アスレチックを東海3県でするなら?県ごとのスポットの魅力を紹介

2019.11.03

東海3県といえば愛知県、岐阜県、三重県の三県ですが、それぞれの県には特徴的なアスレチック施設があります。高原で楽しめるアスレチックや、巨大トランポリンの室内アトラクションなど、東海3県のおすすめのアスレチックをご紹介します。

東海3県(愛知県)の大人も楽しめる室内アスレチック

愛知県にある室内アスレチックとして、トランポリンスタジオKSPをご紹介します。

愛知県の室内アスレチック施設について

トランポリンスタジオKSPは、愛知県小牧市にあるトランポリンを中心とした室内型のアスレチック施設です。子供用のミニトランポリンもあるので、家族みんなでトランポリンを体験できます。

室内にあるので天候の悪化を気にする必要がないほか、20分単位の時間設定で利用できるので、買い物ついでのスキマ時間などに気軽に利用できます。

トランポリンスタジオKSPの特徴

トランポリンスタジオKSPのメイン設備は、直径約5メートルの大型トランポリンです。トランポリンは巨大な円形になっており、包み込まれるよな感覚が楽しめます。

高さ2.5メートルのボルダリングが楽しめる垂直ウォールやJボードなど、トランポリン以外の室内設備も充実しています。

  • 住所:〒485-0078 愛知県小牧市西島町107
  • TEL:090-3445-8291
  • 営業時間:9:00〜22:00
  • 公式HP:http://www.k-skypark.com/

東海3県(岐阜県)の比較的新しいアスレチック

岐阜県にあるアスレチック施設として、ウッドアドベンチャー郡上をご紹介します。

岐阜県のアスレチック施設について

ウッドアドベンチャー郡上は、岐阜県郡上市にあるアスレチック施設です。施設がオープンしたのは平成25年の秋で、周辺の豊かな自然を眺めながら高台でのスリルあるアスレチックが楽しめます。

ウッドアドベンチャー郡上の周辺は、ひるがの高原と呼ばれる高原地帯になっています。スノーマシン完備で初春まで滑れるゲレンデや、岐阜県内最大級の巨大な迷路などがあります。

ウッドアドベンチャー郡上の特徴

ウッドアドベンチャー郡上の見どころは、高所でのアスレチックを主体としたスリルのあるアクティビティです。人間が最も恐怖を感じやすいとされる地上8メートルで、吊橋や綱渡りなどが楽しめます。

高所でのアスレチックは危なそうなイメージがありますが、安全帯や落下防止のロープなどを完備したスマートビレイ方式のプロテクションを採用しているため、安心して遊べるのが魅力です。

東海3県(三重県)の大自然を満喫できるアスレチック

三重県のアスレチック施設である、フォレストアドベンチャー湯の山をご紹介します。

三重県のアスレチック施設について

三重県菰野町にあるフォレストアドベンチャー湯の山は、自然の立地をそのままアスレチックとして活用した、自然共生型のアウトドアパークです。フランス発祥のアスレチックのノウハウを継承しています。

フォレストアドベンチャーのある湯の山は、自然の恵みを楽しむのに絶好のロケーションになっています。周辺には開湯から1300年の歴史を持つ湯の山温泉や、周辺の町並みを高場から見渡せるロープウェイがあります。

フォレストアドベンチャーの特徴

フォレストアドベンチャーの基本的な遊び方は、ハーネスを装着して自然の立木の上に設置された足場に登ります。そこから木々の上を空中散歩のように移動していき、最後は地上に一気に滑り降ります。

アドベンチャーコース、ディスカバリーコース、キャノピーコース、キッズコースなど、年齢やレベルにあわせた複数のコースが用意されています。

・住所:〒510-1233 三重県三重郡菰野町大字菰野4958 ・TEL:059-340-7739 ・営業時間:9:00〜17:00 ・公式HP:https://fa-yunoyama.foret-aventure.jp

東海3県のアスレチックを制覇しよう

東海3県にはそれぞれ特色あるアスレチック施設があります。愛知県の室内型の巨大トランポリン、岐阜県の高原にあるアスレチック、三重県の自然が満喫できるフィールドアドベンチャーです。次回の連休に、東海3県のアスレチックを制覇してみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME