羊羹(ようかん)の種類、全部言える?保存食としても優秀な伝統の和菓子

2019.10.26

羊羹は日本の伝統的な和菓子の1つであり、オーソドックスな練り羊羹や夏場に涼しい水羊羹などがあります。お菓子として楽しめるほか、日持ちの良さから保存食としても便利です。羊羹の歴史、保存方法、種類などをご紹介します。

まずは羊羹(ようかん)の歴史から

羊羹についてより深く知るために、その歴史をご紹介します。次に、羊羹の保存方法をご紹介します。

羊羹の歴史について

羊羹はもとは羊の肉を煮たスープのような中華料理であったとされ、中国の南北朝時代について記された宋書において記述があります。

後に鎌倉から室町にかけて禅僧によって日本にも伝えられましたが、禅宗では肉食が禁じられていたため、羊の肉の代わりに小豆を原料に用いるようになりました。それが現代の羊羹の原型になったとされます。

日本での羊羹についての記述は室町時代の底訓往来という文献に見られるほか、戦国時代には練り羊羹の原型が登場し、江戸時代には羊羹の全盛期として多くの種類が流通するようになりました。

現代の羊羹は和菓子として親しまれているほか、保存食やスポーツの補給食としても注目されています。

羊羹の種類と冷凍保存の方法について

羊羹の代表的な種類としては、練り羊羹、水羊羹、蒸し羊羹があります。

練り羊羹

練り羊羹は、羊羹のうち最もオーソドックスなもので、小豆を原料とする餡を型に入れ、寒天で固めて固形状にしたものです。単に羊羹と表記する場合、練り羊羹を指すのが一般的です。戦国時代に開発されて豊臣秀吉に献上された後、江戸時代に市販されて広く流通するようになりました。

水羊羹

水羊羹は、寒天の量を少なくすることで水分を多くし、水のような柔らかい感触を獲得しているのが特徴です。江戸時代には既に開発されており、現代では暑い夏の時期に冷やして食べるイメージがありますが、当時は冬の御節料理のお菓子として作られていました。

蒸し羊羹

蒸し羊羹は、寒天ではなく、小麦粉や葛粉を材料に加えることで蒸しやすくし、蒸した後に羊羹として固めたものです。今では練り羊羹がメジャーですが、羊羹の作り方としては蒸し羊羹の方が歴史が古くなっています。

また、江戸時代には美しい透明な見た目が特徴の錦玉や、寒天に卵白を加えて雪のような白さにした淡雪など、羊羹の派生物も多数登場しています。

羊羹の保存方法

煉羊羹は基本的に糖度が高いことから、腐りにくく保存性が高いのが特徴です。それによって、未開封であれば常温でも1年近い長期間の保存が可能な場合もあります。湿気対策をきちんとすることが長期保存のコツです。

開封したものは風味が落ちやすいですが、冷凍して保存する方法があります。食べ切れる量で小分けにしてラップに包み、保存用のジッパーなどで密閉してから冷凍保存します。

羊羹のカロリーとダイエットの相性

ダイエット中に気になるのは食べ物のカロリーです。羊羹のカロリーとダイエットとの相性についてご紹介します。

羊羹のカロリーについて

メーカーや製造法によっても異なりますが、羊羹(練り羊羹)の一般的なカロリーは100gあたりで約300カロリーといったところです。羊羹一切れは約60gなので、一切れあたり約180カロリーということになります。

代表的な清涼飲料水として500mlのコーラ1本のカロリーが約230カロリーなので、羊羹一切れのカロリーはダイエットの観点からは結構高い部類に入るといえます。

羊羹のカロリーが比較的高い理由として、砂糖を長時間煮詰めて作ることが挙げられます。

羊羹とダイエット

羊羹のカロリーは割と高めなので、ダイエット中は食べすぎに注意したいところです。ダイエット中にどうしても羊羹を食べたくなったときは、羊羹の種類の中からカロリーが低めのものを選んで食べるのがコツです。

練り羊羹や蒸し羊羹は、羊羹の中でもカロリーが高い部類に入るので、ダイエットとの相性はあまり良くありません。ダイエットとの相性が比較的良いカロリー低めの羊羹としては、芋羊羹や栗羊羹があります。

羊羹は長持ちする優秀なお菓子

江戸時代にはすでに広く普及していた羊羹は、古い歴史を持つお菓子の一つです。古くからの和菓子であると同時に、高い糖分によって即効性の高いエネルギー源として活用することもできます。

次の休日には羊羹の魅力を楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事:見た目も美しい和菓子の魅力を知ろう。歴史から老舗和菓子屋まで紹介

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME