自宅でできる芋けんぴの作り方。うまい芋けんぴの有名商品も紹介

2019.10.25

芋けんぴケンピは、昔から語り継がれるサツマイモを細切りにしたサクサクと食べられる和菓子です。この記事では自宅で芋けんぴを簡単に作るレシピや芋けんぴの有名商品をご紹介します。

芋けんぴとは?

芋けんぴはサツマイモのシンプルなお菓子です。多くの人が一度は食べたことがあるお菓子ではないでしょうか。

サツマイモをカリカリに揚げて甘くしたお菓子

芋けんぴは、サツマイモを細切りにして棒状にしてから油でカリカリに揚げます。その後、砂糖でコーティング。メーカーによって、細切りの太さの違いや、テカリの有無、黒ごまの有無など様々あります。

芋けんぴの自宅での作り方

芋けんぴは自宅でも簡単に作れます。サツマイモを細切りにして揚げるだけなので、手順もシンプルです。市販の商品ももちろん美味しいですが、お子様のおやつなどに、自宅で作ってみてはいかがでしょうか?

子供も喜ぶ、芋けんぴの簡単レシピ

芋けんぴ作りの手順は簡単で、材料も自宅にあるもので済みます。おつまみにも最適なので、大量に作っておくと便利です。

材料

  • サツマイモ 200g
  • 油 適量
  • 砂糖 大さじ2
  • 水 大さじ1

引用:簡単分量でお手軽芋けんぴ

作り方

  1. サツマイモを細く棒状に切ったら、水にさらしておきます。
  2. サツマイモを電子レンジ1分温めます
  3. 適量の油(少なめで良い)をフライパンに引き、サツマイモを素揚げします
  4. 砂糖大さじ2と水大さじ1を火にかけたら、そこに揚げたサツマイモを入れて絡めたら完成

これで美味しい芋けんぴの出来上がりです。暖かいまま食べてもいいですし、冷めても美味しいのでどちらの味でもお楽しみいただけます。

芋けんぴのアレンジレシピ

芋けんぴは、サツマイモご飯のように活用することもできます。ご飯を炊く時に生のサツマイモの代わりに、芋けんぴと塩を入れて炊けば、サツマイモご飯に似た芋けんぴご飯の完成です。

とても簡単で、サツマイモご飯の代わりになるのでおすすめです。砂糖の甘さがご飯に溶け込んで、塩気と甘さが絡み合ったホクホクのご飯が出来上がります。

材料

  • 米 2合
  • 芋けんぴ90g
  • 塩 適量
  • 黒ごま 適量

引用:芋けんぴごはん

作り方

  1. 米を研ぎいつもの水加減で水を入れる
  2. その中に芋けんぴを入れ、塩をひとつまみ入れていつも通り炊く
  3. 炊きあがったら、しゃもじで切るように混ぜる。最後にごま塩をかけて完成

芋けんぴで有名な美味しい商品

芋けんぴはコンビニなどでも手軽に買えますが、通販で買えるおすすめの芋けんぴをご紹介します。

サツマイモと言えば鳴門金時!なると金時芋けんぴ

鳴門金時は徳島県産のさつまいもで、サツマイモの中でも高級の部類に入ります。そのなると金時を使用して作った芋けんぴが「なると金時芋けんぴ」。上品な甘さとほっこりした味わいをぜひ堪能してみてください。

  • 商品名:なると金時芋けんぴ385
  • 参考価格:1,500
  • 内容量:300g
  • Amazon商品ページはこちら

食べる手が止まらない芋けんぴは自宅でも簡単に作れる

芋けんぴは、コンビニでもスーパーでも簡単に買えるお菓子の一つです。様々なブランドから販売されていますが、自宅でも簡単に作ることが可能です。サツマイモと砂糖があれば、自宅でもヘルシーでサクサク食べられるおやつへと変身します。ぜひ自宅でも作ってみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME