チョコレートの高級ブランド9選。高級店の逸品でセレブ気分を味わう

2018.11.13

チョコレートは高級になるほど、味や工程に様々な工夫が施されています。高級チョコレートは専門店でしか購入できないものや、世界的に有名な人気ブランドのものまで種類が実に豊富です。そんな高級チョコレートの特徴や選び方、人気店を紹介します。

高級チョコレート店の特徴

高級チョコレート店には世界的に有名なブランドや、知る人ぞ知る名店まで様々なものがあります。実際にどういったものがあるのか見ていきましょう。

Bean to Barとは

チョコレートを作る際のやり方として、『Bean to Bar』と呼ばれる方式があります。Beanはチョコレートの原料となるカカオ豆、Barはチョコレートの完成品である板チョコを指し、カカオ豆から板チョコになるまで、全ての工程を一貫して工房内で行う方式です。

原料となるカカオ豆の選定やブレンドから行うことで、よりきめ細かい対応ができ、カカオ豆本来の味をしっかり感じられるといわれています。工程が多い分、管理や調整の手間もかかるため、高級チョコレート店で採用されることが多い方式です。

ここ数年世界中でBean to Barを採用したチョコレート店が増えており、日本にも進出してきています。

海外では王室御用達の逸品も

王室のある海外諸国では『王室御用達』とされる品があり、その品々にチョコレートが含まれる国もあります。

王室御用達になるための方法は国によって異なっておりますが、基本的には許可制など審査が厳しいため、技術や品質が保証された品と言えるでしょう。

ちなみに、チョコレートで有名なベルギーの王室御用達としては、ゴディバやヴィタメールなど日本でも有名なメーカーが含まれています。

高級チョコレートの選び方

高級チョコレートを購入する際、どのような点に注目して選べば良いでしょうか?チョコレート選びのポイントを紹介します。

チョコレートの種類

チョコレートはその原材料や配合されている割合などによって、いくつかの種類があります。よく知られている種類はビター、ミルク、ホワイトの3つでしょう。

ビターはカカオの含有量が多く、砂糖や粉乳の割合が少ないため、その名のとおり苦みが強いのが特徴です。ミルクチョコレートは粉乳を加え、甘みが強いチョコレートをさします。

またカカオ豆から外皮と胚芽を取り除いて加工し、発酵・乾燥・焙煎して磨り潰したものをカカオマスと呼びますが、カカオマスを含まず、カカオ分がカカオバターのみ配合されているのがホワイトです。

この3つに加えて近年注目を集めているのが『ブロンド』で、第4のチョコレートとも言われています。フランスヴのヴァローナ社が開発したチョコレートで、キャラメル色をしていて、若干塩味があるのが特徴です。

カカオ豆の種類

チョコレートの味はカカオ豆の種類によっても左右されます。基本的には複数の種類の豆をブレンドして作られることが多いですが、豆の種類による特徴を知っておくと、好みのチョコレート選びに便利でしょう。

カカオ豆の種類は、フォラステロ種・クリオロ種・トリニタリオ種の3つに分類できます。カカオ豆全体の85%と生産量が多く、苦みや渋み、コクがある味わいの豆がフォラステロ種、生産量が少なく、フルーティーな香りが特徴的なのがクリオロ種です。

そして、フォラステロ種とクリオロ種の交配により出来上がったトリニタリオ種は、両方の良い面を受け継ぎ、栽培もしやすいという特徴を備えています。

カカオの含有量

カカオの含有量もチョコレートの味を決める大きなポイントです。カカオの含有量が多いほど苦みが強く、カカオの香りを濃厚に感じられます。

カカオマスの含有量は、ミルクチョコレートで20~40%前後、ビターチョコレートは40%以上、ビターの中でもハイカカオチョコは含有量が60~70%以上です。

近年、カカオの風味を味わえるハイカカオチョコが人気となっており、お酒や料理と一緒に楽しむ人も増えています。

世界のおすすめ高級チョコレート

チョコレートは世界各国でも人気のスイーツです。世界的にも有名な高級チョコレート店を紹介します。

Pierre Marcolini ピエール・マルコリーニ

『ピエール・マルコリーニ』はベルギー王室御用達の称号を持つショコラティエです。Bean to Barでチョコレートを製造するマルコリーニでは、原料のカカオ豆に特別なこだわりを持っています。

実際に農園に足を運んでカカオ豆を選び、世界各国の農園から直接買い付けを行うのがマルコリーニの特徴です。1粒のチョコレート『プラリーヌ』や厚さ4mmの薄型プラリーヌ『パレファン』をはじめ、様々なチョコレートが販売されています。

日本国内にも店舗があり、銀座本店・名古屋店にはカフェも併設されているので、マルコリーニのチョコレートやアイスクリームを使ったパフェを楽しむことが可能です。

  • 店名:Pierre Marcolini ピエール・マルコリーニ
  • 公式サイト

JEAN-PAUL HÉVIN ジャン=ポール・エヴァン

『ジャン=ポール・エヴァン』は、1988年にパリで生まれた高級チョコレート店です。エヴァン氏はホテル・ニッコー・ド・パリで、ジョエル・ロブション氏の指導を受け、パティシエの修行を積み、芸術的なセンスを磨きました。

エヴァン氏は、日系ホテルで働いた経験や、日本のパティスリーでシェフパティシエを務めた経験もあり、日本を第2の祖国と呼んでいるほどの親日家です。

日本では、2002年に新宿と広島の2都市に店舗をオープンしたのを始めとし、現在では12店舗を構えています。丸の内店は『チョコレートバー』となっており、チョコレートドリンクや、ソルベを楽しめ、テイクアウトも可能です。

  • 店名:JEAN-PAUL HÉVIN ジャン=ポール・エヴァン
  • 公式サイト

LA MAISON DU CHOCOLAT ラ・メゾン・デュ・ショコラ

『ラ・メゾン・デュ・ショコラ』は1977年、ロベール・ランクスがオープンしたチョコレート店です。特徴は繊細な風味のガナッシュで、ロベール・ランクスは哲学者のジャン=ポール・アロンから、『ガナッシュの魔術師』との異名を贈られています。

2006年に発売された『ガナッシュ入りマカロン』は、プレーン、フランボワーズ、バニラ、コーヒー、キャラメルそれぞれの風味のガナッシュが絶妙な味わいとなっており、ラ・メゾン・デュ・ショコラの人気商品となりました。

日本には1998年に進出し、現在東京7店舗、大阪2店舗があります。

  • 店名:LA MAISON DU CHOCOLAT ラ・メゾン・デュ・ショコラ
  • 公式サイト

日本の人気高級チョコレート店

近年、日本人のショコラティエもチョコレート業界で注目を集めています。日本にも人気の高級チョコレート店が多数ありますが、特におすすめしたいのが次の3店です。

パティスリー・サダハル・アオキ・パリ

日本人でありながら、世界で注目されるパティシエの一人である青木定治のチョコレート店が『パティスリー・サダハル・アオキ・パリ』です。サロンデュショコラ内の品評会では4年連続の最高位『LES INCONTOURNABLES』を受賞しています。

素材へのこだわりが強く、カカオ豆だけでなく、バターや栗など複数の素材について産地へ足を運び、直接買い付けを行うのが特徴です。日本では東京に5店舗、名古屋に1店舗の店を構えています。

  • 店名:パティスリー・サダハル・アオキ・パリ
  • 公式サイト

トシ・ヨロイヅカ

『トシ・ヨロイヅカ』は、ヨーロッパで8年間修業を積んだ鎧塚俊彦のパティスリーです。チョコレート専門店ではなくパティスリーのため、ケーキや焼き菓子も販売しています。

しかし、チョコレートへの思い入れは強く、2010年には南米エクアドルに『Toshi Yoroizuka Cacao Farm』を開設したほどです。現在では、一部の商品についてカカオ豆を育てるところからチョコレート作りに携わるFarm to Barを実現しています。

ル・ショコラ・ドゥ・アッシュ

日本を代表するショコラティエ・辻口博啓のチョコレート店が『ル・ショコラ・ドゥ・アッシュ』です。サロンデュショコラ内の品評会では、5年連続の最高位を受賞し、2017年には外国人部門最優秀賞にも輝きました。

糀とチョコレートを合わせるなど、革新的なチョコレートを多数作り上げています。店舗は銀座と渋谷の2店舗です。

通販で人気の高級チョコレート

高級チョコレートはチョコレート店だけでなく、通販でも購入可能です。通販で購入できる人気の高級チョコレート店を紹介します。

Nello ネロ

ベルギーのフランダース地方で生まれた『Nello』は、フランダースの犬に出てくる少年ネロから名づけられたチョコレート店です。

ナッツ類をペースト状にしてチョコでコーティングしたプラリネを始め、ベルギーの伝統的なチョコレートが販売されています。

ベルギーでは『バロタン』と呼ばれる箱にチョコレートを量り売りで入れ、販売するのが主流のため、Nelloでもバロタンのチョコレートをオンラインショップで購入可能です。

MARIE BELLE マリベル

ニューヨークで生まれた『MARIE BELLE』のチョコレートの最大の特徴は、希少なカカオ豆であるクリオロ種を使用している点です。苦みが少なく、豊かな香りとまろやかな味が残ります。

マリベルの代名詞とも言えるのが、『SIGNATURE ART GANACHE』です。1粒1粒に美しいアートが描かれており、目でも楽しめるチョコレートになっています。

GODIVAゴディバ

ベルギーのブリュッセルで生まれた『GODIVA』は、世界的にも有名な高級チョコレート店の1つです。日本でも1972年に初の店舗がオープンし、現在では250店以上ものショップがあります。

ショップで購入するのも良いですが、公式の通販サイトも充実しており、発送も早いので急な贈り物などにも便利です。

高級チョコレートでセレブ気分

チョコレートは奥が深く、種類だけでなく素材や製法によって味にも大きな違いが出てきます。素材や工程にこだわりを持って作られている高級チョコレートは、その深みを存分に感じられるスイーツです。

時には高級チョコレートで、セレブ気分を楽しんでみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME