コメディ映画のおすすめ作品。大人も子供も楽しめる良作を紹介

2019.10.11

ユーモアあふれるストーリーやジョークの数々で、見る人を笑わせてくれるコメディ映画。落ち込んだ気分を持ち上げたいときやストレス解消したいときにもぴったりの映画ジャンルですね。大人も子供も楽しめる、おすすめコメディ映画をご紹介します。

邦画のおすすめコメディ映画

まずは、テレビでもおなじみの有名キャストが出演している邦画のおすすめコメディ映画をご紹介していきます。笑ってスカッとできる人気作に注目です。

ローマ人×お風呂「テルマエ・ロマエ」

ヤマザキマリによる人気コミックを原作に、ローマ時代の浴場設計技師ルシウスが現代日本にタイムスリップして日本の「お風呂」に触れていく様を描く歴史SFコメディ。「顔が濃くて彫りが深い俳優」として知られる阿部寛が主人公ルシウスを演じたことで話題になりました。

古代ローマと現代日本の大きすぎるジェネレーションギャップが生み出すどこかずれたやり取りに爆笑させられる、爆笑必至の異色コメディ映画です。

ヒロインには上戸彩が抜擢され、他のローマ人役に市村正親や北村一輝といったこちらも顔が濃い俳優が起用されるなど、主演以外のキャストも見どころとなっています。

三谷幸喜の個性がさく裂「ステキな金縛り」

劇作家・脚本家の三谷幸喜が手がけた大ヒット作品。殺人事件の容疑者を弁護することになった落ちこぼれ弁護士と、容疑者のアリバイを唯一証明できる”落ち武者の霊”がタッグを組んで裁判に挑む様を描きます。

主人公の弁護士エミを深津絵里が、落ち武者を西田敏行が演じ、三谷節がさく裂したシュールな世界観とコミカルなやり取りが話題を集めました。

笑えるストーリーの中には親子愛などの要素も盛り込まれていて、最後にはほっこりと感動できます。

洋画のおすすめコメディ映画

洋画にも、家族で楽しめるコメディ映画が数多くあります。その中でも特に大ヒットを記録した、有名な良作を見ていきましょう。

家族で楽しめる名作「ホーム・アローン」

映画史に残る大人気コメディ映画。もはや説明不要の名作と言えるでしょう。

いたずら好きの少年ケビンがひょんなことから家で一人クリスマスを過ごすことになり、そこへやってきた泥棒コンビに立ち向かう姿を描きます。

罠を張りめぐらせて泥棒を翻弄するケビンの活躍はもちろん、ケビンとママを中心に描かれる家族のつながりも見どころで、あたたかいファミリーヒューマンドラマとしても楽しめます。

博物館で大騒ぎ「ナイト ミュージアム」

アメリカ自然史博物館の夜間警備員として働くことになった主人公が、不思議な力で夜な夜な動き出す展示物たちの大騒動に巻き込まれていくファンタジーコメディ。主演を人気コメディ俳優のベン・スティラーが務めています。

恐竜や絶滅動物、原始人、歴史上の偉人、さらには兵士の人形やモアイ像などあらゆる展示物たちが個性的に動いていて、笑えるのはもちろん、歴史の面白さにも触れることができる作品です。

大ヒットを受けて続編も3作目まで製作されていて、どんどんスケールアップする展示物たちの活動が見られます。

アニメのおすすめコメディ映画

国内外のアニメ映画にも、コメディ映画として楽しめる作品が多くあります。笑える物語の中にも感動できるメッセージが詰まった良作をご紹介します。

大人気シリーズ一作目「トイ・ストーリー」

人気アニメスタジオのピクサーを代表する大ヒットシリーズ1作目。カウボーイ人形のウッディやヒーローフィギュアのバズ・ライトイヤーといったおもちゃたちが織りなすストーリーを通して、持ち主の少年アンディとおもちゃたちの絆が描かれます。

個性的なキャラクターたちによるコミカルなやり取りの中にシンプルながら力強いメッセージが込められていて、フルCGで描かれるきれいな映像も合わさって惹きこまれる名作です。

2019年にはシリーズ4作目となる「トイ・ストーリー4」も公開され、話題になりました。

泣いて笑える傑作「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」

国民的アニメ「クレヨンしんちゃん」シリーズの劇場版作品。映画クレヨンしんちゃんの中でも特に評価の高い一作です。

子供時代のなつかしさ、楽しさにとらわれてしまった大人を救い、未来を取り戻すために奮闘するしんのすけたち子供の戦いが描かれていて、クレヨンしんちゃんらしい笑いどころはもちろん、家族の絆を鮮やかに描くクライマックスが注目ポイントです。

ノスタルジックに涙腺を誘う描写の数々は特に親世代から圧倒的な支持を集め、「大人こそ楽しめるクレヨンしんちゃん作品」として話題になりました。

コメディ映画で思いっきり笑おう

思いっきり笑って明るい気分にさせてくれるコメディ映画。そのストーリーの中には笑いだけでなくさまざまなメッセージも込められていて、エンターテインメント作品として楽しめる要素がぎゅっと詰まっています。

元気をくれるコメディ映画の良作・名作を、ぜひ手に取ってみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME