スピーカースタンドの選び方。効果や代用方法、おすすめを紹介

2019.10.15

オーディオをより良い音で楽しみたいなら、スピーカースタンドを使ってみましょう。何の気なしに置いていたスピーカーからのサウンドが、大きく変化します。そのためのスピーカースタンドの効果や選び方などを解説します。

スピーカースタンドの基礎知識

スピーカースタンドは、その名の通り、スピーカーを設置するスタンドです。実は、スピーカを単に設置するだけではなくサウンドをより良くする効果があります。

まずはスピーカースタンドに対しての基礎的な知識を見ていきましょう。

スピーカースタンドとは?

スピーカースタンドは、スピーカーの性能を最大限に発揮させるように作られた台を指します。意外に思うかもしれませんが、設置の方法でサウンドは大きく変わるのです。

スピーカーは、床や机の上に置いても十分だと考えがちです。しかし、考えなしに置いてしまうと、振動の具合でノイズが生まれたり、スピーカー本体の振動が悪影響を与え音が軽くなったりしまうので注意しましょう。

スピーカースタンドは、スピーカーの底面と設置部分の振動を吸収し、共振という現象によるノイズを軽減させます。音質を損なわないよう、環境を整える役割を担うのです。

クリアな音が広がる効果がある

聞き慣れたスピーカーを、スピーカースタンドに設置してみます。すると、その違いは一聴してわかるでしょう。

床やタンスなどに置くとどことなくこもった音に感じ、それに対してスピーカースタンドを使うと、音の粒が聴き取れるような『クリアな音質』を実感できるでしょう。

音が立体的に広がり、奥行きも感じられるようになるので、より臨場感を味わえます。そのため、例えばオーケストラの演奏を聴いていると、楽器ごとの位置まで目に浮かんでくるようです。

また、スピーカースタンドによってもたらされるサウンドは異なります。そのため、自分の好みの音を届けてくれるタイプを探すのもいいでしょう。

スピーカースタンドの選び方

一口にスピーカースタンドといっても、その種類は数多くあります。「どのように選べばいいのかわからない」という人に、選び方を解説します。

大型、縦置きなど大きさや形に合わせる

スピーカーには、いろいろなスタイルがあります。一般的なブックシェルフ型をはじめ、大型で床置きのフロア型、縦に長いペンシル型(トールボーイ型)などです。

スピーカースタンドを購入する際は、それぞれのスタイルやシェイプに合ったモノを選びましょう。

スピーカーを安定させるために、その底面のサイズとスピーカースタンドの天板のサイズを合わせることも大切です。

天板がスピーカーの底面よりも広いと安定するので、不意な転倒を防げます。しかし、天板があまりに大きい場合、見た目のバランスが悪くなってしまいます。

安定性とインテリアとしてのビジュアル面の双方が映えるタイプを選びましょう。

理想の高さに置く

音を出すところが2個ついているタイプのスピーカーがあります。たいてい、上に高音域を出す『ツイーター』、下には低音域を出す『ウーファー』が設置されています。

そして、このツイーターが耳とほぼ同じ高さにセッティングすることが、最適な高さです。そのポジションにできるようなスピーカースタンドを選びましょう。

家庭用のスピーカーは、椅子やソファーに座って聴くことを想定しています。実際に、自宅のリビングなどで音を楽しむ状況で、セットするべき高さを測っておきましょう。

スタンドの素材から選ぶ

スピーカースタンドの素材は、一般的に木製と金属製の2種類です。素材によって、得られる音質も大きく異なります。

木製の場合、比較的柔らかな音質が得られるでしょう。響きを重視して設計されていて硬めに作られているので、高音も聴きやすい傾向にあります。

ただし、響きが重視されていることで、細かい再現力はやや乏しいです。低音に関しては、音の輪郭がぼんやりと感じられる部分があります。

クリアなサウンドを求めるなら、金属製がおすすめです。木製よりも振動がないので、低音がこもらず明瞭に聴こえます。ただし、クリアな分、音がきつく感じられるかもしれません。

スピーカースタンドに代用できる素材

「良い音は楽しみたいけれど、専用のスピーカースタンドではなく何か使えないか?」と考える人に、代用できる素材について説明します。

スピーカースタンドに向いている素材には、2点の条件があります。『ちょうどいい重さと硬さ』、『音の振動を吸収する』素材です。

これを念頭に置き、適した素材を見てみましょう。

レンガやコンクリートブロック

音の振動が大きいスピーカーだと、本体が動いてしまう場合があります。そのため、重さのあるスピーカースタンドが良いとされてるのです。その点から見ると、レンガやコンクリートブロックは適しています。

スピーカーは、ツイーター部分を耳の位置に合わせるとよいと説明しました。レンガやコンクリートブロックだと、かっこいいビジュアルを保ちながら高さを調節することもできるでしょう。

音質を向上させながら、おしゃれなインテリアにもなるレンガやコンクリートブロックは、おすすめの素材です。

DIYなら木材を

DIYで創作するなら、木材を使用してみてはいかがでしょうか。インテリアとしても素敵な木材を選び、スピーカーを設置する場所にマッチしたスピーカースタンドを作りましょう。

スピーカースタンドには重さが求められるので、重量と見た目の双方を兼ね備えている木材が適しています。パイン集成材などがおすすめの木材です。

ほかにも、MDF板やラワン合板も適しています。重さがあり、硬さも持ち合わせ、かつ加工しやすい素材を、自分の好みに合わせて探してみましょう。

おしゃれなブランド

オーディオ機器は、部屋全体の雰囲気とマッチさせたいものです。いろいろなインテリアと調和し、さまざまなタイプのスピーカースタンドがそろうブランドを見てみましょう。

定番のハヤミ

ブランド名・ハミレックスの母体である『ハヤミ』は、1927年にラジオ店として創業しました。その後、楽器糸やスピーカーネットの販売を手掛けるようになります。

そして、木工会社との出会いを経て、スピーカースタンドやスピーカーラックの製造・販売をスタートさせました。現在では、この分野では定番とされるブランドです。

家庭用はもちろん、オフィス向けのTVボードやAVラック、そしてもちろんスピーカースタンドなど多彩な商品群を誇っています。ネット販売サイトなどでも、常に上位を独占するブランドです。

【HAMILeX】TVボード、AVラックの開発・販売

プロの現場でも使われるIso Acoustics

音楽のプロの現場やオーディオ愛好家など、厳しい耳を持つ人々にも高い評価を受け、ハイクオリティな製品を作り続けているブランドが『Iso Acoustics』です。

母体企業である株式会社エレクトリは、1964年の創業以来、個人向け音響機器、プロ用音響機器、および映像・情報機器関連の分野において、群を抜く商品取扱量を誇っています。

Iso Acousticsブランドでは、ISOシリーズ・Apertaシリーズ・ISO-PUCK・STAGE 1という四つのカテゴリーに分けられていて、それぞれが高品質のスピーカースタンドをラインナップしています。

ISO Acoustics スピーカースタンド – 株式会社エレクトリ

ハイクオリティなアイシン高丘

1960年創業の『アイシン高丘』は、自動車部品や工業部品の製造を手掛ける会社としてスタートしました。そして、その高い品質が広く信頼を集め、鋳鉄業界ではトップブランドへと成長します。

その鋳鉄に関する技術力を生かし、ハイグレードなオーディオ関連製品の製造・販売にも進出しました。そして、この分野においても、クオリティの高さには定評があります。

『TAOC』というブランドを設立し、スピーカースタンドをはじめ、スピーカーシステム・オーディオラック・オーディオボードなどを提供しています。

TAOCについて

おすすめのスピーカースタンド

スピーカースタンドの効果やブランドについて説明してきました。ここからは、厳選のおすすめスピーカースタンドを紹介しましょう。

キクタニ モニタースピーカースタンド

「見た目も機能面もシンプルなスピーカースタンドがいい」という人にぴったりなのが『キクタニ モニタースピーカースタンド』です。黒基調のシックでシンプルなデザインが特徴でしょう。

206mmの高さは、コンパクトな部屋で臨場感あるサウンドを楽しむにはピッタリのサイズです。付属のゴム製インシュレーターで、不要な振動をカットでき、より安定した音を約束してくれます。

  • 商品名:キクタニ モニタースピーカースタンド
  • 価格:5029円(税込)
  • Amazon:商品ページ

エース・オブ・パーツ スピーカースタンド

680~1100mmの間で高さが選べる『エース・オブ・パーツ スピーカースタンド』は、さまざまなシチューエーションで活躍するスピーカースタンドです。ノブで高さを自在に調整できます。

どのような空間にもマッチするシンプルかつスタイリッシュなデザインは、インテリアを選びません。どこにでも設置可能な細身のスタイルで、おしゃれ感をアップさせています。

  • 商品名:エース・オブ・パーツ スピーカースタンド
  • 価格:4800円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ハヤミ Acordeシリーズ スピーカースタンド

素材・色・フォルムの美しさ、そして機能を合わせて追求したハヤミの自社ブランド『HAMILeX』シリーズは、美術品を置いてもふさわしいほどの完成度を感じさせます。

中でも、ハイポジションに設置する小型スピーカー用スタンド『Acordeシリーズ スピーカースタンド』は、落ち着いたダークブラウン木目のスタンドは、重厚なサウンドが似合う高級感あふれる一品です。

  • 商品名:ハヤミ工産 Acordeシリーズ スピーカースタンド
  • 価格:8884円(税込)
  • Amazon:商品ページ

スピーカースタンドで質のいい音を聞こう

なにげなく置いていただけのスピーカーも、スピーカースタンド一つで劇的にサウンドクオリティが向上するものです。

インテリアに合わせたお好みのスピーカースタンドで、良質の音を楽しみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME