あってよかったキャンピングカー用品。おすすめの便利グッズは何?

2019.10.12

キャンピングカーには様々な機能が備わっています。テーブルやいす、冷蔵庫などは欠かせません。ですが、より便利にするなら他にもおすすめしたい物があります。キャンピングカーには何があるとおすすめなのか?便利グッズの紹介です。

内装におすすめな便利グッズ

キャンピングカーの最大の特徴は、住居スペースがあることです。より快適な旅にするなら内装から変えていきます。便利に使える内装グッズの紹介です。

ポータブルクーラー

暑い車内でも快適に過ごすなら、ポータブルクーラーがおすすめです。設置も簡単で、涼しい風が車内を冷やしてくれます。

大型キャンピングカーなら付属していることもありますが、バンコンなどの軽キャンピングカーでは備わっていることは滅多にありません。また、付属していたとしても、バッテリーの節約や風の届かない場所へのサポートなど、使い方もいろいろあります。

近年、夏は猛暑が続いています。熱中症にならないためにも、ポータブルクーラーがあると便利です。

COIZUMI ポータブルクーラー ラ・クール

  • 商品名:COIZUMI ポータブルクーラー ラ・クール 本体セット
  • 参考価格:99,990円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

ナヴィック 移動式スポットクーラー CLECOOLIII

  • 商品名:ナヴィック 移動式スポットクーラー CLECOOLIII-W
  • 参考価格:33,000円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

FFヒーター

ポータブルクーラーとは逆に、寒い日を快適にするFFヒーターもおすすめです。エンジンを切っていても使え、冬の車内泊で凍える心配はありません。ストーブなどとは違い一酸化炭素の心配もありませんので、安心して寝られます。

他にも、電気毛布や湯たんぽなど、暖房器具を積んでいるとバッテリーやガソリンの節約になります。寝る際は、冬用のシュラフを用意してもいいでしょう。

TeFuAnAn エアヒーター

  • 商品名:TeFuAnAn エアヒーター 5KW 12V
  • 参考価格:14,699円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

GlobalYa FFヒーター

  • 商品名:GlobalYa FFヒーター 5KW 24V
  • 参考価格:15,999円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

携帯トイレ

以外に忘れやすいのがトイレの心配です。主に、ドライブインやコンビニで用を済ませるのが一般的ですが、必ず空いているとは限りません。山キャンプなどではコンビニなどが無いこともよくあります。

そんな時のために、携帯トイレがあると助かります。コンビニなどが見つからない場合でも、草木の陰で用を済ますことは無くなるでしょう。

また、大型キャンピングカーならトイレが常備されていますが、処理が面倒なことから使いたくない人も多いかと思います。そんな時でも、処分のしやすい携帯トイレなら気兼ねなく使っていけるでしょう。

普段はコンビニなどを利用すればいいですが、万が一のためにも常備しておくことをおすすめします。

パナソニックエイジフリーライフテック ポータブルトイレ

  • 商品名:パナソニックエイジフリーライフテック ポータブルトイレ 背もたれ型SP VALSPTSPBE
  • 参考価格:13,250円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

携帯トイレ 万能トイレくん

  • 商品名:携帯トイレ 大便もOK 「万能トイレくん」 2個組み
  • 参考価格:1,320円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

旅に欠かせない便利グッズ

キャンピングカーは内装だけがすべてではありません。快適に運転するために必要な、便利グッズを紹介します。

GPS(カーナビ)

車のサポートといえばGPSです。初めての場所でも迷うことなくスムーズに移動できます。キャンプ場は町から離れた場所にあることが多く、初めてだと道に迷いやすいです。スマホなどから地図アプリで検索することもできますが、誤作動や精密でない心配があります。

GPSがあれば、方向音痴でも迷うことなく目的地に到着できるでしょう。

AWESAFE ポータブル

  • 商品名:AWESAFE ポータブル 7インチ 液晶タッチパネル
  • 参考価格:11,890円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

パナソニック ポータブルカーナビ CN-G1300VD

  • 商品名:パナソニック ポータブルカーナビ CN-G1300VD 7インチ
  • 参考価格:48,970円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

バックカメラ

キャンピングカーは、後部を改築している都合から後ろを確認することが困難です。サイドミラーからでは見える範囲も限られ、走行中とても危険です。そのため、後ろを確認できるバックカメラは、必須ともいえます。

普通自動車では使用したことが無い人でも、キャンピングカーにはぜひ搭載しておきましょう。

KYPLAZA バックカメラ A0119N

  • 商品名:KYPLAZA バックカメラ 防水42万画素 A0119N
  • 参考価格:2,280円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

PORMIDO バックカメラ

  • 商品名:PORMIDO バックカメラ 防塵 防水IP68 92万画素
  • 参考価格:5,890円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

もしものための便利グッズ

普段は必要ないかもしれませんが、もしもの時のために常備しておきたい便利グッズもあります。

サブバッテリーとインバーター

キャンピングカーに内蔵している冷蔵庫などは、バッテリーで動かしています。そのため、バッテリーが空になると使えなくなってしまいます。

そんなときのために、サブバッテリーを積んでおくことをおすすめします。サブバッテリーがあれば、バッテリー残量を気にせず、エアコンなども使っていけるでしょう。

インバーターとは、周波数の違う電流を変換し継ぎ合わせる装置です。ようは、規格を気にせずバッテリーを使えるようにします。あると便利ではありますが、サブバッテリーによってはインバーター内蔵の物もあり、必ず必要というわけではありません。

さらに、サブバッテリーと一緒に携帯用発電機もあると、より電気の心配が無くなります。

Panasonic 国産車バッテリー N-S42B20R/HV

  • 商品名:Panasonic 国産車バッテリー ハイブリッド車用 N-S42B20R/HV
  • 参考価格:14,500円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

ATLAS E-NEX サブバッテリー

  • 商品名:ATLAS E-NEX サブバッテリー 適合M24MF
  • 参考価格:11,340円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

ドライブレコーダー

ドライブレコーダーがあれば、いざという時のドライバーの主張を証明することができます。事故はもちろん、近年では煽り運転も多く、運転するのも心配です。何があってからでは遅いですので、必ず搭載しておくようにしましょう。

Joyhouse ドライブレコーダー

  • 商品名:Joyhouse ドライブレコーダー 前後カメラ 1800万画素
  • 参考価格:6,180円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

VAVA ドライブレコーダー

  • 商品名:VAVA ドライブレコーダー 前後カメラ 夜間撮影
  • 参考価格:12,888円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

便利な用品で快適な旅に

キャンピングカーは広い車内と快適な付属品が備わっていますが、それだけでは十分とはいえません。住居のような快適さなのですから、使いやすさも追求すべきです。

いろいろと試して、理想のキャンピングカーを作り上げましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME