味も香りもまるで本物!『ノンアルコールハイボール』おすすめ6選

2019.10.15

鶏の唐揚げなど脂っこいメニューとの相性の良さもあって、この10年程の間に、ハイボールは若者の間で人気メニューとして定着しました。そうした流れの中で近頃話題を呼んでいるのが、本物さながらの味わいと香りを備えたノンアルコールハイボールです。

ヘルシーさが魅力のノンアルコールハイボール

本物のウイスキーは焼酎などと同じ蒸留酒なので糖類はゼロですが、アルコール度数が40%以上と高いため、例えば「サントリー角ハイボール缶」は1缶(350ml)当たり171.5kcalとなっています。そしてプリン体も、少ないながらもウイスキーには100ml当たり0.1mg含まれています(ちなみにビールは100ml当たり3.36.8mg)。

その点ノンアルコールハイボールは、アルコール分ゼロに加えてカロリー、糖類、プリン体がゼロという商品が多く、中には食事の脂肪や糖分の吸収を抑える機能を持つものもあります。

「ハイボールは大好きだけど、つい飲み過ぎてしまうのが心配…」という人には、まさに最良のパートナーと言えるでしょう。

酒造メーカーが作るノンアルコールハイボール

それでは最初に、酒造メーカーが作ったノンアルコールハイボールをご紹介します。

アサヒスタイルバランス香り華やぐハイボールテイスト

食事の脂肪や糖分の吸収を抑える難消化性デキストリン(食物繊維)を含有した、機能性表示食品。華やかな香りとスッキリした飲み口、ドライな後味が特徴で、Amazonのカスタマーレビューでも星5つが6割以上を占めるなど、リアルなハイボール感が高く評価されています。

  • 商品名:スタイルバランス 香り華やぐハイボールテイスト 機能性表示食品 ノンアルコール 350ml×24本
  • 参考価格:2733円(税込)
  • Amazon商品ページ:こちら

Non da free<のんだフリー>ノンアルコールウイスキーハイボールテイスト

しそ焼酎「鍛高譚」で知られる合同酒精が手がけたノンアルコールハイボール。「アルコール分0」「糖類0」「カロリー0」「プリン体0」の4つのゼロを実現しながらも、喉ごしが良くクセのないすっきり爽快な味わいに仕上がっています。可愛らしいパンダのデザインが目印です。

  • 商品名:合同酒精 ノンアルコールビールテイスト のんだフリー Non da free 350ml×24本
  • 参考価格:2921円(税込)
  • Amazon商品ページ:こちら

飲料メーカーが挑むノンアルコールハイボール

次に、飲料メーカーが作ったノンアルコールハイボールをご紹介します。

ハイボールテイスト

ユニークな飲料開発で知られる関西系メーカー・サンガリアが作った「アルコール分0」「糖類0」「カロリー0」「プリン体0」のノンアルコールハイボール。

スッキリとした喉ごしと、クリアでキレのある後味が特徴です。

炭酸水クオスハイボールフレーバー

美しい水の郷として知られる大分県日田市で製造された、ハイボールテイストの強力炭酸水。炭酸ガス純度99.99%、5.5GVの高圧力充填による強炭酸が超刺激的です。着色には天然の糖類を加熱して作る、昔ながらのカラメルが用いられています。

  • 商品名:強炭酸水 KUOS クオス 大分県日田産 ハイボールフレーバー500ml×24本
  • 参考価格:2040円(税込)
  • Amazon商品ページ:こちら

琥珀色のときめきハイボールテイスト

広島の老舗飲料メーカー宝積飲料(昭和10年創業)が、2010年からいち早く手がけているノンアルコールハイボール。カロリーは9kcalで、果糖ぶどう糖液糖由来のほのかな甘味が特徴で、レモンの輪切りを添えるのがおすすめです。

  • 商品名:琥珀色のときめきハイボールテイスト
  • Amazon商品ページ:こちら

ヘイ!ボール

「冷やし甘酒サイダー」「もみじ饅頭風味ラムネ」など変わり種の飲料を色々手がけている斎藤飲料工業の商品。ネーミングセンスも秀逸ですが、中身の再現性もなかなかのものです。

  • 商品名:ヘイ!ボール 330ml×20本
  • 参考価格:3438円(税込)
  • Amazon商品ページ:こちら

どんな食事にも合うノンアルコールハイボール

華やかなウイスキーテイストのノンアルコールハイボールは、爽やかな炭酸の刺激と相まって、どんな食事にも合わせやすいのが大きな魅力です。健康を気づかう人にもおすすめなので、ぜひ一度ご賞味ください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME