ランニングポーチならペットボトルも持ち運び可能!おすすめ商品を紹介

2019.10.19

ランニングをするときに、小物を入れることができるランニングポーチ。そんなランニングポーチにペットボトルを入れて、持ち運びしたいというランナーも多いのではないでしょうか?ペットボトルを入れることができる、おすすめのランニングポーチをご紹介します。

ペットボトルが入るランニングポーチの選び方

ランニングには、水分補給はつきものですが、ペットボトルを手で持ちながらでは走り辛いことでしょう。そんな時に便利なのが、ペットボトルを始めとする携帯品を持ち運べるランニングポーチです。ペットボトルを入れる際のランニングポーチを選ぶ際には、3つの選び方があります。それぞれどういった選び方なのか、順番に見ていきましょう。

タイプで選ぶ

ランニングポーチには、ペットボトルを入れることができる「ウェストポーチタイプ」と「リュックタイプ」があります。

ウェストポーチは、その名の通り腰に巻き付けるタイプのランニングポーチで、ペットボトル以外にもスマホなど小物を入れることが可能です。

リュックタイプの場合はペットボトル以外にも更にたくさんの荷物を運ぶことができるので、アスレチック用として活用できます。他にも「アームバンド」タイプもありますが、スマホや小銭程度しか入らないので選ぶ際は注意しましょう。

フィット感で選ぶ

ランニングをするときに、ポーチの中のペットボトルが揺れてしまうのは、走りの邪魔になります。しかしランニングポーチであれば、揺れを軽減するストッパーが付いているので、身体にフィットさせることができます。

できる限り身体に密着したほうが揺れを軽減することができるので、実際に装着した際のフィット感で選んでいくと良いでしょう。

取り出しやすさで選ぶ

ランニングポーチには、ペットボトルを中に入れるタイプと外のホルダーに入れて持ち運ぶタイプがあります。

中に収納するタイプはペットボトルを落とす心配はありませんが走っている時に取り出しにくいという難点があります。

一方ホルダータイプはすぐに水分補給ができる一方で走行中に落とす可能性もあります。どちらを選ぶかは好みになりますのでどちらを重視するかで選ぶようにしましょう。

ペットボトルが入るランニングポーチ2選

ペットボトルが入るおすすめのランニングポーチを2つ紹介していきます。

MYCARBON 防水ランニング ポーチ

ペットボトル以外にもスマホや小銭、タオルなどの小物関係を収納できる万能型のランニングポーチとなります。ペットボトルを前方に備え付けれる仕組みとなっており、ランニング中の腕振りの邪魔をいたしません。

さらに防水機能搭載で、急な雨がきたとしても安心して走り続けることができます。まさに普段からランニングが習慣化している人のサポートをしてくれるポーチです。

  • 商品名:MYCARBON ランニング バッグ ペットボトル ホルダー付き
  • 参考価格:1420円(税込)
  • Amazon商品ページ:こちら

WATERFLY ウエストバッグ

デザインがオシャレで、女性も愛用していることが多いランニングポーチとなっています。ポケットが多いことからペットボトル以外の小物を入れることができ、収納性に溢れているのが特徴的です。

さらに発汗性に優れていて、汗で蒸れてしまうという心配がほとんどありません。そのため使用頻度が高く汗を大量にかくという方にはおすすめです。

  • 商品名:WATERFLY(ウォーターフライ) ウエストバッグ ウェストポーチ アウトドア 水筒ポーチ付き
  • 参考価格:1999円(税込)
  • Amazon商品ページ:こちら

ランニングポーチでペットボトルを持運び快適なランニングを

ペットボトルを入れることができるランニングポーチがあれば、必要な時に水分補給をしながら走行に集中することができます。自分のニーズにあったランニングポーチを探し、今よりもっと快適なランニングライフにしてみてはいかがでしょうか?

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME