ランニングスパッツの種類。ハーフ?膝下?丈の選び方やおすすめ紹介

2019.10.20

毎日のランニングに慣れてきたら、次にこだわりたいのはランニングウェアですよね。ランニングウェアに欠かせないのがランニング中の脚の動きをサポートしてくれるランニングスパッツです。ランニングスパッツの選び方やおすすめをご紹介していきます。

ランニングスパッツとは?

ランニングスパッツとはランニングに適した機能性を持つスパッツで、ランニングタイツとも呼ばれます。レギンスのような足首までの長さが一般的ですが、膝上、膝下など様々なバリエーションがあります。着圧機能で疲れにくく、筋肉の動きをサポートしてくれます。

ランニングスパッツだけは恥ずかしい?

ランニングスパッツはスパッツの上にショートパンツなどを合わせるコーディネートが主流となっていますが、ランニングスパッツだけで走ることは決して恥ずかしいことではありません。

ただし、ランニングスパッツは本来のサポート力やフィット感を増すために、ショーツなどの下着をつけずに履く方も多くいます。下着をつけずにスパッツを履く場合は、ショートパンツなどを合わせた方が安心でしょう。

ハーフ?膝下?丈の種類と選び方

ランニングスパッツは主に足首までのロングタイプが主流ですが、他にも膝上までのハーフ丈、ふくらはぎまでの7分丈など好みに合わせて長さが選べます。それぞれどんな違いがあるのでしょうか?

膝上までのハーフ丈

膝上までの長さのハーフ丈は、夏場の暑い時期や、ランニング中の身軽さや開放感が重要な方におすすめの長さです。適度な着圧で太ももの筋肉をサポートしてくれます。ハーフ丈だと太ももまでのサポート力しか得られませんが、代わりに着圧ハイソックスなどを合わせることもできます。

膝下〜ふくらはぎまでの7分丈

膝下からふくらはぎの中間くらいまでの長さの7分丈は、太ももから膝にかけてのサポートを得たい方におすすめです。ロング丈に比べて暑苦しさも少ないので、適度な解放感がポイントです。見た目もスッキリするので女性にも人気のある長さです。

くるぶしまでのロング丈

ランニングスパッツの定番とも言える、足首までカバーするレギンスタイプのロング丈は、太ももから足首まで全体の筋肉をサポートし、翌日の疲労感を軽減させてくれます。また、紫外線や気温の変化からも守ってくれるので、誰でも1枚は持っていたい長さです。

ユニクロからナイキまで人気のスパッツ紹介

ランニングスパッツは有名スポーツメーカーはもちろん、ユニクロやguなど初心者の方でも手に取りやすい低価格なものまで様々な種類があります。ここでは人気の「ユニクロ」や「ナイキ」など、ブランド別のラインナップをご紹介していきます。

「ユニクロ」「gu」

低価格でスポーツウェアが揃う「ユニクロ」と「gu」では、着圧や筋肉サポート機能は望めませんが、それぞれのブランドならではのこだわりが詰まっているので、初心者やジムでの軽いランニングにもおすすめです。

「ユニクロ」のアクティブウェアからは冷感やドライ機能、フィット感のあるハイウエストなど着心地にこだわったスパッツが、「gu」のスポーツウェアでは、両サイドをシームレスにして着た時の不快感を軽減したスパッツがそれぞれ発売されています。

「ナイキ」「アシックス」

有名スポーツメーカーでは着心地やストレッチ性はもちろん、身体や筋肉の動きに徹底的にこだわったランニングスパッツが発売されています。長距離に挑戦する方やワンランク上のランニングを実感したい方におすすめです。

「ナイキ」は軽量化や部分メッシュによるスピードアップなど個人の求める様々なサポートに対応したシリーズが発売されています。「アシックス」が開発する「MMS LONG TIGHT」シリーズは医学的アプローチにより骨盤やインナーマッスルに働きかけ、脚全体をサポートする長距離ランナーにおすすめのランニングスパッツです。

毎日楽しく快適に走り続けるための必需品

いかがでしたか?ランニングスパッツは毎日のランニングをサポートしてくれるだけではなく、疲労の蓄積を抑えてくれるので翌日の筋肉痛も軽減され快適に走り続けることができます。ぜひ自分の目的に合ったお気に入りの1着を探してみてくださいね。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME