ルイ・アームストロングの功績をたどる。魅力やおすすめの名曲を紹介

2019.10.16

トランペット奏者として、そしてシンガーとしてジャズの世界で活躍したルイ・アームストロング。ジャズに詳しくなくても、その名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。幅広い魅力を持つルイ・アームストロングの功績をたどっていきます。

ルイ・アームストロングのジャズ界での活躍

1920年代から音楽活動を行ったルイ・アームストロングは、ジャズの世界では偉人と呼べる存在として知られています。彼がどんな活躍をしたのか、見ていきましょう。

ジャズ界をけん引したトランペット奏者

ルイ・アームストロングのプロ音楽家としてのデビューは1923年、シカゴでコルネット奏者のキング・オリヴァーの楽団に入団したことでスタートしました。

実績を重ねる中で、パワフルで温かみのあるトランペット演奏が大きな注目を集め、アメリカのみならず世界中から注目を集めるように。ジャズがジャンルとしてまだ発展期だった1920年代からジャズ全盛期と呼べる1950年代以降まで、シーンの最前線で活躍し続けました。

まさに、ジャズ界をけん引し、発展させた重要人物の一人と言えます。

独特の歌声を持つシンガーとしても活躍

ルイ・アームストロングはトランペット奏者としてはもちろん、ジャズシンガーとしても大きな功績を残しています。

その歌唱は「スキャット(ドゥビドゥビ、などリズム重視の音)」を多用したスタイルで知られ、ジャズシンガーの世界でスキャットを一般化させました。

低く味のある独特のかすれ声が個性として知られており、優しく温かみを感じさせる歌声で今も支持を集めています。

ルイ・アームストロングの魅力と評価

ルイ・アームストロングはミュージシャンとしての実力はもちろん、親しみやすいキャラクターでも人気を集めました。その影響力は、構成のミュージシャンや社会にも残っています。

明るく好印象なエンターテイナー

ルイ・アームストロングは、ファンに対しても明るくサービス精神旺盛なミュージシャンだったことで知られています。ダイナミックでパワフルな演奏、その中にある繊細なテクニックと表現力にも、彼の快活で細やかな人柄が表れていると言えるでしょう。

また、そんなエンターテイナーとしてのカリスマ性から映画にも出演しており、おなじくジャズミュージシャン出身の俳優フランク・シナトラと共演した「上流社会」や「5つの銅貨」などの作品で知られています。

ミュージシャンとして、一人の人間としても魅力的な人物だったと分かりますね。

後世のジャズミュージシャンや社会にも影響

ルイ・アームストロングは多くのミュージシャンから尊敬を集めた人物で、彼の影響を公言するジャズミュージシャンも多くいます。

代表的な例では、ジャズ史を代表する女性シンガーのビリー・ホリデイが挙げられます。彼女がシンガーの道へ進んだきっかけにルイ・アームストロングのレコードがあり、やがて彼女はジャズというジャンルそのものを発展させるシンガーになりました。

ほかにも、ルイ・アームストロングよりひとまわり若い世代であるフランク・シナトラをはじめ、多くのジャズシンガーやトランペット奏者に影響を与えました。

また、その功績はジャズミュージシャンの枠を超えてアメリカ社会に知られていて、アメリカの空港に「ルイ・アームストロング・ニューオーリンズ国際空港」という名前がつけられるなど、広く社会の中に存在感を示しています。

日本でも、2010年代の邦楽シーンで人気のバンド「Suchmos」の名前がルイ・アームストロングの愛称である「サッチモ」に由来するなど、影響があるのが感じられます。

ルイ・アームストロングのおすすめの名曲

ルイ・アームストロングの功績や魅力が分かったところで、実際に彼のおすすめの名曲をご紹介します。ジャズにあまり興味がない方でも、どこかで一度は耳にしたことがある有名曲です。

この素晴らしき世界(What a Wonderful World)

ルイ・アームストロングの最大の代表曲となっている「この素晴らしき世界(What a Wonderful World)」は、世界で最も有名なジャズナンバーのひとつでしょう。穏やかで優しいメロディとルイ・アームストロングの深い歌声のマッチが印象的な名曲です。

さまざまな場面でBGMとして使われており、映画「グッドモーニング, ベトナム」の名シーンで流れたことで知られるほか、日本でも映画「スウィングガールズ」の劇中で使用されたり、多くのCMに起用されたりしています。

聖者の行進(When The Saints Go Marching In)

トランペット奏者としてのルイ・アームストロングの代表曲が、「聖者の行進(When The Saints Go Marching In)」です。

哀愁や穏やかさなど、さまざまな表情を含みながらも明快でキャッチーなメロディが特徴で、ルイ・アームストロングのトランペットのサウンドとマッチしたナンバーとなっています。

アメリカでは黒人霊歌のひとつとして葬儀の場などで演奏されてきた曲で、プロアメフトチームのニューオーリンズ・セインツのオフィシャルソングとしても有名です。また、日本でもアレンジされた替え歌がCMソングやキャンペーンソングとして広く知られています。

チーク・トゥ・チーク(Cheek to cheek)

ジャズのスタンダードナンバーとして知られる名曲「チーク・トゥ・チーク(Cheek to cheek)」。ビリー・ホリデイ、サラ・ヴォーンと並び三大女性ジャズシンガーの一人に数えられるエラ・フィッツジェラルドとルイ・アームストロングがデュエットで歌い上げたナンバーになります。

華やかでロマンチックな雰囲気が前面にあふれた曲で、エラ・フィッツジェラルドの美しくセクシーな歌声と、ルイ・アームストロングの温かみにあふれた深い歌声が素晴らしくマッチしています。ルイ・アームストロングのフェイクの効いた歌い方も見事で、聴いているだけで温かくウキウキする気分になるような名曲。ぜひ一度聴いてみてください。

今も愛されるルイ・アームストロングの魅力

トランペット奏者、ジャズシンガー、俳優など、さまざまな一面を持つルイ・アームストロング。その人柄と合わさって、大きな魅力を持つ偉大なエンターテイナーです。

今も世界の音楽シーンに影響を与え、愛され続けるルイ・アームストロングの魅力に、ぜひ触れてみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME