アロマディフューザーのネブライザー式とは?使い方の基本と特徴

2019.10.27

アロマディフューザーには色々なタイプがありますが、自然な香りを楽しみたいならネブライザー式がおすすめです。この記事ではネブライザー式が気になっている方のために、メリットとデメリットで紹介。正しい使い方やおすすめの商品にも注目します。

アロマディフューザーのネブライザー式の特徴とは

ネブライザー式には、他のタイプと比較してどのような特徴があるのでしょうか?メリットとデメリットに分けて解説していきます。

メリット

アロマオイルを直接ミストにするので、香りが薄まったり変化することがありません。拡散力が高く、広い部屋でも短時間ですぐに香ります。

また、コンパクトな商品が多いため、狭い場所でも無理なく置けます。水がいらないのでカビが生えませんし、周囲が濡れる心配もありません。他のタイプのアロマディフューザーよりも、お手入れが簡単なのが魅力です。

デメリット

水に混ぜるタイプのアロマディフューザーより、アロマオイルの減りは早いです。濃厚な香りで気分が悪くなることもあるので、狭い空間での使用には向きません。

また、噴霧する時に独特の機械音がします。集中したい時や、寝ながらの使う時は注意が必要です。アロマオイルをセットしたままにすると酸化するので、使わない時は外さなけらばいけません。

アロマディフューザーならネブライザー式!使い方の基礎を学ぼう

ネブライザーを使うなら、アロマオイル選びや香りの調整が重要です。使いこなすための基礎知識を、詳しく紹介していきましょう。

エッセンシャルオイルを使おう

アロマオイルには色々な種類があります。人工香料が混ざっているものもあるので、天然成分100%のエッセンシャルオイル(精油)を使いましょう。

樹皮系など粘度が高いアロマオイルは、詰まる可能性があります。容器のサイズや形によってはセットできないので、先に説明書で確認しておきましょう。

香りを調整しよう

香りが強い種類のアロマオイルだと、匂いがキツいと感じることがあります。アロマオイルの節約にもなるため、噴霧量や間隔を調整できる商品を選ぶと安心です。

拡散する香りは濃厚なので、少し使うだけでも十分に香ります。小まめに止めるか、タイマー機能がある商品を使えば、丁度よい香りをキープできるでしょう。

おすすめのアロマディフューザーのネブライザー式

ネブライザー式のアロマディフューザーの中から、おすすめの商品を3つ選びました。どれが良いのか迷った時は、ぜひチェックしてください。

boltzアロマディフューザー

コンパクトなサイズが使いやすい、手のひらサイズのディヒューザーです。ブラック・シルバー・ゴールドの3色が揃います。無駄のないシックなデザインは、インテリア性が高いです。

ミストの間隔や出方を細かく調整できます。発生する間隔を最長の180秒に、噴射間隔を5秒にすれば、1つのアロマオイルで長く楽しめます。

  • 商品名:boltzネブライザー式アロマディフューザー
  • 参考価格: 4,490円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

アロモア

広範囲を香らせたいなら、6畳~40畳まで対応している「アロモア」がおすすめです。カラーはシルバー・ウッド・パープルの3つから選ぶことが可能です。

3段階のタイマーや2段階の噴出量など、基礎的な機能は揃っています。エタノールを容器に入れてスイッチを入れるだけなので、お手入れがとても簡単です。

  • 商品名:aromore(アロモア)ウッド
  • 参考価格: 10,439円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

ネブライジングQ001

コードレスで使える充電式で、最大で4時間使えます。USBポートでスマホの充電ができるので、外出先でも便利です。

1~2時間のタイマーや、5秒間隔の間欠運転といった機能も。2段階の明るさが選べるライトがついているので、照明としても使えます。

  • 商品名:ネブライジングQ001
  • 参考価格:3,980円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

自然の香りを活用しよう

ネブライザー式には、他タイプのアロマディフューザーと違った魅力があります。自然な香りを贅沢に堪能したいなら、ぜひ試してみてください。

この記事で紹介したおすすめをチェックして、自分にあった商品を選んでみましょう。使い方をマスターすれば、上質に香る空間を楽しめます。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME