スピーカーの自作はキットで簡単チャレンジ。おすすめはどれ?

2019.10.17

音楽を聴く場面や、映画を観る際に臨場感を出したい時に活躍するのがスピーカーです。これらは、自作キットを使って自分仕様のものを作ることができます。スピーカーの自作キットにはどのようなものがあるのでしょうか?基本的な情報をまとめていきます。

自作スピーカーは組み立てキットを使おう

音楽をより良い音質で楽しみたい時に活躍するスピーカーですが、組み立てキットで自作のスピーカーを作ることもできます。

自作でスピーカーを作る際に使用する組み立てキットには、どのようなものがあるのでしょうか?まずは、組み立てる際に必須の部品や入門におすすめのキットについて見ていきましょう。

ユニットとエンクロージャーを揃えよう

スピーカーを自分で作る時に必要になるのが『ユニット』と『エンクロージャー』です。ユニットとは、音の信号を振動させるパーツのことで、音の出口となるスピーカーには必須の部品となっています。

一方でエンクロージャーとは、ユニットなどを含め、スピーカーが取り付けられている木の箱のことを指します。これら二つの部品が揃わないことにはスピーカーが完成しないので、まずはこの二つの部品を揃えることから始めましょう。

入門におすすめのフォステクスのキット

スピーカーを自作したい時に、初めての人でも安心して作り始められるのが『フォステクス(FOSTEX)』のキットです。

フォステクスは、日本の音響機器メーカーである「フォスター電機株式会社」のブランド名であり、1973年に設立しました。「フォスター電機株式会社」の創業は49年と歴史も古く、世界中の音楽愛好家やオーディオエンジニアから親しまれています。

プロ仕様のアイテムの他にも、手軽に自分だけのスピーカーを作ることができる『かんすぴシリーズ』は、多くのオーディオマニアから人気を集めている自作キットの一つです。

フォスター電機株式会社

フォステクスの自作キットの種類

フォステクスには、手軽に始められるキットも販売されていますが、他にはどのような自作キットあるのでしょうか?

いくつかの自作キットについてまとめていきますので、実際にどのようなキットが人気を集めているのか合わせてチェックしていきましょう。

バスレフとバックロードホーンタイプ

フォステクスの自作キットスピーカーには、『バスレフ型』と『バックロードホーン型』と呼ばれる種類があります。

バスレフ型とは、スピーカーユニットの背後から出る音を利用して低音を増強しようとする方法です。バックロードホーン型とは、スピーカーの後方から発生する低音をホーンによって増幅する方式です。

特にバックロードホーンタイプのスピーカーは、低音から中低音のより広い音域を再現するのに適している型だと言われています。

2wayやマルチアンプ方式

スピーカーは、使われているユニットの個数によって呼び方が異なります。エンクロージャーにユニットを一つだけ設置するタイプのスピーカーを『フルレンジ』と呼びます。

それに対し、音域を分割して複数のスピーカーユニットで再生するのが『マルチアンプ方式』、低音用と高音用の二つのスピーカーユニットがあるものを『2way』と呼びます。

フォステクスでは、この2種類の自作キットも展開されているため、自分のニーズに合わせて選ぶこともできるでしょう。

初心者はセットシリーズがおすすめ

フォステクスの中でも、特にスピーカーを自分で作るのが初めてという人にぴったりなのがセットシリーズです。先ほど簡単に触れた『かんすぴシリーズ』がそれに当たります。

フォステクスのセットシリーズには、豊富なサイズバリエーションが用意されていることに加え、バスレフとバックロードホーンの二つのタイプが展開されています。

スピーカー周辺にもこだわろう

スピーカーを自作したら、周辺のアイテムにもこだわるとより一層自分好みのオーディオ設備を整えることができます。

スピーカーの周辺設備を充実させたい時は、さまざまな方法で自分好みにカスタムすることができます。どのような方法があるのか見ていきましょう。

スピーカースタンドを作ってみる

スピーカーの周辺設備として実際に目にすることも多いのが『スピーカースタンド』です。スピーカースタンドは、ただスピーカーを持ち上げているだけではありません。

地面から伝わる不要な振動を除去し、スピーカー本来の再生能力を発揮させるという物理的な役割も果たしています。

地面に直接置くよりも、インテリアとしておしゃれな印象に仕上げることができるでしょう。

Bluetoothで音楽鑑賞 ELEGIANT Bluetooth パワーアンプ

Bluetooth機能が搭載されていて、無線でも音楽を再生できるのが『ELEGIANT Bluetooth パワーアンプ』です。このアイテムは、高音質再生できる多機能アンプとして人気を集めています。

コンパクトなサイズ感は持ち運びにも優れ、車に設置してカーステレオとして使うこともできます。きれいな音とはっきり聞こえる音域が魅力で、多くのユーザーから支持されているアイテムです。

  • 商品名:ELEGIANT Bluetooth パワーアンプ
  • 価格:2399円(税込)
  • Amazon:商品ページ

小型で持ち運びも便利 FOSTEX パーソナル・アンプ AP05

小型で持ち運びも便利なアンプが、フォステクスから展開されている『FOSTEX パーソナル・アンプ AP05』です。

このアイテムの魅力は、手軽にPCや携帯プレーヤーなどをスピーカーに接続して鳴らすことができるという点です。ステレオ用のミニケーブルやスピーカーケーブルは付属されているので、安心して使用できるでしょう。

  • 商品名:FOSTEX パーソナル・アンプ AP05
  • 価格:5246円(税込)
  • Amazon:商品ページ

キットを使ってスピーカーを自作してみよう

出来上がっている製品を購入するイメージが強いスピーカーですが、自作キットを使えば、自分でも簡単に作って楽しむことができます。

いろいろなキットが販売されているので、自分のこだわりを詰め込めるキットを探してスピーカーを自作してみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME