おつまみの定番といえばイカ。手作りレシピや通販の人気商品を紹介

2019.10.23

ビールや日本酒との相性がバッチリのイカは、おつまみの定番です。揚げたり、お刺身で食べたりと、調理方法で味や食感がガラリとかわります。イカのおつまみにピッタリのレシピや、通販で購入できる商品をご紹介します。

カラッと揚げるおつまみイカフライレシピ

定番のイカフライを美味しく作るレシピです。ジューシーで食べごたえのあるおつまみになります。

材料(2人前)

  • するめいか:1杯
  • 小麦粉:適量
  • 卵:1個
  • パン粉:適量
  • 塩:適量
  • こしょう:適量
  • サラダ油:適量
  • ミックスリーフ:適量
  • マヨネーズ:50ml
  • ケチャップ:50ml
  • ブランデー:少々

引用:ごちそう!イカフライ

作り方

  1. スルメイカの下処理をしたら、乾燥パン粉を手でもみます。
  2. わかしたお湯でイカを10秒ボイルして、氷水で冷やします。
  3. カットしたイカに塩と胡椒で味をつけます。
  4. 薄力粉をまぶして卵とパン粉をつけます。
  5. 180℃の油できつね色になるまで揚げます。
  6. マヨネーズとケチャップ、ブランデーを混ぜてつければ完成です。

ミックスリーフは、彩りとして乗せてください。オーロラソースの代わりに、タルタルソースをかけても美味しいです。イカを味付けするときにコンソメ顆粒をかければ、コンソメ味のイカフライになります。

低カロリーなおつまみイカそうめんのアレンジ3つ

シンプルなイカそうめんのおつまみは、カロリーが心配な人におすすめです。違った味が楽しめる3つのアレンジレシピを紹介しましょう。

味噌であえた懐かしい味

酢味噌の甘じょっぱさがクセになる味わいです。ビールや日本酒のおつまみとして大活躍します。

材料(2人前)

  • ねぎ:1本
  • いか(いかそうめん用):80g
  • 信州みそ:大さじ1
  •  キッコーマン特選丸大豆しょうゆ:小さじ1
  • 砂糖:大さじ1
  • 酢:大さじ1
  • 水:大さじ1/2
  • 練り辛子:少々

引用:ねぎといかそうめんのぬた

作り方

  1. ネギを縦半分に切り、さらに斜め薄切りにします。
  2. 調味料と水をよく混ぜます。
  3. 茹でて水をきったネギとイカを混ぜた調味料であえれば完成です。

オクラとカイワレでサッパリ

おくらのネバネバと、イカそうめんの食感が美味しいレシピです。ピリッとしたカイワレ大根がアクセントになっています。

材料(2人前)

  • イカ素麺:半パック
  • オクラ:5~6本
  • 塩:少々
  • ポン酢醤油:大さじ2
  • おろし生姜:半片
  • カイワレ大根:少々

引用:オクライカ素麺のポン酢生姜あえ

作り方

  1. 塩を入れた熱湯でオクラをゆで、輪切りにします。
  2. ポン酢醤油とおろし生姜をよく混ぜます。
  3. イカそうめんとオクラに作ったタレを回しかけます。
  4. 彩りにカイワレを飾れば完成です。

コチュジャン味のイカそうめん

ピリ辛のコチュジャンをつかえば、韓国風のいかそうめんになります。ビールやマッコリのおつまみとしておすすめです。

材料(2人前)

  • いかそうめん:1パイ分
  • 白ネギ:10㎝
  • コチュジャン:小さじ1
  • 酢:小さじ1
  • 砂糖:小さじ1
  • 醤油:小さじ1
  • 胡麻油:小さじ1
  • レタス:適量

引用:いかそうめんのコチュジャンあえ

作り方

  1. 白ネギをみじん切りにして、イカそうめんにかけます。
  2. 全ての調味料を混ぜ、イカそうめんとあえます。
  3. レタスの上にもりつけ、お好みでゴマをふって完成です。

おつまみイカの通販人気商品

少し変わったイカのおつまみを紹介します。人気の商品を2つピックアップしたので、ぜひ試してみてください。

しっとりするめ天

広島産のイカをおいしい天ぷらにしました。醤油ベースのタレに漬け込んでいるので、しっとりとした食感がします。大ぶりで柔らかいイカ天は、食べごたえが抜群です。

  • 商品名:しっとりするめ天40g×2袋
  • 参考価格:888円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

いかのなんこつ焼き

コリコリとしたイカの軟骨はおつまみにピッタリです。一杯のイカから1個しかとれない希少部位を使った珍味。軽くあぶると風味がまし、お酒の味がグッと引き立ちます。

  • 商品名:いかのなんこつ焼き100g
  • 参考価格:898円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

イカは調理法次第で色々なおつまみに変身

イカは調理方法によって、まったく違う味わいになります。揚げればガッツリ、生ならサッパリ、焼けばプリプリと、色々な食べ方ができるのです。

飲むお酒にあわせて、美味しいおつまみを選んでみてください。紹介したレシピや商品とお酒の相性を舌で確かめてみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME