香水をプレゼントするコツ。男女別に失敗しない選び方を紹介

2019.10.21

プレゼントとして贈る品物にはさまざまな意味があります。香水をプレゼントする意味は、「私はあなたともっと親密な関係になりたい」想い。相手に心から喜んでもらえるには何に気を付ければよいのでしょうか。今回は、香水をプレゼントするコツを男女別にご紹介します。

男性に香水をプレゼントするコツ

まずは、男性に香水をプレゼントするコツからご紹介します。

香りが強くない香水を選ぶ

香水は大きく分けて4種類に分けられます。香りが穏やかな順から、オーデコロン、オードトワレ、オードパルファン、パルファンです。香水好きの男性を除いて、一般的には香水をつけていない男性の方が多いので、香水特有のキツい香りがするパルファンやオーデパルファンは避けた方が良いでしょう。

迷ったら定番の香りを選ぶ

プレゼントとして贈る香水を選んでいるうちにどれを選んだらいいか迷ってしまうこともあるでしょう。そんなときは、定番の香りを選ぶことをおすすめします。たとえば、ブルガリ、グッチ、カルバンクライン、ドルチェ&ガッバーナなどのブランドは幅広い世代の男性に愛されている香水です。多くの人に愛されているということは、それだけ万人受けする香りということですので、香り選びに失敗するリスクも少なくなります。

女性に香水をプレゼントするコツ

続いて、女性に香水をプレゼントするコツをご紹介します。

好きな香りをリサーチする

オシャレやファッションに敏感な女性は男性よりも香りにこだわりがあります。たとえば、シャンプー、トリートメント、ヘアオイル、洋服の消臭スプレー、お部屋の芳香剤など、生活のさまざまな場面で自分の好きな香りに包まれています。香り選びに関しては男性よりもシビアになる必要があります。失敗しないためにも、ここはストレートに好きな香りを聞き出しましょう。それが難しい場合は、その女性からどんな香りがしていたか思い出してみてください。甘い香りか、爽やかな香りか。それだけでも確認できれば、フローラル系の香水かスパイシー系の香水かを絞ることができます。

ボトルデザインも重視

香りは当然ですが、ボトルデザインもプレゼントを選ぶ際の重要なポイントです。女性は、アクセサリーと同じように、化粧品や香水も、化粧台に置いてあるだけでテンションが上がるような可愛いデザインを好む方が多いです。たとえば、クロエ、クリスチャンディオール、ジルスチュアートの香水は香りも女性らしくボトルも宝石のような可愛らしいデザインですので、おすすめです。

香水をプレゼントする際の注意点

香水をプレゼントする際にどんなことに注意すればよいのでしょうか。男女ともに気を付けていただきたい点をご紹介します。

親しい相手に贈る

冒頭でもご説明したように、香水には相手を想う深い意味があります。それでなくても香水はハンドクリームやバスセットよりもハードルが高いプレゼントですので、親しい間柄ではない相手からプレゼントされると「どういう意味?」と、戸惑う方もいるでしょう。香水は、自分と親しい相手、もしくは親しくなりたいということを伝えたい相手に贈りましょう。

ミニボトルをプレゼント

香水によっては容量が少ないミニボトルも販売されています。香り選びに失敗したくないという方は、ミニボトルの香水を選んでみてはいかがでしょうか。相手が香りを気に入ってくれているようであれば、大きいボトルの香水をプレゼントするという方法もあります。

特別な人に、素敵な香りを贈りましょう

香水をプレゼントしようと考えている方は、今回ご紹介した香り選びを参考にしてみてくださいね。自分にとって特別な相手には、心を癒してくれる素敵な香りを贈りましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME