卓球ユニフォームならVICTASを!日本代表にも選ばれる高品質

2019.10.12

卓球ユニフォームメーカーの『VICTAS』は、2019年の日本代表選手にも愛用される、大手のブランドです。高品質なモデルを多く販売しているVICTASの特徴と、ユニフォームの選び方を紹介します。プロも愛用する圧倒的な品質と機能性は必見です。

VICTASとはどのような会社?

日本大手の卓球用品総合メーカーであるVICTAS(ヴィクタス)の基本情報から紹介します。

TSPを擁する高品質ブランド

VICTASは、卓球初心者向けのアイテムからプロユースな本格的なアイテムまで取り扱いのある、国内の卓球用品メーカーです。高品質で高機能なプロ向けラケットなどのほか、初心者など一般消費者でも快適に卓球が楽しめるように作られた『TSP(ティーエスピー)』というブランドも展開しており人気を博しています。

TSPだけでなく、『VICTAS』のブランド名でも卓球用品を販売しており、プロでも満足できるような高い品質で作られたフラッグシップモデル(最も上位に位置づけられる製品モデル)を取り扱っています。

公式サイトとwebカタログ

公式サイトでは、ボール・ラバー・ラケット・アパレル・シューズなど、VICTASの豊富なラインナップをチェックでき、WEBカタログも見ることができます。 そのほか、全日本卓球の使用球にVICTASが取り扱うCP40+3スターボールが採用されているなど、VICTAS関連のニュースも掲載されているのでチェックしてみましょう。

卓球用品トップページ | VICTAS卓球用品

VICTAS 2019 TABLE TENNIS CATALOGUE

卓球ユニフォームの選び方を知る

次は、卓球ユニフォームの選び方を紹介します。公式ゲームでは、ルールに基づいたユニフォームの着用が必要です。公式試合でも使えるユニフォームが選べるように、ポイントを覚えておきましょう。

透湿性と動きやすさ

スポーツのユニフォーム選びにおいて、『透湿性』と『動きやすさ』は重要なポイントです。透湿性は、内側から外側へ水蒸気を出す性能のことで、透湿性が高いほど蒸れた空気を外へ逃がす効果が高いことを示します。

空気を流通させる性質を持っていることを表す通気性と一緒に、透湿性の高いものを選べば、激しい運動をしても過ごしやすく試合に集中しやすくなるでしょう。

また、動きやすさには十分配慮されてユニフォームが作られていますが、体格などによっても変わってきます。通気性・透湿性だけにこだわらず、卓球に集中するためにも動きやすさにこだわって用意するのがおすすめです。

大会に出場可能な公認マーク

では、公式試合に出場可能なユニフォームはどのように見分けるのでしょうか。

卓球ウェアの袖あたりには『JTTAマーク』と呼ばれる赤いマークがつけられています。この赤いマークは公式試合で着用できる卓球ユニフォームの証で、『日本卓球協会(Japan Table Tennis Association)』の頭文字をとってJTTAマークと呼ばれているのです。

公式試合に着用しても良い卓球ユニフォームは、色や規格に規定があるため『規定をクリアしたものの証』としてマークがつけられています。大会に出場可能な公認マークが取り付けられているかどうか、購入前に確認しましょう。

ボールの色が見やすいデザイン

卓球ユニフォームはカラフルなものが多く、個性を演出できるデザインが多く作られています。これは、公式試合で使われる白いボールがユニフォームに同化しないよう、配慮して作られているためです。

フェアな試合をするためにも、お互いの選手が白いボールをはっきり目で捉えられるようにカラフルなユニフォームを着用するのがルールです。

このように、ボールの色と明らかに違う色でなければならないルールがあるからこそ、ユニフォーム選びは『ボールの色が見やすいデザイン』で選ぶのが良いでしょう。

日本代表に選ばれたユニフォーム

VICTASは、2019年に世界卓球選手権日本代表に選ばれたユニフォームを手がけています。どのような特徴があるのか、どこで購入できるのかも一緒にチェックしてみましょう。

2019年の日本代表に採用される

卓球総合メーカーのVICTASのウェアは、卓球男子日本代表の新ウェアにも採用され、その機能性の高さはお墨付きと言えるでしょう。ブランドメッセージでもある『世界一への道を切り開く』という想いが込められた『I AM NEXT』という言葉が入ったウェアはファッション性の高さも魅力的です。

また、競技用ウェアだけではなく、シューズやジャージも提供もしています。

機能面の特徴

日本代表に選ばれたウェアでは、選手のパフォーマンスを最大限に引き出すため『SALAMAX(サラマックス)』と『Viscotecs(ビスコテックス)』を採用しています。

SALAMAXは、吸水した水分を生地表面に拡散させることで、肌面に汗などを残さずベタつきを抑える素材です。高い吸収性と透湿性を持っているため、ユニフォームが肌に与える不快感を減らして選手をサポートします。

Viscotecsは、熱処理によって起きる生地の硬化がない染色技術のことです。素材本来の着心地の良さを損なうことなく、鮮やかなカラー表現を豊かにします。

2種類の機能面の特徴は、着心地の良さと動きやすさを求めるプロ選手の支えになっているのです。

VICTAS SHIBUYAにて販売

日本代表に選ばれたウェアは、2019年4月上旬より卓球専門ショップ『VICTAS SHIBUYA』にて限定販売が行われました。

VICTAS SHIBUYAは日本で唯一のVICTAS・TSPの直売店で、オリジナルグッズから卓球日本代表男子のオフィシャルウェアの取り扱いを行っている店舗です。現在では、限定モデルはありませんが、レプリカの販売をしています。

  • 店舗名:VICTAS SHIBUYA
  • 住所:東京都渋谷区神南 1-12-16 ASIA BUILDING 1F.B1F
  • 電話番号:03−6452−5743
  • 営業時間:月〜土 11:00〜20:00、日のみ 11:00〜19:00
  • 定休日:不定休
  • 公式HP

ユニフォームラインナップ

最後に、VICTASが取り扱っているユニフォームのラインナップを二つ紹介します。限定モデルにも負けない工夫を凝らしたウェアをチェックしてみましょう。

V-GS801

V-GS801は、日本代表に選ばれたウェアと同じSALAMAX素材を使った着心地の良さが特徴のユニフォームです。衿、袖部分のアシンメトリー配色は、個性豊かに着る人を彩ります。デザインと機能性を兼ね備えていながら、JTTA公認で公式試合にも使える性能でまとまっているのも利点です。

とても軽量なユニフォームで動きやすさにも定評があり、男女兼用で着る人を選ばないのも良い点と言えるでしょう。

  • 商品名:【VICTAS】ヴィクタス 031474-0120 V-GS801(男女兼用 ゲームシャツ)〔ブルー〕【卓球用品】ゲームシャツ/卓球ユニフォーム/卓球/ユニホーム【RCP】
  • 価格:6654円(税込)
  • 楽天:商品ページ

V-NGS052 ユニ ゲームシャツ

V-NGS052 ユニ ゲームシャツは、Viscotecsを活用し、グラデーションを豊かに表現したユニフォームです。また、JTTA公認なので公式試合でも問題なく使えます。伸縮性に優れ、動きの邪魔をせず『軽量でプレイスタイルを選ばない』点も優秀です。

SALAMAX素材は使われていませんが、吸汗速乾の機能は十分に確保されているためベタつきが気にならないと人気です。

  • 商品名:【送料無料】VICTAS 卓球 ユニホーム ゲームシャツ V-NGS052 ユニ ゲームシャツ ヤマト卓球 031467
  • 価格:7603円(税込)
  • 楽天:商品ページ

機能とデザインを両立するブランド

実用的な機能性と、高いデザイン性で個性豊かにプレイヤーを彩るVICTAS製品は、多くのプロが愛用しています。卓球の練習に集中するために考案されたさまざまな工夫と機能的な実用性のあるユニフォームを用意してみるのはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME