大人買いしたくなる!今でも売ってる「昔懐かしい駄菓子」5選。

2019.11.08

「駄菓子」には、いくつになってもワクワクしてしまうような魅力がありますよね。皆さんはどんな駄菓子が記憶に残っていますか?今はネットでも昔の味を楽しめるので、簡単に子供の頃の懐かしい駄菓子が買えてしまいます。今回はそんな懐かしい駄菓子のオススメ5選を紹介します。

駄菓子とは

昔懐かしい子供の頃を思い出す「駄菓子」は、誰にでも1つはありますよね。厳密な定義はありませんが、一般的に子供でも買えるぐらいの「安いお菓子」のことを「駄菓子」と呼びます。

大人になった今ではいくらでも買えてしまいますが、子供時代の当時はなかなか買ってもらえなかったという人も多いはず。久しぶりに食べる駄菓子は、あのころの気持ちを呼び起こしてくれる、手軽なタイムトリップアイテムなのです。

駄菓子の歴史

「駄菓子」の歴史を紐解いていくと、江戸時代にまで遡ると言われています。もともと「上菓子」という白砂糖で作られた当時高級とされたお菓子に対して、黒砂糖で作られた大衆的な安いお菓子が出回りました。それが「駄菓子」の前身とされており「番太郎菓子」や「一文菓子」(当時の「一文」は現在の12円程度)と呼ばれていました。

なぜ「駄」菓子なのか?

「駄菓子」の「駄」には、元来「値打ちのない」「粗悪」と言ったネガティブな意味合いとして用いられることがあります。「無駄(むだ)」や「駄目(だめ)」などの言葉からもそのニュアンスはわかることでしょう。

そんな「駄菓子」は、当時江戸の入り口を見張る「番太郎」が庶民でも手軽に買えるようにと安く作れる黒砂糖菓子を売り始めたことが始まりと言われております。それを一文でも買える値段設定としていたことから「安い」「手軽」と言った意味合いで「一文菓子」と呼ばれ、徐々に「駄菓子」というネーミングになっていきました。

駄菓子の魅力

子供時代、100円玉を握りしめワクワクして駄菓子屋に買いに行った日のことを覚えていませんか?その「ワクワク感」と、いつになっても昔懐かしさが残る「裏切らない味」が人気の秘訣ではないでしょうか。

いつまでも変わらない、昔ながらの味

人気の駄菓子は、得てして何十年もその味や形を変えず、時代時代の子供たちに愛され続けてきました。そんな「いつまでも変わらないあの味」こそ、駄菓子の魅力。子供時代を呼び起こしながら、昔から好きだったあの駄菓子や、意外と食べたことのなかったあの駄菓子を食べてみてください。

懐かしの駄菓子5選を厳選!

駄菓子屋に行かなくてもネットショッピングで簡単に手に入ってしまう今となっては、かつて憧れだった「大人買い」が手軽にできます。もちろん昔懐かしの駄菓子屋さんで購入するのも良いでしょう。

今回は、ネットで手軽に買える「懐かしの駄菓子5選」をご紹介します。

不動の人気「おやつカルパス」

「おやつカルパス」は、誰もが一度は食べたことがあるであろう、一口食べきりサイズのお手軽おやつです。子供のころは1本ずつしか買えなかったおやつカルパスですが、50本入りで380円(送料別)と、大人になった今では信じられないほどの安さ。

おやつのようでつまみにも最適なため、大人にも抜群の人気を誇る一品です。当時を懐かしみながら、1本1本しみじみと食べてみてください。

  • 商品名:ヤガイ おやつカルパス 50本
  • 価 格:380円(税込)+送料
  • Amazon:商品ページ

小腹が空いたら「ブタメンとんこつ」

カップラーメンデビューは「ブタメンとんこつ」の方も少なくないのでは?駄菓子と言えど、小腹が空いた時の一品にも最適です。蓋の裏側の「応募マーク」や「占い」などの小ネタにワクワクしていた頃を思い出してしまいます。さらにとんこつ味の他にしょうゆ味、カレー味、タン塩味などもあります。

ちなみにこちらの商品には「あの」付属の小さなフォークもついており、ノスタルジーも倍増。たった37gのブタメンに大満足していたあの頃を思い出させてくれます。

  • 商品名:おやつカンパニー ブタメンとんこつ 37g×15個
  • 価 格:1,800円(送料込)
  • Amazon:商品ページ

手軽な美味しさ!やっぱり「うまい棒」

駄菓子を語る上で絶対に欠かせない「うまい棒」。数多くのフレーバーがあるのも人気のポイントで、発売終了も含め30種類以上のうまい棒シリーズが登場してきました。

地域限定なものやユニークなシリーズが存在する中でも、常に人気上位として売れ続けているのが「コーンポタージュ味」ではないでしょうか?食べやすさと美味しさ、安さと3拍子揃ったうまい棒は、これからも駄菓子界のトップランナーであり続けることでしょう。

  • 商品名:うまい棒 コーンポタージュ 30本入
  • 価 格:810円(送料込)
  • Amazon:商品ページ

ワクワクが止まらない「わなげチョコ」

駄菓子のチョコといえば、カラフルなチョコが26粒ついた「わなげチョコ」ではないでしょうか。「マーブルチョコ」も不動の人気ですが、わなげチョコのフォルムが特に子供心をくすぐる形となっており、どの色から食べるか悩んだものです。パリッという食感が懐かしく、クセになってしまいます。

  • 商品名:フルタ わなげチョコ 26粒×20個
  • 価 格:1,296円(送料込)
  • Amazon:商品ページ

おかずっぽい人気駄菓子「BIGカツ」

「BIGカツ」は、子供ながらにおかず感覚で食べた記憶もあるのではないでしょうか?30円程度で買えたにも関わらず、がっしりとした食べ応えとボリューム感に、食べ盛りの子供たちは夢中になったものです。

大人になった今でもつい食べたくなってしまう、本格的なハムカツのような食感。ぜひお酒のお供にどうぞ。

  • 商品名:菓道 BIGカツ 1枚×30袋
  • 価 格:1,430円(送料込)
  • Amazon:商品ページ

親子2代で楽しめるのも駄菓子の魅力

懐かしの駄菓子の紹介はいかがでしたか?現在ではネットでも手軽に手に入るので、たまには「大人買い」もいいかもしれません。世代を超えて愛される昔ながらの味は、まさに「親子2代」でも楽しめること間違いなしです。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME