旅行のカタログギフトでおすすめの場所は?迷ったらここを選ぼう!

2019.10.19

結婚式などのお祝い事でもらうことの多いカタログギフト。最近はカタログギフトを使った旅行のギフトが増えています。旅行のカタログギフトを贈る時に、おすすめの旅行先をご紹介します。

贈る側が選ぶべき旅行カタログギフト

カタログギフトを贈る側として気になるのは、「どんなギフトが載っているのか」ということでしょう。

貰った側に満足してもらいたいと思えばこそ、少しでも質のよいギフトが載っているカタログを選びたいものです。

それは旅行のカタログギフトにもいえることですが、そんな人におすすめなのが、「EXETIME」です。

旅行会社JTBがセレクトした全国405箇所の宿泊施設から選ぶことができますから、食事、設備、周辺の観光スポットなど、あらゆる面で充実しています。

また、カタログそのものの出来も素晴らしいので、旅行雑誌として眺めるだけでも十分に楽しむことができます。

シルバー世代向けの旅行も多数掲載されているので、カタログギフトで迷った時は「EXETIME」を選んでおけば間違いないでしょう。

EXETIMEの公式サイト:こちら

カタログギフトで行く九州旅行

旅行のカタログギフトを貰った場合、どこに行けば良いのか迷ってしまうかもしれません。そこでここからは、おすすめの旅行先をご紹介していきます。まず最初におすすめするのは九州旅行です。

福岡で食事と夜遊びを満喫

九州最大の都市といえば福岡の博多。博多には、もつ鍋や水炊き、ゴマサバ、豚骨ラーメンなど、美味しい食べ物がたくさんあります。

一流のレストランや料亭で食事するのも良いのですが、せっかく博多を訪れたら博多の有名な文化「屋台」で食べてみるのも良いでしょう。

また、歓楽街として有名な中洲や、若者が集まる天神では、遅い時間まで夜遊びを楽しむことができます。食べることが大好きという方におすすめの旅行先です。

熊本や大分で温泉に

熊本の阿蘇や大分の湯布院もおすすめです。

阿蘇では、雄大な自然のなかで温泉に浸かることができ、日中は阿蘇山周辺をドライブしながら絶景を楽しむことができます。

一方の由布院は日本でも有数の温泉地となっており、複数の温泉をはしごしてみるのも良いでしょう。

その他、熊本の山鹿や玉名、大分の別府にも良い温泉があり、ゆったりとした旅をしたい人におすすめです。

カタログギフトで行く東北旅行

続いてご紹介するのは東北です。

東北の中心都市、仙台

食事や観光の双方を楽しむなら、バランスの良い宮城の仙台がおすすめです。

牛タン、ずんだもち、牡蠣などの食べ物だけでなく、戦国武将・伊達政宗が治めた場所としても有名です。観光スポットも多数ありますので1泊2日では物足らないくらいでしょう。

青森で自然と文化にふれる

自然が豊かな東北ですが、なかでも青森にはたくさんの名所があります。

たとえば、春には弘前城周辺で桜を堪能できますし、夏は十和田湖や奥入瀬渓流で涼みながら美しい緑をみることができます。秋の紅葉、冬のスキーなどもおすすめです。

また、夏に催される「ねぶた祭り」は、圧巻の迫力。奈良時代に起源をもつといわれる伝統的な行事で、東北の一大イベントです。期間中は県内のホテルのほとんどが予約で埋まってしまうほどですが、夏に東北旅行をするのであれば、ぜひともみておきたいところです。

カタログギフトで上質の旅行を

旅行のカタログギフトには、贈る側、貰う側共に満足できるような行き先が揃っています。贈る側であれば、相手の好みを想像して選ぶようにしましょう。貰った際には、せっかくならまだ一度も訪れていない場所を選んでみることをおすすめします。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME