登山中は帽子をかぶって快適に。登山にぴったりの帽子を紹介

2019.10.12

登山にはどのような帽子が適切でしょうか?登山における帽子の役割はいろいろあります。登山に向くタイプをチェックして、自分にぴったりの帽子を見つけましょう。デザイン性にこだわったおしゃれな帽子がゲットできるブランドも三つ紹介します。

登山に帽子はなぜ必要?

そもそも、なぜ登山に帽子が必要なのでしょうか。帽子のタイプをチェックする前に、帽子の必要性について理解しておく必要があります。

『紫外線』『寒さ』『けが』の三つのキーワードに分けて解説します。

日除けや紫外線対策

山は平地に比べて紫外線量が多く、標高が高くなるほどその量は増すといわれています。また、山の上は紫外線を遮るものがなく影響を受けやすいため、日焼けや体調不良などの原因になりやすいのです。

紫外線から頭や肌を守るために、登山に帽子は必須といえます。5〜9月は最も紫外線量が多いといわれていますが、それ以外の時期でも紫外線対策は大切です。登山に出かけるなら、季節に関係なく帽子を用意しましょう。

冬は防寒にも役立つ

帽子は、冬の登山の寒さ対策としても役立ちます。冬は雪が降ることも多く、帽子をかぶっていないと頭が濡れてしまいます。その結果、体温が奪われて体力を消耗したり注意力が低下したりする危険性があるのです。

登山ウェアに付いているフードをかぶることもできますが、フードは視界を遮ってしまうデメリットがあります。転倒や転落の危険を考慮すると、視界を確保できる登山に適した帽子のほうがよいのです。

落下物から頭を守る

山の中では、石などの落下物によってけがをするケースが多々あります。落下物の大きさや重さによっては重症を負う危険性もあるため、帽子が欠かせません。

万が一、石などが落ちてきても帽子をかぶっていれば、最低限頭を守れます。登山ではあらゆるシーンを想定して装備する必要があることからも、帽子は重要なアイテムといえるのです。

季節に応じて帽子を変えよう

登山で使う帽子は、季節に応じて変えたほうが快適です。登山アイテムの中でも帽子は安価なものが多いため、いくつか持っておいてもよいのではないでしょうか。

夏と冬に分けて、それぞれに合った帽子の選び方を解説します。登山に向けて帽子を購入する際の参考にしましょう。

夏は通気性と速乾性の高い素材がおすすめ

たっぷり汗をかく夏は、通気性と速乾性の高い素材を使った帽子が最適です。通気性のよい『メッシュ』の帽子なら、頭の蒸れを快適に過ごせます。見た目も涼しげでおしゃれなデザインが多めのためか、近年人気が高まっています。

『ポリエステル』や『ナイロン』の帽子は速乾性に優れ、夏の登山にぴったりです。ツバ付きやUVカット付きなら、紫外線対策もでき一石二鳥です。

冬場や標高が高い山はニット帽が最適

冬の寒さから頭を守るには、保温性に優れたニット帽がおすすめです。キャップやハットと違い耳まですっぽり覆えるため、寒さ対策にぴったりです。

季節に関わらず気温が低い標高の高い山を登る場合も、ニット帽が役に立ちます。防寒具の一つとして持ち物リストに追加しましょう。

ニット帽はデザイン性が高く、普段のファッションにも活用できます。カラーバリエーションも豊富なため、好みの帽子が見つかるのではないでしょうか。

日焼けを防げる帽子は?

「登山は楽しみだけど、日焼けはしたくない」という人も多いのではないでしょうか。そのような場合は、日焼けを防げる帽子を選びます。

紫外線の強い山でもしっかり対策できる帽子の特徴を紹介します。ポイントをおさえて帽子選びに役立てましょう。

黒や濃い色は紫外線を通しにくい

色によって『紫外線を通しやすいもの』と『通しにくいもの』があることを知っていますか?黒や紺などの濃い色は紫外線を通しにくいといわれています。そのため、日焼けを予防したい場合は濃いカラーの帽子を選ぶとよいでしょう。

一方、薄いベージュなどの淡い色は、紫外線を通しやすい傾向があります。「少しでも日焼けを防ぎたい」という場合は、淡いカラーの帽子は避けたほうがよいかもしれません。

黄色は紫外線を反射するため、濃い色の次に紫外線を通しにくいカラーです。熱を持ちにくい性質もあり、暑い季節の登山にぴったりといえるでしょう。

紫外線反射剤織り込みなら何色でもOK

色によって紫外線の通しやすさは変わりますが、紫外線反射剤が織り込まれている帽子なら何色を選んでもOKです。紫外線反射剤には、紫外線を反射させて吸収するのを防ぐ効果があります。

帽子の色によって登山ファッションの雰囲気がまったく違って見えます。色を妥協したくない場合は、紫外線反射剤織り込みタイプの帽子を見つけてはいかがでしょうか。

紫外線を通しづらい素材の帽子

紫外線を通しづらい素材で作られた帽子を選ぶという方法もあります。その場合は『ポリエステル』『ウール』『レーヨン』のものを探しましょう。

これらの素材は特殊なUVカット加工がされていなくても、紫外線を90%以上カットしてくれます。紫外線の強い山の上でも安心して過ごせそうです。

具体的には『レーヨン』『ポリエステル』『絹』『綿』『麻』の順で紫外線カット率が下がっていきます。化学繊維のほうが機能性重視で作られているため、天然繊維に比べて紫外線を通しにくい傾向があるといえるでしょう。

折りたためるタイプは携帯しやすい

登山には、少しでも荷物を少なくして身軽な状態で臨みたいものです。帽子も折りたためるタイプなら場所をとらず携帯しやすいでしょう。

折りたためるタイプの帽子のメリットについて解説します。「公共交通機関での移動時間が長い」「荷物は最小限に抑えたい」という人に最適です。

コンパクトに収納できて便利

帽子は長時間かぶり続けると、頭が蒸れて汗のにおいが気になります。山に着く前から汗でびっしょりになっては、モチベーションも下がってしまうかもしれません。そのため、行き帰りの電車やバスの中では、帽子は脱いでおくほうが賢明です。

折りたためるタイプなら、コンパクトに収納できて便利です。バックパックのポケットなどに入れておければ、必要なときにパッと取り出せるでしょう。

シチュエーションに合わせて帽子をかぶったり脱いだりできれば、体温調整しやすく登山中も快適に過ごせます。

型崩れの心配も不要

大抵の場合、折りたたみタイプの帽子にはワイヤーが縫い込まれているため、型崩れの心配がありません。コンパクトに収納してあっても、自分好みの形状に戻せばいつも通りのスタイルに仕上がります。

一方、折りたたみタイプでない帽子を無造作に収納しておくと、型崩れが起きる可能性があります。帽子の形にこだわるなら、あらかじめ折りたたみタイプを選びましょう。

デザイン性も重視したいならこのブランド

「機能性だけでなく、デザインもこだわりたい」という場合は、デザイン性の高いブランドをチェックしましょう。普段のファッションでも使いたくなるおしゃれな帽子が見つかるはずです。

デザイン性の高さに定評のある登山ブランドを三つ紹介します。それぞれの特徴を知って、自分好みのブランドを見つけましょう。

色や柄が豊富 パタゴニア

『patagonia(パタゴニア)』はアメリカを代表するスポーツウェアブランドです。登山向けの服や道具が充実しており、登山用帽子も色や柄などバリエーション豊富に取り扱っています。

例えば『メンズ・ミクルドール・ハット』なら耐久性撥水加工済みで紫外線防止指数も高いため、初級から本格的な登山まで対応できます。無地タイプでどのようなファッションにも合わせやすいのが特徴です。

キャップタイプがお好みの場合は『ダックビル・トラッカー・ハット』がおすすめです。吸湿発散性と通気性に優れており、汗をかいても快適に過ごせます。つばの裏側に濃い色を使って照り返しを防ぐ工夫も嬉しいポイントです。

パタゴニア アウトドアウェア

機能性の高さも人気 ザ・ノース・フェイス

1966年にアメリカ・サンフランシスコで誕生した『THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)』は、不動の人気を誇っています。

高機能でありながらおしゃれなシンプルデザインが多いため、普段着としても使い回せることが人気の理由かもしれません。

『ホライズンハット(ユニセックス)』は、一部メッシュ素材を使っており通気性に優れています。UVカット率も高く、標高の高い山では紫外線対策として活躍してくれます。おしゃれな形でカラーバリエーションも豊富です。

かっこよくキメるなら、ブランドロゴの入ったメッシュキャップがおすすめです。登山ブランドとして名高いザ・ノース・フェイスのロゴ入りなら、アウトドア仕様のおしゃれなスタイルに見せてくれます。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス) 公式サイト

フランスの老舗メーカー ミレー

『Millet(ミレー)』といえば、フランスの老舗メーカーです。元々創業者がバッグ職人だったため、登山用ザックで有名になりました。今、登山用帽子もひそかに注目を集めています。

なかでも『ポケッタブル ハット』は、速乾性の高いポリエステルをメインに使っているため、汗をかいても蒸れにくいのが特徴です。その名の通り持ち運びに便利で、バックパックのポケットなどにすっぽり収納できてしまう手軽さも魅力といえます。

通気性・速乾性ともに優れている『フレキシブル キャップ』もおすすめです。特殊なメッシュ素材を使い、通気性とストレッチ性に優れています。形や色合いなどデザイン性も抜群で、登山ファッションをおしゃれに仕上げてくれます。

Millet(ミレー)公式サイト|Millet

季節とシーンに応じて最適な帽子を選ぼう

登山というと服や道具ばかりに意識がいきがちですが、実は帽子も重要な役割を持っています。安全かつ快適な登山には欠かせないため、当日までに用意しましょう。

季節やシーンにぴったりの帽子を選べば、思いきり登山を楽しめます。選び方のポイントをおさえて、早速お気に入りを見つけに行きましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME