ベルギーの世紀末美術館でアールヌーボーを堪能しよう。

2019.10.21

ベルギー王立美術館内にある世紀末美術館はモダニズムやアールーヌーボーが盛んであったころの19世紀末の作品が集められた美術館です。ここでしか見ることのできないアルフォンス・ミュシャの胸像や、エミール・ガレのガラス工芸などを鑑賞することができます。アールヌーボー好きなら一度は訪ねてみたい世紀末美術館についてご紹介します

世紀末美術館の足跡

世紀末美術館はベルギー王立美術館の所蔵する近代美術群と、個人収集家ジリオン=クロウェ家の寄贈作品により2013年ベルギー王立美術館内に新しく開設されました。

ベルギー王立美術館には他に古典美術館、近代美術館、マグリット美術館がありすべてを合わせると15世紀から現代までの芸術の軌跡を辿ることができます。

世紀末美術館の展示作品はモダニズムが盛んだった19世紀末の頃のベルギーの作品がメインですが、ゴッホやセザンヌ、ボナールやゴーギャンなど他国の同じ時代の作家達の作品も多く展示されています。

世紀末美術館の主な作品

世紀末美術館には革新的な芸術団体の「二十人会(the Salons of Les Vingt)」や、文学者団体である「自由美学(La Libre Esthetique)」など1863年以降に活躍した芸術家達の作品を中心に展示されています。

仮面の画家として有名なジェームズ・アンソール「人騒がせな仮面」

ジェームズ・アンソールは1883年以降の「人騒がせな仮面」から作品の人物の大半の顔が仮面をつけて描かれています。

作品は印象派の影響を受けた赤を主体とした華やかな色彩の画風でありながらも、その奥には深い孤独と死の影を感じさせます。

二十人会のメンバーのフェルナン・クノップフ「愛撫」

ベルギー象徴派の代表的メンバーで「二十人会」の創設者の一人です。

フェルナン・クノップフの描く女性のモデルのほとんどが6つ下の妹マルグリット・クノップフだといわれています。

「愛撫」は、人間の顔を持つ神話の動物「スフィンクスに似たチーター」が、男女両性具有な人物に寄り添い愛撫する姿を描いたフェルナン・クノップフの最高傑作と言われている作品です。

描かれている両性具有な人物の顔とスフィンクスの顔もまた妹のマルグリット・クノップフなのだそうです。

アールヌーボーを建築に取り入れたヴィクトル・オルタ

アールヌーボーの装飾芸術を初めて建築物に取り入れた建築家です。

オルタが設計したブリュッセルにあるオルタ邸、タッセル邸、ソルヴェー邸、ヴァン・エドヴェルド邸の4邸は世界遺産に登録されています。

世紀末美術館には、ヴィクトル・オルタが設計した6つの著名なアールヌーヴォー建築の、内観と外観が3Dの映像で見られるマルチメディアスクリーンがあります。

アールヌーボーの代表的ガラス工芸作家 エミール・ガレ 「花瓶」「蘭」「アイリス」「海底」等のガラス工芸品

19世紀末のアール・ヌーヴォーを代表するフランスの工芸家です。

ガラス工芸・陶器・家具など幅広く手掛け、繊細で独創的な芸術作品を生み出しました。

日本でもガレの愛好家は多く、ガレも浮世絵などから影響を受けた「ジャポニズム」的な作品を多く制作しています。

アルフォンス・ミュシャによるブロンズ像 異教徒の神「ラ・ナチュール」

ミュシャはチェコのグラフィックデザイナーですが、ブロンズの彫像作品も作っており、世紀末美術館には世界に4体しかない貴重なブロンズ像のひとつ「ラ・ナチュール」」が展示されています。

ブロンズの女性象は、ミュシャの独特の繊細な美しさで女神のように神々しく、頭と耳にはトルコブルーの宝石が飾られtいます。

世紀末美術館のしおり

  • 開館時間 10:00~17:00
  • 休館日 月曜
  • 入館料 一般:8.00ユーロ、王立美術館とマグリット美術館とのコンビチケット:13ユーロ(子供は無料)
  • 住所 Rue de la Régence / Regentschapsstraat 3, 1000 Brussels
  • 公式サイト

芸術を満喫できる美術館

世紀末美術館は、ガレやミュシャなどのアールヌーボー好きには堪らない美術館ですが、この美術館のあるベルギー国立美術館には同じ建物内に古典美術館、近代美術館、マグリット美術館も併設されています。

ベルギー国立美術館にある4つの美術館をすべて鑑賞すると、15世紀以降の世界の芸術の歴史をこの目で知る事ができるという、何とも壮大な美術館なのです。

とても1日では廻りきれないので、目的を決めないフリーな旅をするなら、ブリュッセルに数日間滞在して、ベルギー国立美術館にある4館すべてをじっくり制覇するという計画を立ててみるのも楽しいかもしれませんね。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME