黒ネクタイをつける意味とは?ビジネスで役立つネクタイのマナー

2019.10.11

ネクタイの色には、様々な色合いがあります。その中には黒色のネクタイがありますが、実際に黒ネクタイはどのような場所でつける機会があるのでしょうか?そこで今回はビジネスで役立つ、黒ネクタイの役割について詳しく解説していきます。

黒ネクタイはビジネス向きではない

そもそも黒ネクタイというのは、ビジネスに不向きなネクタイと言われています。例えば新入社員として社会人の第一歩を歩んでいく際に、暗いイメージを与えてしまう黒ネクタイでは、周りからいい目をされません。

さらにはすでに働いているビジネスマンは、企業に訪れた際の第一印象を大事にしています。スーツももちろん大事ですが、ネクタイは相手に印象を与えやすいアイテムなのです。なのでネクタイ選びはとても重要と言えます。

黒ネクタイの本来の意味とは

ビジネスマンには不向きな黒ネクタイですが、違った場所で活用することができます。ではそんな黒ネクタイは、どのような場面で活用されることがあるのでしょうか?ここでは、実際に黒ネクタイを活用するシチュエーションを見ていきましょう。

葬式にの時につけるもの

葬式の場は神聖な場所とされており、派手なネクタイや色付きネクタイをつけるのはご法度とされています。ほとんどの人が黒ネクタイをつけていると、「葬式」というワードを連想させるぐらい黒ネクタイ=葬式という概念が染みついているのです。

ビジネス面で黒ネクタイをつけていくことは、「社会常識がない」と判断されがちですが葬式なら問題ありません。シチュエーションに合わせたネクタイがあるので、自身の評価を下げないためにも覚えておきましょう。

おしゃれ用

黒ネクタイには細身の黒ネクタイがあり、つけるだけでスマートに見えます。このスマートさをカッコいいと思う人もいるので、おしゃれ用として活用されることもあるのです。

しかし華やかな場面で使われることが多く、ビジネスにおいて付けることはほとんどありません。プライベートでつけるのは問題ありませんが、仕事中につけることは避けましょう。

黒ネクタイ以外のビジネス向きネクタイとは

ネクタイの色によって、相手に与える印象は大きく変化します。では黒ネクタイ以外でビジネス面に向いているネクタイには、何色のネクタイがいいのでしょうか?

そこでここでは、黒ネクタイ以外でおすすめのビジネス向きのネクタイをご紹介していきます。

爽やかなブルー系

相手に爽やかな印象を与えるブルー系は、社会人になりたての就活生が多く利用しているネクタイです。話しやすい印象を与えながらも、涼しい色をイメージさせるので夏場につけるという人も多くいらっしゃいます。

さらに濃い目のブルー系だと真面目な印象を与え、薄いブルー系だろ明るく爽やかな印象を与えるのです。ただ肌が白い人などは暗く見えてしまうこともあるので注意が必要となってきます。

落ち着いたイメージのグレー系

上品な印象を与えることができるグレー系のネクタイは、ビジネス面でも活用できますが結婚式などのパーティーなどでも活用することができます。特に年齢層も幅広く利用でき、年齢を重ねたからと言っても買い替える必要がありません。

薄いグレー系は爽やかに見せることができますが、濃いグレーだと冷静な印象を持たれます。ただ人によっては暗い印象を与えることもあるので、自分のスタイルに合った色合いを選んでいきましょう。

明るいイメージを与える黄色系

明るいイメージを与えることができる黄色系のネクタイは、ポジティブな印象を相手に与えてくれます。なので営業や接客を常に仕事にしているビジネスマンに向いており、常に若々しく見せることが可能です。

ただ明るいイエロー系を選んでしまうと、色が目立ちすぎてしまい個性が出すぎてしまうという部分もあります。自分の性格や仕事に行くときのモチベーションによってネクタイの色を変化させていくと良いでしょう。

安らぎを与えるグリーン系

グリーン系のネクタイは、相手に安らぎを与え安心感をもたらす効果があります。なので初めて相手の企業に赴くときなど、相手先の警戒心を取りたい時におすすめです。

また薄いグリーンだと爽やかな印象を、濃い色だと穏やかで落ち着きのある印象を与えることができます。色々なスーツとの相性も抜群なので、幅広く活用することができるでしょう。

黒ネクタイの意味を知ってビジネスマナーをマスター

ビジネスマンにおいて、ネクタイとは必須アイテムです。黒ネクタイはビジネスには不向きとされていますが、急遽の葬式にも対応できるよう、カバンの中にしまっておくのもいいでしょう。ネクタイにおいてもすぐに対応できるのが、真のビジネスマンと言えるのです。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME