快眠はアプリで手軽に手に入れよう。おすすめの入眠・目覚めアプリ

2019.11.01

「なんだか最近、起きてもすっきりとしない」という悩みを抱えている現代人は少なくありません。その場合、快眠できていない可能性があります。この記事では、入眠時や目覚め時に使えるおすすめ快眠アプリをご紹介します。手軽に快眠を手に入れましょう。

快眠とはどんな状態のことを指すのか

そもそも、快眠とはどんな睡眠状態のことを指すのでしょうか。自分の睡眠が快眠に当てはまるのかどうかチェックしてみるのもいいでしょう。

質のいい睡眠で疲れをリセットすること

快眠するには、ノンレム睡眠と呼ばれる深い眠りについた状態になる必要があります。理想は寝入ってから3時間を目安とし、その時間内にノンレム睡眠に突入することだと言われています。

体の細胞はもとより、脳の細胞もまた毎日疲労を蓄積しています。その疲れを癒すには、寝てから3時間以内のノンレム睡眠が有効とされているのです。ノンレム睡眠へと上手に導ければ、翌日に疲れを残しにくくなるとも言えるでしょう。

快眠は睡眠時間の長さより睡眠の質の良さ

快眠はひたすら睡眠時間を延ばすことだけが有効なわけではありません。もちろん、しっかりと睡眠時間を確保することに越したことはないのですが、だらだら寝続けても疲れは取れないのです。

眠りの浅い時間帯と深い時間帯、その違いを分析し、より効率的に脳と体の波長に合わせた睡眠をとることが快眠への近道です。

寝つきが悪い方に。入眠時におすすめの快眠アプリ

快眠したい方にまず試してもらいたいのが、入眠に関するアプリです。なかなか寝付けない方であれば入眠について悩んだことがあるかもしれませんが、すぐに寝付ける方の中にも快眠できていない方は少なからずいます。

まずは入眠時におすすめしたい快眠アプリをご紹介します。

入眠に集中させてくれるアプリ

まずご紹介したいのが、こちらの「潮汐(Tide)」というアプリです。こちらのアプリは、大自然を感じることができる様々な音が収録されており、好きなものをチョイスすることができます。

ぐっすりと眠ることだけではなく、集中力を高めたり仮眠を軽くとったりなどと、色々な目的のために使うことができます。タイマーセットできるようになっているので、寝入ったあとに無駄な電力を使うことも防げます。

  • App Storeのダウンロードページはこちら
  • Google Playのダウンロードページはこちら

体の芯から調子を整えたい向けアプリ

瞑想状態を使い、深く質のいい快眠へと導いてくれるアプリがこちらの「cocorus」です。以前は「寝たまんまヨガ」という名前でリリースされていました。

人間は普段、交感神経と副交感神経と呼ばれる、興奮と鎮静の神経バランスを保ちながら生活しています。それらをつかさどる自律神経系を整えることを目的としているのがこのアプリです。

入眠時だけでなく、使い続けることで日々の生活の質も向上することが期待できる、まさに体の芯から調子を整えてくれるアプリだと言えるでしょう。

  • App Storeのダウンロードページはこちら
  • Google Playのダウンロードページはこちら

iPhoneユーザー必見の朗読アプリ

小さい頃、親に本を読んでもらいながら寝付いた経験はあるでしょうか。その気分を大人になってから思い出すことができるノスタルジックなアプリが、こちらの「朗読と音」です。

文学作品を朗読する声とともに、音楽や環境音などを重ねてお気に入りの音を作り出すことができます。無料版でも数種類の有名な作品を聞くことができるので、日によって作品を変えてみるのもおすすめです。

  • App Storeのダウンロードページはこちら

すっきり目覚められるおすすめ快眠アプリ

入眠をアプリでサポートして快眠を得るのもおすすめですが、すっきりと目覚めたいという方には通常のアラームではないものを使ってみることをおすすめします。

Androidユーザー向けの目覚めサポートアプリ

Androidのスマホを使っている方におすすめしたいアラームが、こちらの「Sleep as Android」です。アラーム機能がついているのはもちろんのこと、特筆したいのは睡眠の質を記録・分析することができる機能がついているということです。

寝言やいびきを録音する機能や、睡眠の深さを分析する機能がついているので、ただ寝て起きるだけで日々の自身の睡眠の状態を知ることができます。

アラームも段階的に音量が上がるように設定できるので、無理やりたたき起こされる感覚がないところも魅力的です。

  • Google Playのダウンロードページはこちら

iPhoneユーザー向けの目覚めサポートアプリ

iPhoneを使っている方におすすめなアラームが、こちらの「Sleep Meister」というアプリです。さきほどのAndroid用のアプリと同じく睡眠の深さを記録することができますし、より魅力的なのがアラームを鳴らすタイミング。

こちらのアプリは、起きる時間として設定した時間の少し前から、眠りの浅いタイミングを探してアラームを鳴らしてくれます。したがって、自然に近い形で目覚めを迎えることができるのです。

  • App Storeのダウンロードページはこちら

快眠をアプリで手に入れて毎日に活力を

質のいい睡眠をとることで、次の日のモチベーションがぐんと上がります。前日までの疲れをリセットして、毎日を活き活きと過ごせるようにしてみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME