スーツには専用のハンガーがある!?かけ方やおすすめの商品を紹介

2019.11.04

スーツの型崩れやシワを防ぐためには、ハンガーが必要不可欠です。ただし、選び方を間違えてしまうと、シワや型崩れの原因になってしまいます。スーツ専用のハンガーやかけ方について、詳しく解説。おすすめもピックアップしたので、参考にしてください。

スーツは専用のハンガーにかけよう

スーツはたたんで収納すると、シワがついてしまいます。着用しない時は、ハンガーを使って吊り下げておくことが重要です。

専用のハンガーを使おう

ハンガーには色々な種類があります。合わないものを使うとシワや型崩れの原因になるので、必ずスーツ専用のハンガーを使いましょう。

ジャケットをかけた時、肩周りにヘコミができたら、ハンガーとスーツが合っていない証拠です。クリーニングでついてくるハンガーだと幅が足りないので、すぐに外して専用のハンガーにかけ直してください。

ハンガーの選び方

ハンガーはスーツの肩幅を測ってから選びましょう。両肩の端から端まで縫い目を測った数字から、2~4cmほど引いた長さが目安です。スーツの肩幅にピッタリとフィットするハンガーを選んでください。

肩にそってカーブしているハンガーがベストです。肩先の厚みが4~5cmあるハンガーだと、型崩れがしにくくなります。パンツをかけるなら、吊り下げるタイプのハンガーがおすすめです。

ハンガーのかけ方と収納方法

スーツをハンガーにかける時は、いくつかポイントがあります。ジャケットとパンツに分けて、詳しく解説していきましょう。

ジャケットのハンガーへのかけ方

ポケットから中身を出したら、左右対称にハンガーにかけます。ボタンと閉じると風通しが悪くなり、ボタン穴や糸が消耗するので、開けたままで。裏地が引っかからないように注意しましょう。

着用した後は、専用のブラシでホコリを落とし、陰干しをしてからハンガーにかけます。クローゼットにしまうときは、他の衣服と2cmほど開けて収納してください。

パンツのハンガーへのかけ方

パンツは二つ折りにして吊るすのが一般的ですが、シワがつく可能性があります。クリップで挟むタイプなら、ピンと伸びた状態でかけられるので、おすすめです。

パンツもジャケットと同じく、ボタンは開けたままでかけましょう。センタープレス(中央にあるライン)が消えないように、折り目にそってたたんでからハンガーに下げてください。

スーツをハンガーにかけたらカバーをかけよう

スーツをクローゼットに収納する時は、付箋布の専用カバーをかけましょう。ホコリがつくのを防止でき、湿気も逃してくれます。クリーニングのビニール袋は通気性が悪いので、すぐに外してください。

スーツ用ハンガーのおすすめ商品

スーツをかけるのにおすすめなハンガーを、3つに厳選しました。材質や機能に注目して、チェックしていきます。

木製メンズスーツハンガー

ヨーロッパのブナを使用した、高品質のハンガーです。柔らかなラインがスーツにフィットし、型崩れを防止します。木目や手触りにもこだわった、美しく使い勝手の良い一品です。

  • 商品名:ナカタハンガー木製メンズスーツハンガー
  • 参考価格:4,400円(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

木製ハンガー6本組セット

アンティーク加工をほどこしたハンガーで、クローゼットの中を格調高い雰囲気に。フックの部分は回転するので、アイロンがけにも便利です。滑り止めがついているため、ジャケットが落ちることもありません。

  • 商品名:PARACHASE木製ハンガー6本組
  • 参考価格:3,100円(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

高級木製ハンガー

パンツを挟んで吊るせる木製ハンガーです。ワンタッチで開閉できるためとても使いやすく、ナチュラルな木の色からは、ぬくもりを感じます。裾を挟んで吊るすだけで、シワを伸ばすことが可能です。

  • 商品名:SONGMICS高級木製ハンガー12本
  • 参考価格:1,980円(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

スーツはハンガーで長持ちする

大事なスーツをかけるハンガー選びはとても重要です。シワや型崩れを防止ができ、スーツを長持ちさせることにもつながります。

スーツだけではなく、一緒に使うハンガーにもこだわりましょう。この記事で紹介した商品を参考に、スーツ専用のハンガーをゲットしてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME