ブーツのときの靴下はどう選ぶ?長さや厚さなど選び方ポイントを紹介

2019.10.30

ブーツコーデが楽しくなってくる季節。悩むのはブーツに合わせる靴下の選び方です。この記事では、ブーツの下に靴下を履く場合、どのくらいの長さや厚さ、色柄のものを選ぶのがいいのかをご紹介します。秋冬のおしゃれを楽しんでみてください。

ブーツコーデに合う靴下の長さや厚さは?

ブーツに合わせる靴下は、ブーツコーデの一部です。コーデをうまくまとめるためには、どんな長さや厚さの靴下を選ぶのがちょうどいいのでしょうか。

「ちょい見せ」できる長さがおしゃれ

ブーツコーデをよりおしゃれに楽しみたいのであれば、ブーツの丈よりも少しだけ長い靴下を履くことをおすすめします。差し色として靴下を使うことができるので、手軽に低コストでおしゃれ度を格上げすることができるのです。

ブーツから見えない長さの靴下を選んでも問題はありませんが、極端に短い靴下だとブーツの中で脱げてしまうこともあります。

また、アウトドアブーツを履いて実際にキャンプや登山などをする方であれば、ふくらはぎ丈や長めの靴下をチョイスするのがベターです。くるぶし周辺が傷つくと出血がひどくなることがあるので、けが防止のためにも靴下は有用です。

季節やブーツの形状に合わせた厚さを

ブーツを履くとき、長さのほかに厚さ選びでも迷いやすいです。ブーツに合わせる靴下の厚さ選びで大切なのは、自分にとっての履き心地や全身コーデを見たときのバランスのよさです。

ブーツの形状にもよりますが、スマートに見せたいのであれば薄手の靴下を選ぶのがいいでしょう。また、足が疲れないよう履き心地のいいものを選びたいのであれば、多少厚さのあるものが適していると言えます。

メンズブーツにおすすめの靴下

まずはメンズにおすすめのブーツに合わせてほしい靴下をご紹介します。

ショートブーツからちょい見せさせたい靴下

メンズブーツで見かけることの多いショートブーツ。ショートブーツにはふくらはぎよりも少し下の位置で留まるクルーソックスが「ちょい見せ」するのにぴったりです。

こちらのソックスはカラーバリエーションが豊富なので、差し色として使うといいでしょう。厚さは厚すぎず薄すぎずといったレベルですので、とりあえずの一足として揃えておくのもおすすめです。

  • 商品名:クルー丈ソックス
  • 参考価格:275円(税込)
  • 楽天市場商品ページはこちら

ブーツから靴下を見せたくない方向け靴下

ブーツを履く男性のなかには、靴下をブーツから見えるようにしたくないという方もいます。そんな方におすすめなのは、ショートブーツの場合でも外から見えにくい足首までの長さのアンクルソックスです。

こちらのアンクルソックスは5足セットになっているので、普段のビジネスシーンで使うこともできるデイリーユース向け靴下です。消臭機能もついているので、冬場の足元のムレを気にする男性にもおすすめです。

  • 商品名:アンクルソックス 5足セット
  • 参考価格:1,507円(税込)
  • 楽天市場商品ページはこちら

レディースブーツにおすすめの靴下

「靴下 site:loohcs.jp」の画像検索結果

次はレディースにおすすめのブーツコーデ向け靴下をご紹介します。かわいらしいものから機能性の高いものまであるので、要チェックです。

ショートブーツからちょい見せさせたい靴下

女性の場合でも、クルーソックスはおすすめしたい靴下です。ショートブーツを履くことが多い方はもちろん、パンプスに合わせる場合でも汎用性が高い点がポイントです。

差し色を加えたいという方にはこちらの靴下がいいでしょう。

  • 商品名:クルーソックス
  • 参考価格:490円(税込)
  • 楽天市場商品ページはこちら

さらに履き口部分にもアクセントが加わっており、柄を楽しむことができる靴下もおすすめです。こちらは10足セットになっているので、その日の気分で靴下を変えることができます。

  • 商品名:ハイクルーソックス
  • 参考価格:2,365円(税込)
  • 楽天市場商品ページはこちら

足を冷え性やむくみから守ってくれる靴下

ロングブーツを履く女性の場合、ちょい見せスタイルをするのが難しい場合があります。その際は、冬場の冷えやむくみを抑える靴下に焦点を合わせてみましょう。

こちらの靴下は薄手ですが、適度な着圧感でむくみや冷え性に効果があるとされています。シンプルな見た目ですので、コーデの邪魔にもならないところもメリットです。

  • 商品名:着圧ハイソックス
  • 参考価格:1,200円(税込)
  • 楽天市場商品ページはこちら

ブーツの中で靴下が脱げる場合の対処法

ブーツの中で靴下が脱げる、ずれるといった悩みを抱えている方は少なくありません。原因としては以下の事柄が考えられます。

  1. 靴下のサイズが合っていない
  2. ブーツのサイズが合っていない
  3. 歩き方のバランスが崩れている

上記の事柄を改善してみてもなかなか靴下のずれが直らない場合は、脱げにくい仕様の靴下を選ぶか、ずれ止めのアイテムを使うのがおすすめです。

  • 商品名:ソックストップ
  • 参考価格:972円(税込)
  • Amazon商品ページはこちら

ブーツと靴下はセットでコーデを楽しもう

ブーツを履くとき、ブーツに隠れるような長さの靴下を選ぶのもいいですが、ちょい見せをするのもおしゃれのひとつです。 おしゃれは足元から、という言葉があるとおり、靴下選びもブーツコーデと併せて楽しんでみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME