シフォンケーキは冷凍できる?冷凍・冷蔵・解凍方法を紹介

2019.10.20

ホールのシフォンケーキは大きいので、1日で食べきれないこともあるでしょう。そんな時はなるべく作り立ての状態を保ったまま保存する方法があれば助かりますよね。この記事ではシフォンケーキの冷凍・冷蔵・解凍方法についてご紹介します。

シフォンケーキは冷凍できるの?

シフォンケーキは冷凍保存も冷蔵保存もできますが、なるべく鮮度を保ったまま保存するにはコツがあります。ここでは基本の冷凍・冷蔵保存の方法をお伝えします。

冷凍保存の方法

シフォンケーキを冷凍保存した場合、最長で1か月ほど保存することが可能です。なるべく長い間保存したいなら、迷わず冷凍保存にすると良いでしょう。

冷凍保存する場合は、食べる時のようにカットした状態でラップに包むのがポイント。個包装にしてから冷凍庫へ収納することで日持ちしやすくなります。

注意点として、手作りした場合は焼き上がり直後に冷凍しない様にしてください。鮮度が落ちてしまうので、必ず冷ましてからカットして冷凍するのが基本です。

冷蔵保存もできる

2日以内に食べきる予定があるなど、冷凍するほどに長期保存する気はないという場合、冷蔵保存でも特に問題はありません。最長で5日ほど保存することも一応は可能ですが、美味しく食べられる目安としては3日以内になります。

冷蔵保存する方法は冷凍保存の際とほとんど同じです。シフォンケーキをカットしてからラップに包み、冷蔵庫へ入れればOK。

注意点したいのは、冷蔵保存の期間が長すぎるとシフォンケーキが固くなってしまったり、果物の水気により生地がふやけること。できるだけ早いうちに食べきるのが良いですね。

美味しさそのまま冷凍保存するには?

ふわふわが魅力のシフォンケーキ、できればこのふわふわ感を保ったまま保存したいですよね。ここでは、なるべくシフォンケーキのふわふわ感や美味しさを保ったまま保存するコツを紹介していきます。

なるべくカット面を少なめに

冷蔵・冷凍保存をする場合、カットしてから保存するのが基本なのは先ほどお伝えした通りですが、カット面が大きいほど、そこから水分が蒸発しやすくなるというデメリットも併せ持ちます。

水分量をキープすることでふわふわ感も保たれますので、カットする面は最小限に抑えるように。冷蔵庫内のスペースに余裕があれば、2分割でも良いでしょう。

ジップ付き保存袋を併用する

シフォンケーキなど、ケーキ系の食品は他の食べ物の匂いが移りやすいという特性を持ちます。

他の食品の匂いが移ると、せっかくのシフォンケーキの風味も台無しです。カットしたシフォンケーキをラップで包んだ後、さらにジップ付き保存袋に入れることで匂い移りを防ぎましょう。

シフォンケーキの上手な解凍方法

ここでは冷凍シフォンケーキの解凍方法について紹介していきます。せっかく冷凍しておいたシフォンケーキを美味しく食べる為に、解凍の方法もきちんと覚えておきましょう。

基本は常温解凍か冷蔵庫で

冷凍のシフォンケーキを解凍する時は、冷蔵庫で一晩かけて解凍する、もしくは常温でふわふわになるまで自然解凍するの2通りの方法があります。

冷蔵庫だとケーキの大きさによっては2時間程度で解凍できる場合もあり、常温解凍の場合はだいたい1時間程度で解凍できます。暖かい季節だと30分くらいで食べられるかもしれません。

温めても美味しい

実は冷凍シフォンケーキは温めて食べるという方法もあります。やり方はラップをはずしてそのままシフォンケーキをお皿に出し、上から再度ふんわりとラップをかけて、後は電子レンジで加熱するだけ。

だいたい600Wで50秒〜1分あたりが目安です。まるで焼きたての様なシフォンケーキになり、アイスクリームなどを乗せても美味しくいただけます。

食べきれない分は保存しよう

シフォンケーキは冷凍・冷蔵どちらの保存方法でも保存しやすいスイーツです。特に冷凍であれば1ヶ月くらいはもちますし、鮮度もキープしやすいのがメリット。

冬場など寒い部屋の中での常温保存も一応は可能ですが、夏場などの暖かい時期は常温保存は避けましょう。基本は冷蔵もしくは冷凍での保存がベストです。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME