香水上級者なら「クリード」を使いこなそう。英国王室御用達の名門ブランドの魅力

2019.10.28

クリードは250年以上の歴史を持つハイクオリティーな香水ブランド。ハンドメイドで作り出される気品ある香りは、英国王室御用達として今でも愛されています。これまでに多くの香水を世に送り出したクリードから人気の香りをご紹介します。

香水ブランド「クリード」の特徴

クリードは有名人だけでなく、イギリス王室やフランス帝王、オーストリア、スペインなどの王族や貴族達から愛されてきた、気品のあるフランスの香水ブランドです。

クリードが人気の理由

世界中にファンが多く貴族などの名家からも愛されるブランドですが、古くから愛されているのは流行などと違った理由があります。香水を商品として多く作るには、合成などの香料を利用すれば都合よく大量生産ができます。しかしクリードは全てに天然の香料のみが使われているのです。

天然で作られる香水は香りにトゲがなく、自然に匂いたち、香りの持続性も長くなるのが特徴。鼻につんとくるような化学的な匂いも少ないため、現代よく聞かれる「香害」の影響も比較的起きにくいといえます。

クリードを愛用する芸能人

そんなクリードは海外セレブや有名人に愛されているようです。やはりイギリスのセレブリティを中心に、

  • デビット・ベッカム
  • アンジェリーナ・ジョリー
  • ジョージ・クルーニー
  • ジェニファー・ロペス

などが愛用者と言われています。ほかにも、オードリー・ヘップバーンやグレース・ケリーなども愛用していたとの情報も。またキャサリン妃のお気に入りの一つとも言われており、格式高い香水の代名詞的存在といえます。

香水クリードの人気の香り

多くの香りを世に送り出してきたクリードでは、フローラルやシトラス、ウッディやグリーンなどといった自分の好みの香りを見つけることができるでしょう。

クリードのメンズ用香水

まずは、英国紳士御用達のクリードの名にふさわしい、メンズ用のクリードの紹介をご紹介します。

クリード アバントゥス

クリードの代名詞ともいえる香水です。女性にとても評価が高く、男性らしさと包容力を兼ね備えた香りが記憶に残る名作。トップにはベルガモットの爽やかさが全体を包み込み、ジャスミンやジュニパーベリーのミドルと調和します。ラストにモスの落ち着きとバニラの甘さも持ち合わせた、時間を問わずに使える香水です。

クリード シルバーマウンテン

メンズの香水ですが、女性が使っていることも多くユニセックスで愛される香りです。自然の中で深呼吸するように香りを深く吸い込みたくなるような、心地よくリラックスできることで人気。ベルガモットやマンダリンのフレッシュな中に、グリーンがしっとりと感じられる、カップルにおすすめの香水です。

香水 クリード ベチバー

ベチバーを利用した香水はさまざまなブランドから出されていますが、クリードのベチパーは独特の土の香りをうまく取り入れた傑作です。人によって苦手なこともあるベチパーが、マンダリンやベルガモットなどの柑橘類とバランスを取って、なくてはならない素材の一つとして活かされています。

クリードのレディース用香水

つぎに、クリードのレディースラインをご紹介します。

クリード アバントゥス フォー ハー

クリードといえばコレ!というメンズ香水の代表格「アバントゥス」のレディース版です。メンズよりもベルガモットやパチョリの爽やかさが強調されており、ラストに向かってローラルローズが女性らしい優しさとセクシーな余韻を残してくれます。

クリード アクア フィオレンティーナ

清潔感のあふれる、清々しいフレッシュな香り。柑橘系の爽やかな基本をベースに、ピーチやプラムなどのフルーツがトップノートで弾けると、ラストにはサンダルウッドなどの落ち着いた香りが顔を出します。バカンスに似合う、いつもと違った時間を過ごしたい時におすすめの香水です。

香水クリードの価格や店舗は?

人がいい香りと感じても、自分にとって好みではないな…と思うことも多い香水。実際に香ってみてから購入するのがベストです。

人気のクリードを手に入れるには

クリードは天然の素材で作られていることから、他のブランドの香水よりも高値になっていることが多いですから、香ってみてから購入することをおすすめします。百貨店などで扱われていることは多いですが、今ではネット販売でも手に入りやすくなっていますし、店舗によってはお試しで少量を売っていることもあるので活用してみてください。

クリードを使いこなしてデキる大人に

気品のある香りをほんの少し毎日の生活に取り入れると、自分のモチベーションや気分も変わるでしょう。香水にはそんな気分を変える魅力があるのです。クリードは名門中の名門とも言われる香水のトップブランド。そんなブランドから自分らしさを引き出せる香りを見つけられたら、これまでとは違ったデキる大人に近づくかもしれませんよ。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME