競馬の回収率を上げるには。勝率を上げる馬券の買い方と便利ツール

2018.11.15

競馬の回収率を上げるためには、的中率を意識する必要があります。勝率を上げるためにも、馬券の買い方と便利ツールを活用して、的中率と回収率を意識した競馬を楽しんでみましょう。75%と言われる回収率の壁を乗り越えたい人も必見です。

競馬における回収率とは

競馬における回収率とは、そのレースで購入した馬券の金額と払戻金を%表示で表した指数のことです。仮に、2万円の馬券を購入して、払戻金が8万円だった場合は400%の回収率という結果がでます。

また、2万円の馬券を購入して払戻金が2万円の場合は100%が回収率です。この『回収率100%を越えている状態』は払戻しが多く、プラス収益ということがわかります。

計算方法はシンプル

実際に馬券の回収率を計算する時の方法はとてもシンプルです。計算式は以下の通りで計算できます。

  • 払戻金÷購入金額=『回収率』

上記の簡単な計算式で調べることができます。購入馬券と払戻金を確認して計算してみると、自分が『勝っている』か『負けているか』を確認できるので試してみましょう。

初心者は80、90%でも上出来?

計算してみた回収率が『80〜90%』だと上出来と言っても良いかもしれません。実際に、競馬でプラス収益とするには『的中率』と『オッズ』が大きなポイントです。

的中率が低ければ、払戻金は自然と減っていきます。オッズが低ければ払戻金が少なく回収率は下がります。回収率80〜90%でも本来は『上出来』な部類に入るのも競馬の厳しさといえるかもしれません。

75%超えは難しいとされる

競馬の回収率でよく耳にするのが『回収率75%壁』と言われるものです。これはJRA日本中央競馬会が『掛け金の25%を控除として天引き』しているからと言われています。

年間のトータルで実際の回収率を計算すると、多くの人が徐々に『75%前後』の数字で収束してしまい、壁にぶつかってしまいます。本当の意味で勝つためにも『回収率75%』を越えていくしかありません。

では、本当に回収率が75%以上の人がいるのか『予想家の回収率』についてチェックしてみましょう。

予想家の回収率はどれくらい?

数々の競馬レースを予想している『予想家の回収率』は一体どのくらいあるのでしょうか。75%の回収率を超えるのが難しい競馬の世界で『予想』を行い、的中率の高い予想家の回収率はなんと『100%を大きく超えるものばかり』でした。

早速、回収率について確認していきましょう。

中央競馬の回収率ランキング

まずは、G1などのビッグレースが行われている中央競馬での回収率です。トップの回収率は約200%を越えていることもあり、堂々と1位を獲得している人もいます。2018年10月現在だと、直近1ヶ月のトップの回収率は『295%』です。

年間のトータルを確認してみるとトップの回収率は『126%』でした。75%という壁の確率を越えて、データや予想から年間でトータル収益をプラスにしている人もちゃんと実在しています。

20位程度まで100%を超える

中央競馬の回収率ランキングでは『直近1ヶ月』の場合、『約20位前後』までは100%を超えています。『年間』での場合だと、『約10位前後』までは100%を超える結果が出ています。

次は、『地方競馬の場合の回収率』を確認してみましょう。

地方競馬の回収率ランキング

2018年10月現在の地方競馬の回収率ランキングでは『直近1ヶ月』の場合、『約10位前後』の人が回収率100%を超える結果でした。『年間』での場合は『約5位前後』が100%を越えです。

もちろん、掲載されていない一般の人でも100%を越えている人もいるとは思いますが、なぜこのような高い数字が残せるかを調べてみると、共通点がありました。

110%以上の大多数は総合的な予想

回収率110%以上を出している人の共通点として挙げられるのが『総合的な予想』をしている点です。人気順だけではなく、コースや特徴、血統などのデータを基に、穴馬からもトータル的に判断して予想をしている人が多かったです。

中には、こだわりを持って1点勝負や穴馬のみ狙う人もいましたが、やはり『総合的な予想』をベースに考えて予想していく方が良いでしょう。

では、目標の回収率に近づくためには何ができるのでしょうか。次は、回収率を上げるために知っておきたいことを紹介します。

目標の回収率に近づくために

目標の回収率に近づくためにも知っておきたいのが『負ける方法』です。『負け』を回避することで、自然と勝つための方法が身についていきます。

まずは、負けやすい行動にはどのようなものがあるのかを確認していきましょう。

負けやすい行動を避けるべし

競馬も含めて、賭け事・ギャンブルは『勝ち続ける』というのが難しいものです。負けが続いているという人は、普段から負けやすい行動をしているのかもしれません。『負けやすい行動』の代表例は以下の通りです。

  • 長時間『賭け事』を続けてしまう
  • 1度に何点も賭けてしまう
  • 一定額で賭けをしている
  • 本命狙いにこだわっている
  • 『実力・経験』が必要な賭けを無謀にしてしまう
  • 期待値の低い賭けをしてしまう

上記の項目は一例ですが、当てはまる数が多ければ多いほど『負けやすい行動』をとっている可能性があります。例えば、的中率にこだわり『賭けるレースを増やす』ほど『負ける可能性が増加』するので徐々に負けて回収率は落ちていきます。

一定額の賭けの場合は、的中して回収できる金額よりも賭ける金額が多くなるケースがあり、賭けている時点からすでに『負け』という形になっているのです。これらの負ける行動を繰り返すことで、徐々に負けに自ら歩み寄ってしまいます。

負けやすい行動を避けて回収率をあげるためにも、競馬では回収率と的中率のバランスが大切です。次は『的中率と回収率のバランス』について確認していきましょう。

的中率と回収率をバランス良く見るべし

的中率と回収率はどちらも『収益』を得るための大切な要素ですが、どちらが大事なのかというと『どちらも大切』ですから『バランスが重要』となってきます。的中率と回収率の関係は、回収率が高くても的中率が低い、的中率が高くても回収率が低いというように、シーソーのように動いています。

また、馬券を多く用意すれば的中率は上がりますが、実際の払戻金が購入金額より少ないと『トリガミ(当り負け)』と呼ばれる、当たっても金額では負けている状態になっていまいます。その逆もまた然りです。

このように、的中率・回収率のバランスを取るという考え方は『収益』を得るためにも重要というのがわかります。

馬とレースの選び方を熟知するべし

的中率と回収率のバランスを取るために必要なのが『馬とレースの選び方』です。

まずは、普段馬選びに『オッズ』を活用していると思いますが、そこに『前走の内容』を入れて考えるようにしてみましょう。勝ち方・直線の脚の伸び・枠順や展開の恩恵・有利不利な状況を総合的に見て『不人気の競走馬』への馬券も検討していきます。

次は、レースを選んでいきます。1番・2番人気の上位の競走馬が本当に『人気通り走る』かを見極めてみましょう。圧倒的な力量を持っていれば馬軸に考えることができますが、凡走をしてしまうなどの可能性が高い場合は『見送り』ます。

このように、前走の内容で中~下の穴馬を狙いながら、人気の競走馬は上位を狙っていけるのかという部分を『実際に実践して見極めて』いきます。すると、『賭けるべきか、やめるべきか』という的中率と回収率のシーソーを見極められるようになるのです。

回収率アップについて学べる本

回収率アップに欠かせない情報や、考え方を学ぶために『専門の本』を活用するのも大切です。人によって考え方・選び方は変わってきます。知識として覚えておくことで、共通する項目がレースや賭けの判断に繋がっていくので参考にしてみましょう。

回収率を上げる競馬脳の作り方

『回収率を上げる競馬脳の作り方』では、競馬で勝つためには予想よりも『馬券の買い方』が重要という内容を主軸とした考え方を紹介しています。回収率と的中率のバランスを取るために行っていることや、損をしない馬券の買い方などが詳しくわかります。

『考え方のメソッド』が参考になると人気の1冊です。もしかしたら今まで続けていた『馬券の買い方』が、がらっと変わってしまうかもしれません。

  • 商品名:回収率を上げる競馬脳の作り方
  • 価格:864円(税込)
  • Amazon:商品ページ

回収率をあげるオッズ馬券の奥義

今さら聞けないオッズの基礎知識から、オッズからのレースの見分け方を紹介しているのが『回収率をあげるオッズ馬券の奥義』です。『オッズ』という切口からの多様な考え方はオッズのすべてを学べる1冊ともいえます。

馬券のコピーと一緒に解説されているのでわかりやすく、コピーすることで使える馬連人気分布表の特典も付いています。実践に取り入れやすい戦略なので、参考にしてみましょう。

  • 商品名:回収率をあげるオッズ馬券の奥義
  • 価格:1,944円(税込)
  • Amazon:商品ページ

回収率や収支管理に便利なツール

実際に計算が簡単とはいっても『回収率や収支管理』というのは残しておくのが大変なものです。そこで便利なアプリやツールを活用して、自身の実力と現在の状態を確認できるようにしてみましょう。

回収率が一目でわかるアプリ

必要な情報を入力していくだけで簡単に回収率の計算や収益の計算をしてくれるアプリは数々リリースされています。アプリによっては、最新の出走情報や予想が見られるものもあります。

代表的なアプリでは『レース投票収支 Lite』や『馬券簿 競馬の収支を楽々管理』があります。使用しているOSに合わせてGoogle PlayやApp Storeで検索してみましょう。

競馬場や騎手別に回収率が確認できるサービス

JRA日本中央競馬会の公式ホームページでは、『競馬場や騎手別の回収率』が確認できるサービスがあります。『Club JRA-Net』に入会するだけで、情報が閲覧できるので活用してみましょう。

Club JRA-Net

回収率アップには研究と分析が肝

回収率アップには、競走馬から騎手・コースを含めた総合的な研究と分析が重要なポイントです。『的中率を上げて、回収率を増やす』ためにもバランスの見極めをすることが重要です。

いつも『適当に選ぶ』という人は、もしかしたら負けやすい行動に当てはまっているかもしれません。いつもと違い『回収率』を意識して競馬を楽しむというのも『違った競馬の楽しみ』を見つけるきっかけになるのではないでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME