快眠まくらの見つけ方。自分にフィットする枕はどれ?

2019.10.24

なんだか快眠、熟睡ができていない。それは、まくらが原因かもしれません。理想的な枕は、寝転んだ時にできる首とベッドの隙間を埋めて、頭を支えてくれます。高すぎても低すぎても良くないのです。では自分にフィットする枕はどのように見つけたら良いのでしょうか?この記事ではフィットする枕の見つけ方をご紹介します。

いびき、肩こりは枕の見直しサイン

起きた時に首や肩が痛い、いびきがひどい。これは枕を変えれば改善できるかもしれず、枕見直しサインが出ているのです。

いびきは、頭が枕から落ちているサインかも

人間の頭はとても重く、枕にフィットしていないと落ちて不自然な形で固定されてしまいます。 例えば、まくらが低すぎる場合は、上を見上げたような形で頭が固定され、喉が伸びた状態になり、口が開いたりいびきをかきやすくなるのです。

逆に、まくらが高いと喉がつまったような姿勢になり、呼吸しにくく首のシワの原因に。寝ている間は気が付きませんが、起きた時に喉や首に違和感があるときは、枕を見直しましょう。

肩こりは横向き用の枕を使って防ぐ

頭と首の関係のように、頭と肩の関係も重要です。枕が合わず頭の位置がずれると、首と肩が近すぎたり遠すぎたりと肩こりや寝違いの原因になります。特に横向きで寝る場合は、頭と肩が近づきすぎないように、頭が平行になるように枕を合わせる必要があります。

まずはTRY!自分だけの快眠枕の作り方

枕の高さが快眠を得るためのポイントとは言っても、自分に合う高さはわかり辛いですよね。まずは自分の持っている枕を使いながら、寝やすさや快眠度などを探ってみましょう。

タオルを使って、まくらの高さを調節

まずは、タオルを使って高さを調節して試してみましょう。タオルをクルクルと巻いて、首の隙間をうめるように枕の下においてみてください。 高さは自分の好みもあります。いくつかタオルや巻き方をかえて、自分なりの快眠まくらをつくってみましょう。

寝苦しい夏には接触冷感のまくらを手作り

快眠には、脳を冷やして放熱することが必要です。夏の寝苦しい夜には接触冷感タイプの枕や、枕に取り付ける冷感マットなどを使うのもおすすめです。このとき首を冷やすのではなく、頭を冷やすよう意識してください。

プロの意見を参考に。自分だけの枕を探す

自分で快適な高さを探るのも良いですが、プロの意見を参考にするのもおすすめです。本やオーダーメイドで快眠枕を作れるお店で探索してみましょう。

本屋で手に入る!?ムック本で買う快眠枕

睡眠の専門家、研究家が監修されたまくらが、なんと本屋で売っています。というのも、大きな付録がついたムック本(雑誌と本の間のような本)の扱いで流通しているのです。

快眠セラピストが監修した首の短い日本人向けのまくら

  • 書名:“日本人の頭の形に”最もフィットした「極」快眠まくら
  • 価格:2530円
  • アマゾン購入はこちら

鍼灸院院長が監修!ストレートネック対策に

  • 書名:首ラク かまぼこ枕
  • 価格:1980円
  • アマゾン購入はこちら

オーダーメイドをすることも可能

枕専門店やデパートの寝具売り場では、首や頭を計測して、オーダーメイド枕を作ってもらえるところがあります。形だけでなく、硬さも好みに合わせて変更することも可能です。枕の素材も、綿や低反発など選べて、完全オーダーメイドの自分だけの快眠枕を手に入れることができます。

快眠のために、枕は定期的な見直しを

残念ながら、まくらは消耗品です。見た目は変わらなくても中の素材がへたり、硬さや形が微妙に変わっていきます。快眠を得るためには、定期的に見直しをすることをおすすめします。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME