ボールペンのインク汚れは早めに落とそう。素材別の落とし方

2019.10.23

ボールペンを使っていると、うっかり手や服にインクをつけてしまうことがあります。そんなときは、素材の違いに合わせた落とし方を実践するのが効率的です。この記事では、素材別のボールペンのインク汚れの落とし方をご紹介します。

ボールペンのインクが油性か水性かをチェック

ボールペンのインクは大きく分けると油性か水性かの2種類に分けられます。水性の場合は、手に付いたときは石鹸と水で落とすことができますし、服に付いた場合も洗剤によって落とすことができます。

少々厄介なのは油性のボールペンインクです。こすったり洗剤をつければ簡単に落とすことができる水性インクと違い、油性インクは素材によってやや工夫を加えないと落ちない場合があります。

インク汚れの解消をしたいのであれば、まずはインクの性質を確認するところから始めるのがベターです。

手に付いたボールペンのインク汚れの落とし方

まずはボールペンのインクが手についてしまった場合の落とし方です。こちらのケースは、服をはじめとする布にインク汚れができてしまったケースよりも落としやすい傾向にあります。

使うもの

  • ハンドソープ
  • ぬるま湯

手についたインク汚れは、それほど落とすのは難しくありません。上記の2点を揃えればすぐに落とすことができます。

手順

  1. 手をぬるま湯で濡らし、ハンドソープをつけます。
  2. 気になる汚れた部分をくるくるとハンドソープがついた状態でこすり、汚れを浮かします。
  3. ぬるま湯ですすいだら汚れ落とし終了です。

手順としては簡単ですが、1回ですべて汚れがしっかりと落ちないパターンもあり得ます。その場合は、ゴシゴシと無理に洗わずに数回に分けて洗い落とすようにしてみてください。皮膚が赤くならないよう、あくまでもマッサージするように落とすのがおすすめです。

布に付いたボールペンのインク汚れの落とし方

次は服やクロス類などの布に、ボールペンのインク汚れができてしまったときの落とし方についてご紹介します。

使うもの

  • 消毒用エタノールもしくは除光液
  • 無地のあて布(染色されていないものが望ましい)
  • 歯ブラシ

油性のボールペンは洗剤だけでは落ちにくい場合があります。まずは上記のものを揃えましょう。

除光液はマニキュアを落とすことに使われる溶剤ですので、ドラッグストアで手に入れることができます。消毒用エタノールも同じくドラッグストアで手に入ります。

手順

  1. インク汚れに対し、部分的にエタノールか除光液を垂らして馴染ませます。
  2. インク汚れができた部分の裏側にあて布を敷きます。このとき使うあて布は無地で白いものが理想的です。不要なタオルでも対応できます。
  3. トントンとたたくように歯ブラシで汚れをあて布へ押し出します。このとき、ゴシゴシとこすらないように注意してください。
  4. あて布をずらし、かつ溶剤を足しながら少しずつ汚れをあて布に移していきます。
  5. ある程度きれいになったら、最後に洗濯をして終了です。

ポイントは洗剤で洗う前に汚れをピンポイントで落とす作業を挟んでおくことです。この汚れ落としの作業は早ければ早い方が理想的です。

革に付いたボールペンのインク汚れの落とし方

多いケースではありませんが、バッグや靴などの革製品にボールペンのインク汚れができてしまった場合の対処法をご紹介します。

なお、この落とし方は合皮に限ったやり方ですので、本革の場合はクリーニングをはじめとする専門店で処置してもらうことをおすすめします。

使うもの

  • 台所用洗剤(中性)
  • 台所用クレンザー(クリームタイプ)
  • ぬるま湯

手順

  1. ぬるま湯で軽く濡らした布に、洗剤をつけて該当箇所をこすります。
  2. それでも落ち切らない場合は、クリームタイプのクレンザーを布につけ、汚れをンふき取ってください。
  3. 汚れが落ちたら、再度ぬるま湯で布を軽く濡らし、1や2で使った洗剤やクレンザーをきれいに取り除きます。

早い段階であれば上記の方法でインク汚れは落ちるはずです。もしそれでも落ちないようであれば、無理に汚れ落としを続けずに専門店での処置をしてもらうことをおすすめします。

落とすのが難しいのは紙に付いたインク汚れ

壁紙やノートなどにインク汚れがついてしまったときは、これまで紹介した落とし方のように簡単にはいかない場合があります。

厚さのある紙であれば、砂消しややすり、カッターなどで汚れた部分を落とすことができる可能性があります。しかし、思ったように汚れが落ちないのであれば、それ以上深追いをするのはおすすめできません。

紙に穴が開いてしまう恐れもありますので、無理に汚れを落とすのはやめたほうが賢明です。汚れた部分を別の紙で覆うといった別の手段を用いて、汚れを目立たないようにさせるのを最終的な目標とするといいでしょう。

ボールペンのインク汚れは早めに落とそう

時間が経ってボールペンのインクが染み込んでしまうと、汚れが定着してしまう恐れがあります。可能な限り、気づいたときに汚れ落としをするように心がけることをおすすめします。

また、水性と油性とで落ち方に違いが出ますので、汚れ落としをする前にインクの種類をチェックすることも忘れないことが肝心です。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME