自宅でできるチョコレートフォンデュ。作り方や相性抜群の食材を紹介

2019.10.18

パーティーの料理と言えば、人気なのがチョコレートフォンデュ。ホテルのバイキングなどで出てくるイメージですが、そんなチョコレートフォンデュは自宅でも簡単に作れるのです。チョコレートフォンデュの作り方やおすすめの食材、そしてチョコレートフォンデュのアレンジレシピをまとめました。

チョコレートフォンデュとは

チョコレートフォンデュとは、土鍋などの食器に、牛乳や生クリームを加えて加熱して溶かしたチョコレートを入れ、串に刺した食材をチョコレートに絡めていただくスイーツ。自分の好きな食材を食べやすい大きさに切っていただくため、パーティーなどでも大人気で、有名ホテルのバイキングメニューなどにも登場するほどです。

チョコレートフォンデュの作り方

ではここで、チョコレートフォンデュの作り方について説明します。材料は、ミルクチョコレート、生クリームのみ。お子さんが参加しないパーティならば、お好みでブランデーを入れるのもおすすめです。

手順

  1. まずは、ミルクチョコレートを細かく刻みます。
  2. 鍋に生クリームを入れて、中火で加熱し、沸騰直前で火からおろします。
  3. ボウルに刻んだチョコレートを入れます。
  4. ③に➁を加え、チョコレートが溶けるまで混ぜ合わせます。
  5. チョコレートが溶けきったら、ブランデーを入れ、さらに混ぜ合わせて完成となります。

チョコレートフォンデュに合う食材

チョコレートフォンデュにはどのような食材が合うのかここで紹介します。おすすめは以下の通りです。

  • フルーツ:チョコレートフォンデュといえばフルーツ。イチゴやキウイ、バナナなど定番から季節ものまで何でも合います。
  • マシュマロ:こちらも定番。そのまま利用するのではなく、オーブンで少し焼く方がおすすめです。
  • ポテトチップス:ポテトチップスの塩気とチョコレートの甘さがベストマッチ。手軽に用意できて少し意外な感じもするため、ぜひおすすめしたい具材です。
  • クロワッサン:サクサク感のあるクロワッサンがチョコレートにしっとりと絡みます。
  • 柿の種:柿の種の辛さをチョコレートが優しく包み込みます。

もちろんこのほかの食材を試してみる価値はあります。以外なものが合うという発見があるかもしれませんので、ぜひ、やってみてください。

チョコレートフォンデュのアレンジレシピ

では最後にチョコレートフォンデュのアレンジレシピを紹介します。アレンジとはいえ、ちょっとしたひと手間で簡単に作ることができますので、ぜひ試してみてください。

抹茶のチョコレートフォンデュ

まずは、抹茶のチョコレートフォンデュです。材料は、ホワイトチョコレート、抹茶、牛乳、生クリーム。ホワイトチョコレートはあらかじめ刻んでおきます。

手順

  1. 加熱用の器に、材料を全て入れ、レンジで20~30秒ほど温めます。
  2. 温まったらレンジから取り出し、なめらかに混ぜて完成です。
  3. フルーツはもちろん、白玉団子に合わせると和風な感じで美味しく召し上がれます。

コーヒー風味のチョコレートフォンデュ

続いて紹介するのは「コーヒー風味のチョコレートフォンデュ」です。材料は、ミルクチョコレート、ラム酒、インスタントコーヒー(粉末タイプ)。作り方の手順は、上記の①➁と同じです。ちょっとビターな大人な味わいで、甘すぎるものが苦手という人にもおすすめです。

ストロベリーチョコレートフォンデュ

続いて紹介するのは「ストロベリーチョコレートフォンデュ」です。材料は、上記で紹介した基本のレシピでチョコレートをストロベリーチョコレートに変えるだけ。レンジで温めるだけで簡単に作れます。ピンクの色合いがとてもきれいなため、バレンタインにもおすすめです。

パーティーや女子会にはチョコレートフォンデュを

チョコレートフォンデュについて紹介しました。チョコレートフォンデュは、生クリームとチョコレートさえあれば簡単に作ることができるスイーツの一つです。また、自分の好きな食材を組み合わせることで、チョコレートフォンデュの世界が広がること間違いなし。ぜひ、パーティーや女子会で作ってみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME