『魔笛』のあらすじを解説。モーツァルトが手がけた最高傑作のオペラとは

2019.10.15

世界的に有名なオペラ「魔笛」。エジプトを舞台にした冒険物語で、コミカルなシーンも多く、オペラファンにも非常に人気の高い作品です。この記事では魔笛のあらすじや基本情報、詳しいストーリーについてご紹介します。

オペラ『魔笛』とは?基本情報

魔笛は、天才音楽家・モーツァルトが最後に作曲したオペラです。彼の作曲した作品の中でも最高傑作と言われており、初演から現在にいたるまで世界中のオペラファンに愛され続ける名作といえるでしょう。

台本は彼の知人であるシカネーダによって制作されました。あの有名なベートーヴェンも称賛したと言われており、後のオペラに大きな影響を与えた作品です。

登場人物

  • タミーノ:パミーナに一目ぼれする。
  • パミーナ:夜の女王の娘。
  • 夜の女王:世界征服を企む黒幕。
  • パパゲーノ:おしゃべりな鳥刺し。
  • パパゲーナ:パパゲーノと結ばれる女性。
  • ザラストロ:パミーナを保護する。

ストーリーは突っ込みどころ満載?

ストーリーの展開だけを見ると、所々無理やり感のある設定や急展開があり、オペラの中ではかなり異質な印象を受けます。タイトルの由来にもなっている「魔法の笛」も、実はそこまで重要な役割を果たしている訳ではありません。

それでも劇中で演奏される音楽が素晴らしいからこそ、世界中で高く評価される作品となりました。

オペラ『魔笛』のあらすじ

魔笛第一幕・第2幕の詳しいストーリーをご紹介します。

タミーノ王子が森で迷う

タミーノは森で大蛇に噛まれて気絶してしまいます。そこに夜の女王の部下である、3人の女がやってきて彼を助けます。王子が意識を取り戻した時、たまたま通りかかったおしゃべりな鳥刺しのパパゲーノが「俺が助けた」と嘘を付きます。パパゲーノに嘘を付かれた3人の女は、彼の口に鍵を掛けます。

タミーノがパミーナに一目ぼれする

3人の女はタミーノ王子にパミーナの肖像画を見せ、「ザラストロがパミーノを攫ってしまった。どうかお助け下さい。」と頼みます。タミーノ王子はパミーナの姿に一目惚れしたため、彼女を救い出すことを決めます。

3人の女はパパゲーノの口の鍵を解きます。タミーノは「魔法の笛」(魔笛)を、パパゲーノは「魔法の鈴」を手に入れ、パミーナを助けるため冒険に出発します。

パミーナを助けるため旅に出る

ザラストロの城に着いたタミーノ達は逸れてしまいます。パパゲーノはパミーノと鉢合わせし、タミーノ王子が助けに来ることを伝えます。しばらくしてザラストロの元にタミーノ王子がたどり着きます。

初対面したタミーノとパミーノはお互いに惹かれ合って運命を感じます。そこで、ザラストロはパミーノを守るために夜の女王から保護していただけだと知ります。本当の黒幕は夜の女王だったのです。

ザラストロが王子達に試練を与える

ザラストロはタミーノ王子に、パミーナを手に入れるための試練を与えます。タミーノ達は試練を受けることに了承します。2人は「沈黙の試練、水の試練、火の試練」に挑みます。

すれ違う2人が再開し結ばれる

「沈黙の試練」が始まると、2人の元にパミーノがやってきます。しかし、タミーノ達は試練を受けているため話しかけられません。事情を知らないパミーノは、タミーノが自分をもう愛していないのだと勘違いしてしまいます。

失恋して絶望したパミーナが自殺を試みているところに、3人の子供が表れ「タミーノは沈黙の試練を受けている。」と伝えます。2人は再会すると、残りの試練を乗り越えて無事結ばれます。

夜の女王が復讐にやってくる

一方パパゲーナは試練を乗り越えることができず、早々に諦めてしまいますが、魔法の鈴の力を借りてパパゲーナと出会います。

物語の最後、夜の女王がザラストロの城にやってきます。憎きザラストロに復讐をしようと企みますが、雷に打たれ負けてしまいます。最後に皆が合唱する中、ハッピーエンドで幕が下ります。

魔笛の有名曲とおすすめDVD/CD

オペラ「魔笛」に興味がある方や、オペラデビューしたい方におすすめの商品をご紹介します。

魔笛で歌われる有名曲

作中では誰もが一度は聞いたことがあるような曲が数多く歌われます。特に第2幕で歌われる「夜の女王のアリア」は、世界で数名しか歌いこなせないと言われるほど、難易度が高いことで有名な楽曲です。他にも印象的なメロディーや、キャラクターの個性を引き立てる素晴らしい楽曲を堪能できます。

魔笛をDVD(映画)やCDで楽しむ

実際に劇場へ行ってオペラを観劇するのは、敷居が高いと感じる方がいるかもしれません。そういった場合は、上映されたオペラを映像に収めた映画版「魔笛」や、劇中歌を収録したCDから手に取ってみてはいかがでしょうか?自宅で気軽に魔笛の世界観を楽しめるため、観劇する前の予習としてもおすすめです。

映画版『魔笛』のおすすめDVD

フランケンシュタインなど、数々の有名作を手掛けたケネス・ブラナー監督が演出を手掛けた作品。原作の設定を元にしつつ、現代風にリメイクされているため、初めてのオペラ映画として見やすいと好評です。

・ 商品名:魔笛 [DVD] ・ 参考価格:¥5,076(税込) ・ Amazon 商品ページはこちら

オペラ『魔笛』のおすすめCD

魔笛の醍醐味である楽曲が全曲収録されている豪華なCDです。ルチアポップの「夜の女王のアリア」は、見事な歌声とオペラファンから高評価です。心地よい演奏と、まるで楽器のように繊細な歌を堪能できます。

・ 商品名:歌劇「魔笛」全曲 ・ 参考価格:¥2,935(税込) ・ Amazon 商品ページはこちら

『魔笛』は天才モーツァルトの最高傑作

モーツァルトのオペラの中でも「魔笛」は非常に人気が高い名作です。笑える要素もあるため見やすく、気軽に楽しめる作品となっています。オペラファンはもちろん、オペラデビューにもおすすめですので、ぜひご覧になってみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME