろし演じるタカと、柴田恭平演じるユージの刑事コンビの活躍を描いています。

あぶない刑事の大きな特徴とも言えるのが、主役2人のカッコよさだけでなく、それまでの刑事ドラマになかった破天荒さやコミカルな演出です。刑事ドラマにつきもののレギュラー陣の殉職がない明るい雰囲気も、人気の理由の1つと言えるでしょう。

長いシリーズのため、多くの番組でパロディが作られました。またユージのセリフである『関係ないね』は柴田恭平のモノマネをする際の定番とも認識されているほど、今でも世間に定着しています。

1994年 古畑任三郎

『古畑任三郎』シリーズは、1994年から放送されたテレビシリーズです。田村正和演じる古畑任三郎が、犯人を追いつめるストーリーですが、このドラマの最大の特徴は最初から犯人が視聴者に分かっている点でしょう。

基本的には毎回違ったゲストが犯人を演じており、ドラマの冒頭で殺人などを犯すシーンからスタートします。犯人が誰かを推理するのではなく、古畑任三郎が卓越した推理力でどのように犯人を追いつめていくのかを楽しむドラマです。

犯人が最初からわかっているという構成のため、毎回ゲストの犯人役には豪華な俳優が起用され、SMAPやイチローが本人役として出演したことでも話題になりました。

緊張と感動を描いたおすすめ医療ドラマ

刑事ドラマと並んで安定した人気を誇るのが医療ドラマです。人の生死を扱う感動のストーリーや、病院内の政治的なやりとりを描いた緊張感のある展開が医療ドラマの魅力と言えるでしょう。数ある医療ドラマの中からおすすめの作品を紹介します。

2018年 ブラックペアン

『ブラックペアン』は2018年4月クールに日曜劇場で放送されたドラマです。海堂尊の長編小説『ブラックペアン1988』が原作ですが、研修医・世良雅志が主人公だったところを、医師の渡海征司郎に変更し、現代に置き換えたストーリーになっています。

二宮和也演じる渡海征司郎は、天才的な技術を持ちながら、その傲慢な性格から『オペ室の悪魔』と呼ばれる心臓外科医です。その渡海が指導医として接する世良との関係や、日本外科学会の理事長選をめぐる大学病院同士の争いを描いています。

1999年 救命病棟24時

『救命病棟24時』は、1999年よりフジテレビ系列で放送された医療ドラマシリーズで、2013年までの間に5シリーズやスペシャルが放送されました。

救命救急センターを舞台とて、江口洋介演じる外科医・進藤一生を中心に、他の医師や研修医、看護師と患者の間で、毎回緊張感のある展開が繰り広げられます。派閥抗争や災害医療など、様々な要素が取り入れられ、見応えのあるストーリーです。

また、ドラマの中でも年数が経過しているため、研修医が医師になって再登場するなど、キャラクターの成長も楽しめます。

2008年 チーム バチスタ

『チーム バチスタ』は2008年に放送された連続ドラマ『チーム・バチスタの栄光』を初めとして制作されたドラマシリーズです。海堂尊の『田口・白鳥シリーズ』と呼ばれるミステリー小説シリーズを原作としています。

2014年までに4つのシリーズが放送され、その後FINALと称して映画も公開されました。単なる医療ドラマではなく、ミステリー色も強く、伊藤淳史演じる田口公平と、仲村トオル演じる白鳥圭輔を中心に緊迫感のあるストーリーが展開されます。

先が読めないおすすめサスペンスドラマ

連続ドラマで毎週の展開が特に楽しみなのが、サスペンスドラマです。先が読めないストーリーを予想しながら見るのも、ドラマの醍醐味と言えるでしょう。ハラハラする展開が楽しめるサスペンスドラマ3作品を紹介します。

2016年 砂の塔 知りすぎた隣人

『砂の塔 知りすぎた隣人』は2016年10月クールに放送されたサスペンスドラマです。緊迫したストーリーだけでなく、菅野美穂が結婚・出産後初の連続ドラマ主演となったことでも話題になりました。

タワーマンションに引っ越したことによってママカーストによるいじめや不可解な事件に巻き込まれながら、家族を守ろうと懸命に努力する母親の姿を描いています。松嶋奈々子演じる弓子の不思議な存在感からも目が離せません。

2013年 雲の階段

『雲の階段』は2013年4月クールで放送された、長谷川博己主演の連続ドラマです。原作は、1982年に発行された渡辺淳一の小説で、1983年にも土曜ワイド枠でドラマ化されています。

診療所の事務員で無免許でありながら医療行為を行う相川三郎と、稲森いずみ演じる看護師の明子、木村文乃演じる社長令嬢の亜希子という2人のアキコとの三角関係が注目ポイントです。

2017年 嘘の戦争

2017年1月クールに放送された『嘘の戦争』は2015年1月クール放送の『銭の戦争』に続き『草なぎ剛の復讐シリーズ第2弾』として制作されたドラマです。SMAP解散後の初主演ドラマとしても話題となりました。

幼いころに母と弟を殺し、父が無理心中したように見せかけた真犯人を捜し復讐する、詐欺師・一ノ瀬浩一の姿を描きます。詐欺師ならではの痛快な手法で行われる復讐劇や、浩一をめぐる人間関係など、見どころが満載のドラマです。

夏にピッタリのおすすめドラマ

ドラマを見る時にも季節感を感じられると嬉しいものですが、特に夏は賑やかで熱い展開のあるドラマがおすすめです。夏にピッタリのドラマを紹介します。

1997年 ビーチボーイズ

1997年7~9月まで放送された『ビーチボーイズ』は、最高視聴率26.5%の高視聴率を獲得し、最強の月9とも称された作品です。

当時の月9と言えば、ラブストーリーが一般的でしたが、ビーチボーイズでは、男同士の友情を描き、人気を博しました。このドラマ以降、月9でも様々なテーマが扱われるようになったため、その変化のきっかけとも言えます。

主人公は、反町隆史演じる桜井広海と竹之内豊演じる鈴木海都の2人です。全くタイプの違う2人が人生の挫折をきっかけに出会い、民宿『ダイヤモンド・ヘッド』を舞台に様々な交流をして、人生を見つめ直していきます。

2003年 ウォーターボーイズ

2003年7月クールに放送された『ウォーターボーイズ』は、2001年に公開された映画を元にした連続ドラマです。実際の高校をモデルに制作され、大ヒットした映画版から2年後の同じ高校が舞台となっています。

ストーリーは、映画版と同じくシンクロナイズドスイミングに打ち込む男子高校生の姿を描いた学園ドラマです。山田孝之、瑛太を始め、星野源、田中圭など、現在第一線で活躍する俳優が多数出演しています。

また、この1年後、2004年には市原隼人、小池徹平などが出演する『ウォーターボーイズ2』も制作されました。

1986年 男女7人夏物語

『男女七人夏物語』は、1986年7~9月に放送されました。アラサーの男性3人、女性4人という、結婚適齢期の男女が繰り広げる恋愛物語です。主演の明石家さんまと相手役の大竹しのぶの結婚のきっかけとなったことでも話題になりました。

このドラマの特徴であり人気となった最大の理由とも言えるのが、明石家さんまと大竹しのぶの軽快な掛け合いです。脇を固めるのも奥田瑛二、賀来千賀子など個性豊かな面々で、不器用な大人たちの恋愛模様が感動を呼びます。

視聴率も高く好評だったため、翌年には続編『男女七人秋物語』も放送されました。

冬に見たいおすすめドラマ

冬にはちょっとほっこりと楽しめるコメディドラマや、冬らしいテーマを扱ったドラマがおすすめです。冬に見たいドラマ3選を紹介します。

2000年 やまとなでしこ

『やまとなでしこ』は、2000年10~12月に放送された、松嶋奈々子主演のコメディドラマです。平均視聴率26.4%、最高視聴率34.2%という、月9の中でもかなり高い視聴率を記録しました。

主人公の神野桜子は貧乏な生まれのため、お金持ちと結婚すれば幸せになれると考える女性です。その桜子が実際は魚屋なのに医者と偽る中原欧介に出会い、お互いに本当の恋を見つける姿を描いています。

2013年 最高の離婚

『最高の離婚』は2013年1月クールに放送された連続ドラマです。濱崎光生・結夏、上原諒・灯里という2組のアラサー夫婦の結婚生活と複雑な人間模様を描いています。

夫婦なら一度は感じたことがあるようなあるあるネタや、すれ違いを描き、多くの視聴者の共感を集めました。夫婦が離婚に向かうストーリーではなく、離婚してからの関係が中心になるなど、斬新な展開も魅力の1つです。

1年後の2014年2月には、連続ドラマの1年後を描くスペシャルドラマも放送されました。

1994年 29歳のクリスマス

『29歳のクリスマス』は1994年10月クールに放送された連続ドラマです。最高視聴率26.9%を記録したこの作品は、優れたテレビドラマの脚本家に贈られる、向田邦子賞を受賞しました。

矢吹典子(山口智子)、今井彩(松下由樹)、新谷賢(柳葉敏郎)の3人の友情を描き、そこに恋や仕事なども絡んでくるストーリーです。30歳を目前に結婚や仕事に焦りながらも前に進む女性の姿が共感を呼びました。

日本のドラマとしては珍しく、マライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」が主題歌となっていることでも話題になりました。

見たいドラマは今すぐチェック

ネット動画配信では、期間限定で最新のドラマが無料で見られたり、過去のドラマが配信されたりするケースもあります。初月無料など、お得に利用できるキャンペーンなどもあるので、うまく活用すると良いでしょう。

本当に面白く、人気のあったドラマは、過去に放送されたものでも色褪せず、楽しめる造りになっています。気になるドラマがあったら、ぜひチェックしてみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME