キャンピングカーで旅がしたい。気を付けることは何がある?

2019.10.17

キャンピングカーの醍醐味といえば、キャンピングカーで自由気ままな「旅」に出ることではないでしょうか。ですが、キャンピングカーでの旅は普通の旅とはまた違った、注意すべきポイントがあるのも事実。キャンピングカーで旅をする魅力やポイントなど、注意点について紹介します。

キャンピングカーで旅するメリット

まずは、キャンピングカーで旅するメリットの紹介です。

自由気ままに旅ができる

キャンピングカーで旅する最大のメリットは、時間を気にしないですむことです。

本来、旅とは予定がつきものです。目的地や宿泊場所の把握やそこに行くためのルートなど、入念な計画を立てる必要があります。特に時間は重要で、時間によっては移動ができなかったり、遅すぎる時間のため宿泊できなかったなどのトラブルもあります。

ですが、キャンピングカーは宿が車に付属していますので、宿泊の心配もありません。船や電車などのように時間を気にする必要はありませんので、滞在時間を延ばしたり、寄り道のため移動ルートを変更したりなども自由にできます。

気の向くままに旅ができるのが、キャンピングカー旅の最大の魅力といえるでしょう。

旅のコストが安い

一般的な旅行と比べて、キャンピングカーは旅のコストが安くなりやすいです。移動や宿泊はキャンピングカーで補えますので費用は必要なく、主に食事代や雑費だけですみます。

もちろん、条件によってはガソリン代や雑費などによって思ったよりコストが掛かることもあり得ます。キャンピングカーをレンタルすれば、レンタル料も必要です。ですが、多くの場合は低コストですみ、グルメや観光地などに費用を回すことができるようになるのです。

自由にカスタマイズできる

キャンピングカーは車内が広く、好きなようにカスタマイズができます。寒冷地に赴くならFFヒーターで快適な温度を実現出来たり、車種によってはシャワーも付けられます。また、BBQコンロやパソコン、冷蔵庫などの荷物を積むこともできるのです。

旅先でのアウトドアを楽しむのはもちろん、必要な物を積み込むことで、単なる車とは全く違った快適な旅を、あなたのカスタム次第で実現することができるというわけです。

キャンピングカーで旅する注意点

キャンピングカーの旅は、自由で開放的なだけではありません。自由だからこそしなければならないこともあるのです。

駐車場所を探す必要がある

キャンピングカーは車内で寝泊まりできるのがポイントです。宿を探す必要なく、好きな場所で就寝することができます。ですが、就寝する際にはキャンピングカーを駐車させる場所を探す必要があります。

キャンピングカーは日本ではマイナーな部類ですので、駐車に関して寛容ではありません。店や道の駅などの駐車場では邪魔になってしまいます。場所によっては駐車違反になることもあるのです。駐車する際は、旅館の支配人など、管理人に確認を取ってから駐車するようにしましょう。

荷物の管理が必要

キャンピングカーの旅で意外と問題になりやすいのがゴミの管理です。長旅をする場合はゴミも溜まりますので、捨てる場所を探す必要があります。中でも、排泄物の処理は大変です。臭いがこもるのが嫌という理由で、キャンピングカーのトイレを使用しない人は多くいます。できれば旅先のトイレなどでこまめに用を足しておくようにしましょう。

また逆に、バッテリーや電池などを買い入れる必要もあります。特に、バッテリーが無いと冷蔵庫やエアコンなどが使えなくなってしまいます。短い旅ならあまり気にしなくてもいいですが、長旅を意識しているなら、こうした普通の旅ではあまり気にすることのない荷物の管理も重要になってきます。

キャンピングカーに積みたいおすすめの荷物は?

キャンピングカーでの旅は、宿を利用する旅行とはまた違ってきます。旅行では必要なかったものでも、旅では必要になることもあるのです。キャンピングカーに積んでおきたい、おすすめの荷物を紹介します。

アメニティグッズ

キャンピングカーの旅では、アメニティグッズを自分で用意する必要があります。歯ブラシやタオルはもちろん、日帰り温泉用にバスタオルやシャンプーなども用意するといいでしょう。

他にも、櫛や髭剃り、化粧水なども用意することをおすすめします。

旅館やホテルでは当たり前にあるため、意外と用意し忘れます。コンビニなどでも購入できますが、出発前にはしっかり確認しておくといいでしょう。

寝具

キャンピングカーによっては寝具も必要です。夏ならタオルケットなどだけでもいいですが、冬なら毛布や寝袋が必要になります。

もちろん、キャンピングカーにベッドがあれば必要ありません。ですが、ほとんどの場合はバスコンなどの大型キャンピングカーになり、軽キャンピングカーなどはベッドを積んでいないのが一般的です。

快適な睡眠ができるよう、クッションや枕と一緒に用意してください。

充電器

キャンピングカーでの旅は何が起きるかわかりません。事故やガス欠など、いざという時にスマホが使えないようでは困ってしまいます。そのような事態にならないよう、充電器は必要です。

コンセントからの充電は常にできるわけではありませんので、シガーソケットからや電池から充電できる物を用意します。

他にも、パソコンやカーナビなど、充電や電池が必要な物があるなら、それ用の充電器や電池も準備しておきましょう。

デメリットを理解して安全で快適な旅にしよう

キャンピングカーは自由に旅ができるのが特徴です。好きな場所に好きなように行けますので、知られざる名所に行けることもあります。名所めぐりはもちろん、グルメ探しの旅にもぜひ出かけてみてください。

ただし、駐車場所などのデメリットもあります。準備が不十分なままだと不便な旅になってしまうこともありますので、キャンピングカーでの旅のポイントをよく特徴を理解し、しっかりと準備をしてから旅に出かけましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME