おつまみの作り置きに便利。おすすめのレシピをご紹介

2019.10.19

おつまみを食べたい時に限って、冷蔵庫に何もないということは少なくありません。そんな時に便利なのが、日持ちする作り置きを用意しておくことです。作り置きに便利な野菜レシピや、ワインや日本酒にあうレシピをご紹介します。

おつまみの作り置きに便利な大根レシピ

おつまみを作り置きしておくのに便利な、大根を使ったレシピをご紹介します。

大根と薩摩揚げの照り焼きの材料

薩摩揚げは魚肉のすり身を油で揚げたもので、九州の薩摩を通して日本全国に広まったとされています。つけ揚げと呼ばれることもあります。大根とそんな薩摩揚げを組み合わせた作り置きレシピをご紹介します。

材料4人分

  • 大根 1/3本(約500g)
  • 薩摩揚げ 2枚
  • ごま油 大さじ1
  • 酒 大さじ1
  • 醤油 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • 砂糖 小さじ2

引用:cookpad

大根と薩摩揚げの照り焼きの作り方

  1. 大根の皮を剥いて乱切りにし、耐熱皿に入れてラップをかけ、電子レンジで600wで7分加熱する。
  2. 薩摩揚げを細切りにする。
  3. フライパンにごま油を敷き中火で熱する。大根と薩摩揚を入れて焼色がつくまで焼く。
  4. 焼色がついてきたら、酒、醤油、みりん、砂糖を入れて混ぜ合わせ、フライパンをゆすりながら全体を絡めていく。
  5. 保存容器に入れて冷凍保存すれば、3日ほど作り置き可能。

ワインのおつまみによく合う作り置きレシピ

ワインのおつまみにぴったりな作り置きレシピとして、牡蠣をオリーブオイルに漬けたものをご紹介します。

牡蠣のオイル漬けの材料

牡蠣は古代ローマの時代から人類に食されている、歴史の長い食物です。オリーブオイルに漬けると保存性が高まるだけでなく、独特の風味を加えることができます。

ワインのおつまみとして単品で食べるほか、パンと食べたりパスタに絡めるなど、楽しみ方は色々です。

材料4人分

  • 生牡蠣(生食用)400g
  • オイスターソース 大さじ1
  • にんにく 1片
  • ローリエ 1枚
  • 黒粒こしょう 10粒
  • オリーブ油 大さじ1+適量
  • 塩水 適量

引用:cookpad

牡蠣のオイル漬けの作り方

  1. 生牡蠣を塩水でふり洗いし、ペーパータオルで水分を拭き取っておく。にんにくを潰しておく。
  2. フライパンにオリーブ油を敷き、生牡蠣を強火で炒める。適度に裏返して水分を飛ばす。
  3. 生牡蠣から出る水分が半分くらいになったら、オイスターソースを加えてさらに煮詰めていく。
  4. 保存用のびんに③の生牡蠣、潰したにんにく、黒粒こしょう、ローリエをを入れて、食料全体が浸かる程度までオリーブ油を注ぐ。

日本酒のおつまみとして便利な作り置きレシピ

日本酒と相性の良い作り置きレシピとして、蓮根のきんぴらをご紹介します。

蓮根のきんぴらの材料

蓮根は蓮の地下茎が大きく育ったもので、内部が車輪のような独特の形の空洞になっているのが特徴です。そんな蓮根を使ったお手軽なきんぴらのレシピをご紹介します。

材料4〜5人分

  • 蓮根 こぶし大2個
  • 挽肉(鶏または豚) 100~150g
  • ごま油 適量
  • 酢 適量
  • 酒 1/4カップ
  • みりん 1/4カップ
  • 砂糖 大さじ2
  • 醤油 大さじ2
  • 白すり胡麻 大さじ1
  • 鷹の爪 輪切り1つまみ
  • 生姜チューブ 2~3cmセンチ

引用:cookpad

蓮根のきんぴらの作り方

  1. 蓮根を3〜4mm程度の食べやすい大きさに切り、酢水に漬けてアクを抜く。
  2. タレの材料として、酒、みりん、砂糖、醤油、白すり胡麻、鷹の爪、生姜チューブを混ぜ合わせる。
  3. フライパンにごま油を敷いて挽肉を中火で炒める。
  4. 挽肉に半分ほど火が通ったら、蓮根を水で流して軽く水気を切ったものを加える。
  5. 蓮根が透き通ってきたら、②で作ったタレを加えて更に炒め、味見をしつつ味を整える。
  6. タレが1/3くらいになったら完成。

作り置きで豊かなおつまみ生活を

おつまみの作り置きのレパートリーを知っておくと、冷蔵庫の中身で手軽におつまみを用意することができます。ワインにあうもの、日本酒にあうものなど様々なので、豊かなおつまみ生活を楽しんでみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME