日本人なら一度は食べたい高級米。人気はやはりあのブランド

2019.10.17

日本人の主食でもある米。作られている地域によって、味も香りも食感も異なります。そんな米についてこの記事では、知る人ぞ知る「高級米」について紹介。おすすめの高級米や、高級米ご飯のお供にピッタリな商品を紹介します。ぜひ、チェックしてみてください。

高級米とは

日本人であれば誰もが毎日食べているであろう米は、日々の食事に欠かせない存在。おかずなしで米だけ食べられるほど、白いご飯が大好きという方も少なくありません。地域によって作られている米の中には、ブランド米と呼ばれるほど、高級な物も存在します。まさにそれこそが、高級米と言われているものです。

最高級米は一度は食べたい一品

米は頻繁に食べるものですから、どうしても価格がネックになりがち。そのため、日常的に高級な米にこだわって購入しているという人はあまり多くないことでしょう。しかし、高級な米にはそれだけの価値があり、一度食べてみるとその味の違いに驚くことでしょう。

ぜひ普段の米との違いを感じながら、じっくりと味わってみてください。もしかすると普段の米では満足できなくなってしまうほどハマってしまうかもしれませんよ。

おすすめの高級米

高級米のなかでも、やはりとびぬけて強いのが「コシヒカリ」ブランド。ここではおすすめの高級米を紹介します。

新芽米 新潟県産 特Aコシヒカリ

最初に紹介するのは「新芽米 新潟県産 特Aコシヒカリ」です。この商品はお米マイスターが選ぶほどの絶品米。最新鋭の設備を使用し、特別な方法で精米し ています。そのため、極限まで米の異物を除去することに成功。噛みしめるたびに口の中で甘みが広がり、もちもちとした粘りがあるのが特徴です。和食だけでなく、洋食や中華にも合います。

  • 商品名:新芽米 新潟県産 特Aコシヒカリ
  • 内容量:5kg
  • 参考価格:4,180円(税込)
  • Amazon:商品ページ

魚沼産こしひかり特別栽培米 雪椿

続いて紹介するのは「魚沼産こしひかり特別栽培米 雪椿」です。この商品は、ミシュラン星を獲得しているお店でも利用されている最高級品。世界でわずか7名しかいない「ダイヤモンド褒章」受賞者が生産しています。雪椿は、一切ブレンドされておらず、コシヒカリ全体の約0.0038%しか取れない希少米。注文を受けて精米し、発送するため新鮮さが他の米と全く違います。

  • 商品名:魚沼産こしひかり特別栽培米 雪椿
  • 内容量:2kg
  • 参考価格:2,592円(税込)
  • Amazon:商品ページ

高級米ご飯のお供にピッタリな商品

それではここで、高級米のお供にピッタリなおすすめの商品を紹介します。

北国からの贈り物 北海道 十勝牛 濃厚しぐれ煮

「北国からの贈り物 北海道 十勝牛 濃厚しぐれ煮」は、牛肉と刻み生姜を組み合わせ作られたもの。濃厚な味わいはご飯にピッタリです。また、そのままでもいただけるためお酒のおつまみにも抜群。うどんやおにぎりの具材として利用している方も多いそうです。

  • 商品名:北国からの贈り物 北海道 十勝牛 濃厚しぐれ煮
  • 内容量:90g×2瓶
  • 参考価格:2,300円(税込)
  • Amazon:商品ページ

神戸牛専門店 辰屋 神戸牛 佃煮

「神戸牛専門店 辰屋 神戸牛 佃煮」は、「お肉を最大限に美味しく食べる」ことをモットーとして作られたものです。厚めにカットした神戸牛モモ肉を、醤油・砂糖・水飴で甘辛く仕上げ、生姜の香りが食欲をそそります。また、保存料や化学調味料を一切使用していないため、体にも優しい作りとなっています。

  • 商品名:神戸牛専門店 辰屋 神戸牛 佃煮
  • 内容量:120g
  • 参考価格:1,944円(税込)
  • Amazon:商品ページ

高級米をご飯のお供と一緒に味わってみよう

高級米について紹介しました。高級米は、一般的な米以上に、甘みとモチモチとした食感が堪能できる一品です。高級すぎて中々手が出せないという人でも、日本人であれば一度は食べてほしいと思う米がたくさんあります。ぜひ、今回紹介したご飯のお供と一緒に、味わってみてはいかがでしょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME