わさびの究極の楽しみ方「わさび飯」とは?絶品お手軽メニューを紹介

2019.11.01

わさびをご飯に乗せて食べる、わさび飯をご存知でしょうか?わさび特有の辛味と香りを直接感じる、シンプルながらも奥が深い料理です。この記事では、わさび飯について徹底的に解説します。基本のレシピや美味しく作るコツを、紹介しましょう。

わさび飯とは

わさび飯(わさび丼)とは、その名の通り「ご飯にわさびをかけていただく」というスタイルの食べ物を指します。思わず「本当に美味しいの?」と疑ってしまいますが、これが手軽かつ絶品と大評判なのです。

わさび飯を看板メニューとして提供するお店もあり、こうした飲食店が数々のテレビ番組やグルメ漫画で取り上げられ、絶賛されたことがきっかけで人気メニューとなりました。作る際にも特別な材料も料理の知識も必要ないとあって、わさび好きな方ならば試さずにはいられない簡単ご飯として注目を集めています。

基本のレシピと作る時のコツ

シンプルなわさび飯は、家で簡単に手作りできます。基本のレシピと、美味しく食べるコツについて、解説しましょう。

美味しく作る基本のレシピ

レシピと言っても、作り方は極めて簡単。炊きたての温かいご飯にかつお節をたっぷりとふりかけ、そこにわさびを乗せ、上から適量醤油をかけるだけで完成します。わさびの量は味を見ながらお好みで調節しましょう。

醤油をかけたら、かつお節とわさびを混ぜながら食べてください。また、お好みで刻み海苔をかけても美味。さらに醤油に白だしを混ぜると、より上品な味わいになります。

おすすめは生のわさび

わさび飯はチューブわさびでも作れます。しかし、わさび本来の風味と味を楽しみたいなら、自分で擦って作る生わさびがおすすめです。チューブわさびにくわべ辛味が少ないので、わさびが苦手な人でも食べやすくなります。

ツンとした辛味の後に、優しい甘みを感じられるでしょう。できるだけ直前に擦ってから、ご飯にかけて食べてください。

ちなみにわさびは茎に近い部分のほうが美味しいと言われています。黒い部分を包丁で削ぎ、根本を1cmほどカットしたら、茎のほうからすりおろしましょう。目の細かいおろし金を使って、円をかくようにすりおろすのがポイントです。

ふりかけで楽しむ

わさび飯をもっと手軽に楽しみたいなら、わさび飯味のふりかけがおすすめです。わさびの辛味と風味を忠実に再現しており、ご飯にかけるだけで食べられます。おにぎりやお弁当など、冷めたご飯にかけても美味しいでしょう。

  • 商品名:ご当地めしふりかけわさび飯25g×10袋
  • 参考価格:2,160円(税込)
  • Amazon 商品ページ:こちら

まぐろと一緒に食べるわさび飯レシピ

大根や長芋を使ったわさび飯のレシピです。わさびとあえたまぐろとの相性が良く、より複雑な味わいになります。

材料(4人前)

  • 新米:2合
  • 酢:適量
  • 長いも:100g
  • 大根:1cm
  • まぐろ:150g(ぶつ切り)
  • S&Bおろしわさび(まぐろ用):大さじ1/2
  • 醤油:少量
  • 青じそ:5枚(細切り)
  • S&Bおろしわさび:適量
  • 塩または醤油:適量

白ごまや青ネギを入れれば、風味がガラリと変わります。生わさびをすりおろして使うと、よりフレッシュな味わいになるでしょう。

  1. お米をたき、皮をむいた長いもを5分ほど酢水にさらします。
  2. 皮をむいた大根を5mmくらいの角切りにします。
  3. まぐろを醤油とわさびであえて冷やします。
  4. 長いもの水気をとって5mm角にカットし、大根とまぜます。
  5. 茶碗にご飯をよそい、大根と山芋、わさびを乗せます。
  6. まぐろに青じそを混ぜ、別のお皿に盛り付けます。
  7. わさび飯の上に塩と醤油をかければ完成です。

(レシピ参考:わさびめし|SB食品

わさびの辛味を楽しもう

料理の脇役になりがちなわさびですが、わさび飯にすることで味や風味を丸ごと味わえます。お店に行くのも良いですが、自分でも手軽に作れるのが魅力です。

この記事で紹介したレシピを参考に、炊きたてご飯と新鮮な生わさびで作ってみましょう。辛さだけではないわさびの味わいを、舌で感じてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME