ポケットチーフの正しい入れ方は?フォーマルからビジネスまで

2019.10.19

スーツのワンポイントにオシャレに決まるのが、ポケットチーフです。実はポケットチーフの入れ方には、シチュエーションに合わせていくつかの決まりがあります。この記事では、そんなポケットチーフの入れ方についてご紹介します。

ポケットチーフの入れ方 フォーマル編

結婚式や披露宴、成人式など、フォーマルな場におけるポケットチーフの入れ方はスリーピークスが定番です。スリーピークスとは、3つの山ができるように折られた状態をいい、ポケットチーフのもっとも代表的な入れ方の一つです。

ポケットチーフをスリーピークスに折る方法

スリーピークスにする際は、基本的に三角形に折っていきます。ただし、きっちりと三角形に折るのではなく、頂点を少しずつずらして折るのがポイントです。

<スリーピークスの折り方>

  1. ポケットチーフの対角線で折って二等辺三角形を作る
  2. 二等辺の二つの頂点を合わせるにしてもう一度折る
  3. この時、二つの山ができるようにややずらして折る
  4. さらにもう一度折ってより小さい三角形を作る
  5. この時、三つ目の山ができるようにややずらして折る
  6. 三つの山を上にし、横と下を折ってポケットにフィットするサイズにする

セミフォーマルならツインピークス

結婚式や成人式ほどではないにせよ、フォーマルな服装が望ましい時もあります。

たとえば何らかのパーティーや高級レストランでのデートなどがこれにあたるわけですが、そんな時はツインピークスという入れ方がおすすめです。

<ツインピークスの折り方>

  1. 正方形の対角線を少しずらして半分に折る(ツインピークを作る)
  2. ツインピークを上にして、左側の頂点から折る
  3. 右側の頂点同じように折る
  4. 余った部分を巻きつける
  5. 下部を折ってサイズを調整する

ポケットチーフの入れ方 ビジネス編

華やかさを抑えたいビジネスシーンでは、TVホールド(別名:スクエア)がおすすめです。

目立ちすぎず、でもおしゃれさと遊び心を忘れない入れ方なので、ビジネスシーン以外でも幅広く用いられています。

また、折り方が非常に簡単なのも長所といえます。

<TVホールドの折り方>

  1. 正方形を半分に折って長方形を作る
  2. 全体を4等分にみたて、左側を1/4の所で折る(左辺が長方形の真ん中にくる)
  3. 右側も同じように折る
  4. 最後に真ん中から折る
  5. 下部を折り、サイズを調整する

トライアングラーもおすすめ

ビジネスシーンでは、トライアングラーという入れ方もおすすめです。

トライアングラーの折り方はツインピークスとほぼ同じです。

違うのは、ずらしてツインピークを作るかどうかだけです。

<トライアングラーの折り方>

  1. 正方形を半分に折って二等辺三角形を作る
  2. 二等辺の頂点の片方を底辺の1/3あたりから折る
  3. もう片方も同じように折る
  4. 余った部分を巻きつける
  5. 下部を折り、サイズを調整する

ポケットチーフの入れ方 女性編

女性のポケットチーフの入れ方もご紹介します。この入れ方であれば、胸元にぱっと華が咲いたようなおしゃれさを出すことができます。

<レディース用の折り方>

  1. ポケットチーフの四つの頂点が全体の中心にくるように折る
  2. 型崩れしないように裏返して、中心を持ち上げる
  3. 四隅を折り返してポケットにいれる
  4. 四隅を花びら、中心を茎に見立てて形を整える

ポケットチーフの入れ方はシーンに合わせる

この記事では、ポケットチーフの入れ方についてご紹介しました。フォーマル向け、ビジネス向けなど、シーンによって入れ方を変えるのが正式な使い方となります。正しさに囚われる必要はありませんが、使い方をマスターして、場にあったおしゃれさを演出してみてはいかがでしょうか?

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME