スーツを持ち運びたい方へ。シワがつかない方法とおすすめバッグとは

2019.10.20

就活や出張など、スーツの持ち運びが必要な場面はたくさんあります。持ち運び方を失敗して大切なスーツにシワがついてしまった、なんて経験をしている方も多いのではないでしょうか?この記事では、スーツを持ち運ぶ時のコツとシワ対策についてご紹介します。

スーツを持ち運ぶ方法

まずはスーツを持ち運ぶ方法には、どのようなものがあり、それぞれどのように持ち運ぶのが良いのでしょうか。

たたんで持ち運ぶ

畳んで持ち運ぶ場合は、とにかくスーツを丁寧に畳むことがシワがつかないようにするコツです。ジャケットは、背中側が表になるように折り畳み、パンツは縦に畳んだ後、半分に折り畳んでください。

他の荷物と一緒に持ち運ぶ時は、収納袋や大きなタオルを活用しましょう。畳んだスーツを包むことで、シワや生地が痛むのを防止できます。

バッグやリュック

バッグやリュックで持ち運びをする時は、他の荷物で潰れないようにしましょう。他の荷物を詰めたあと、最後にスーツを入れてください。モノが大量に入った小さいかばんにスーツを詰めようとするとぐちゃぐちゃになる可能性があるので、大きめのバッグやリュックを使いましょう。

雨の日は要注意

雨の日や湿度が多い日は、シワができやくすくなります。撥水性が高いバックやリュックを使って、持ち運びをしましょう。バッグ用の小さな乾燥剤を入れておくのもおすすめです。

スーツケース

スーツケースに入れる場合は、取っ手がついている側にスーツを入れましょう。荷物が動いてシワにならないように、適度な荷物量を意識してください。ハンガー付きのスーツケースなら、ジャケットをたたまずに持ち運びが可能です。

スーツを持ち運ぶ時のシワ対策

スーツを持ち運ぶ時、ちょっとした工夫をすることでシワは防げます。シワができた時の対策と一緒に、詳しく解説しましょう。

家やホテルではハンガーにかける

シワからスーツを守るために、バッグやスーツケースにいれる時間を短くしましょう。たたんだままの時間が長いほど、シワがつくリスクは高くなります。

家やホテルに到着したら、すぐに取り出してハンガーにかけてください。スーツ専用のハンガーを使えば、型崩れが防止できます。持ち運ぶ前も、ギリギリまで入れるのを待ってください。

シワを伸ばす方法

いくら気をつけていても、持ち運びの最中にシワがつく可能性があります。もしもの時に備えておくことが重要です。

シワ対策には市販のシワ取りスプレーが便利です。持ち運びが簡単で、シュッと吹きかけるだけでシワが取れます。

また、アイロンのスチームやお風呂の湿気、霧吹きといった方法も。少しだけ湿らせて乾かせば、シワが軽減されます。

おすすめはガーメントバッグ

シワをつけずに持ち運びがしたい、そんな方におすすめなのがガーメントバッグです。まずは、どのようなバッグなのか解説。おすすめの商品も紹介します。

ガーメントバッグとは

ガーメントバッグとは、スーツを持ち運ぶ専用のバッグです。スーツをハンガーにかけたまま収納でき、シワを防げます。

おしゃれなデザインの商品が多く、ネクタイや小物も一緒に入れられます。スーツを持ち運ぶ機会が多い方は、ぜひゲットしておきたいアイテムです。

おすすめを紹介

おすすめのガーメントバッグを、2つピックアップしました。どちらもデザインや機能性にこだわった商品です。

GLEVIO(グレヴィオ) ガーメントバッグ

コンパクトで軽量、機能性に優れたガーメントバッグです。撥水性が高い素材を使うことで、大事なスーツを雨から守ります。ネクタイホルダーやファスナーポケットなど、充実の収納が魅力です。

  • 商品名:GLEVIO(グレヴィオ) ガーメントバッグ
  • 参考価格:2,980円(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

Modokerガーメントバッグ

大容量45Lの筒型タイプで、革靴まで収納できます。取り外しができるショルダーストラップによって、持ち運びはラクラク。キャリーバッグの取っ手に取り付けることができ、飛行機を利用する時に便利です。

  • 商品名:Modokerガーメントバッグ
  • 参考価格:5,000円(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

シワを気にすることなく持ち運べる

スーツを持ち運ぶ時のコツや、シワ対策を紹介しました。スーツはビシッとキレイな状態で着てこそ映える服です。持ち運ぶ際は、極力スーツにシワがつかないように、今回ご紹介し持ち運び方を実践してみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME