スーツにタートルネックを合わせてみよう!メンズのビジネス向けブランドも紹介

2019.10.22

スーツのインナーにはシャツが一般的ですが、今期はタートルネックを合わせてみてはいかがでしょうか。寒い冬でも首元まで温めることができるタートルネックは、機能面でも優れものです。この記事ではスーツに合うメンズ用のタートルネックの選び方やおすすめブランドをご紹介します。

スーツにタートルネックはいいの?

スーツといえばフォーマルな衣装です。一方、タートルネックはカジュアルに分類されます。フォーマルとカジュアルを一緒に合わせても大丈夫なのでしょうか?

カジュアルな職場が増えつつある

スーツといえばシャツが一般的ですが、近年ではクールビズやウォームビズの観点からもオフィスカジュアルな服装が浸透しつつあります。そのような中でタートルネックをシャツの代わりに取り入れる方も増えています。

タートルネックはセミフォーマル

ただし、スーツとタートルネックの組み合わせは、フォーマルよりもセミフォーマルな位置づけです。そのため、フォーマルなシチュエーションである会議や商談、面接、成人式や結婚式などでは、スーツとタートルネックの組み合わせは避けたおいた方が無難でしょう。

スーツに合うタートルネックの選び方(メンズビジネス用)

タートルネックといっても、その種類は様々です。色や素材はもちろん、首周りの厚さやフィット具合も異なります。ではスーツに合わせるなら、どのようなタートルネックがいいのでしょうか?

スーツにはフォーマルな服装を

スーツのインナーとしてタートルネックを着るなら、生地が薄くピッタリサイズのものがおすすめです。セーターのように厚手なタートルネックはスーツを膨らませてしまい、スタイリッシュさを損ねてしまうからです。スーツから袖や丈がはみ出さないように、少し短めの丈を選ぶと良いでしょう。

また、ビジネスの場面では派手な色よりは、手持ちのスーツとの相性を考慮し、ブラックやネイビーといった落ち着いたカラーがおすすめです。渋めの配色で合わせることで、大人な男を演出しましょう。

カジュアルなジャケットに合わせるならゆったりサイズもおすすめ

上下同じ生地のスーツではなく、カジュアルなジャケットに合わせるなら、ゆったりサイズのタートルネックもおすすめです。ウール素材などの厚めの素材は柔らかな印象を与えることができます。また、白やベージュといった明るい色にすることで、より雰囲気も明るくなり親しみやすさが増します。ジャケットのボタンは外しカジュアルに着こなしましょう。

おすすめのタートルネックブランド

数ある服飾ブランドの中から、スーツに合うおすすめのタートルネックを紹介します。

Gran Sasso(グランサッソ)

Gran Sassoは1952年に創業した、イタリアの老舗ブランドです。ニット製品を主に扱っており品質の高さが人気の所以です。

素材にはウールを使用しており、伸縮性が良く体にフィットしやすいのが特徴です。スーツの下に来てもあまり膨らまず、スッキリしたシルエットに仕上げます。ウール素材のため、冬でも暖かく、首元までしっかり包み込むことで、しっかりと体を温めてくれます。

GRANSASSO メンズ タートルネック

  • 商品名:GRANSASSO メンズ タートルネック
  • 参考価格:14,080円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

Gran Sasso ハイネック セーター

  • 商品名:Gran Sasso ハイネック セーター/タートルネック
  • 参考価格:12,223円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)

JOHN SMEDLEYは、1784年に創業したイギリスの老舗ニットメーカーです。メンズだけではななくレディースも多く扱っています。

王室御用達のブランドで、上質なメリノウールを使用したタートルネックは肌触りが良いのが特徴です。また、丈夫でもあるため、長く愛用することができます。

シックなデザインはスーツに合うだけではなく、カジュアルな場面でも重宝でき、様々なファッションと組み合わせることができるでしょう。

JOHN SMEDLEYタートルネック

  • 商品名:JOHN SMEDLEYタートルネック長袖 TWINE
  • 参考価格:16,270円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

JOHN SMEDLEY タートルネック

  • 商品名:JOHN SMEDLEY タートルネックセーター
  • 参考価格:16,296円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

タートルネックでセミフォーマルなオシャレを

スーツにタートルネックという装いはフォーマルとカジュアルを両立させ、シックにまとめたコーディネートは、大人びた雰囲気を演出してくれます。スーツにタートルネックの組み合わせを取り入れ、冬のビジネスコーディネートをシックにまとめてみませんか?

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME