トレーラーハウスに泊まれる関東近郊のキャンプ場。おしゃれな大人キャンプを

2019.10.11

キャンプを楽しむならトレーラーハウスがおすすめです。テント張りなどの面倒な作業が必要ないだけではなく、夏は涼しく冬は暖かく過ごせます。内装も広く、家族そろってキャンプを楽しめるでしょう。トレーラーハウスが予約できる、関東のキャンプ場を紹介します。

福島にあるキャンプ場

まずは、福島県にあるキャンプ場の紹介です。

ふくしま県民の森フォレストパークあだたら

フォレストパークあだたらは、森に囲まれたキャンプ場です。「森林との共生」をコンセプトにしており、動植物を見学できる「森林館」や「炭焼き体験施設」などがあります。

また、森林浴が楽しめる露天風呂があるのも特徴の一つです。体を芯から温め疲れを取るだけではなく、壮大な森林を眺めることで、心も癒してくれるでしょう。

常設しているキャンピングカーはアメリカ製のトレーラーです。車内にはシャワールームやベッドがあるほか、トレーラー脇ではBBQやたき火などの、キャンプの醍醐味も楽しめます。

  • 店舗名:ふくしま県民の森フォレストパークあだたら
  • 住所:東京都港区麻布十番2-8-8 ミレニアムタワー B1F
  • 電話番号:0243-48-2040
  • 営業時間:6:30~22:00、(問い合わせ時間:9:00~17:00)
  • 公式HP

オートキャンプいわしろ高原

オートキャンプいわしろ高原は、近くに清流があるキャンプ場です。川は浅瀬なため、子供でも楽しく遊べます(大人の付き添いは必要)。

また、周囲には民家や道路は無く、キャンプ中は日常の「におい」と離れて楽しむことができます。キャンプ場はもちろん、露天風呂もオーナーの手作りとなっており、温かみを感じられるでしょう。

トレーラーハウスには屋根付きのテラスもあります。足つきBBQコンロなら雨の日でもテラスでBBQができるのです。敷地内には全天候型の遊び場もあり、天気を気にせず楽しめます。

  • 店舗名:オートキャンプいわしろ高原
  • 住所:福島県二本松市上太田字仏台70
  • 電話番号:0243-57-2272
  • 営業時間:チェックイン(13:00)、チェックアウト(12:00)
  • 営業期間:4月~10月
  • 公式HP

神奈川にあるキャンプ場

次は、神奈川にあるキャンプ場の紹介です。

PICAさがみ湖

PICAさがみ湖 は、「さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト」内にあるキャンプ場です。「昼は遊園地、夜はキャンプ」といったように、子供にも人気のキャンプ場になります。都心から車で約60分ほどと近いのも特徴で、気軽にキャンプに出掛けられるでしょう。

また、「相模湖温泉うるり」や材料含めて必要な物すべてがそろった「ワイルドクッキングガーデン」など、設備も充実しています。

トレーラーハウスも種類が多く、好きなタイプが選べます。定員人数はもちろん、内装やテラスなども異なり、選ぶ楽しさがあるでしょう。

  • 店舗名:PICAさがみ湖
  • 住所:神奈川県相模原市相模湖町若柳1634
  • 電話番号:042-685-0917
  • 営業時間:チェックイン(14:00)、チェックアウト(10:00)
  • 定休日:木曜
  • 公式HP

群馬にあるキャンプ場

最後に、群馬にあるキャンプ場を紹介します。

オートキャンパーズエリアならまた

オートキャンパーズエリアならまたは、カヌーが楽しめるキャンプ場です。キャンプ場から直接、カヌーツアーに出かけることができます。他にも、釣りや水遊びといった水辺の遊びや、昆虫採集やマウンテンバイクなど、自然を堪能する遊びもできます。

また、周囲には、国立公園「尾瀬」や日本百名山「谷川岳」もあります。「奈良間ダム」「矢木沢ダム」もあり、時期が合えば豪快な放流も楽しめるでしょう。

トレーラーハウス(キャビン)は、2段ベッドのある木造キャビンになります。キャンプ張りの手間や虫の心配などは無く、キャンプ初心者や虫の苦手な人でも楽しくキャンプが行えます。ただ、キャビン内には主にベッドしかなく、室内で遊べるわけではありません。BBQやアウトドアなど、普段は外で遊ぶといいでしょう。

  • 店舗名:オートキャンパーズエリアならまた
  • 住所:群馬県利根郡みなかみ町藤原 6322-2
  • 電話番号:0278-75-2700
  • 営業時間:チェックイン(14:00)、チェックアウト(11:00)
  • 公式HP

赤城山オートキャンプ場

赤城山オートキャンプ場は、赤城山のふもとにあるキャンプ場です。自然豊かなキャンプ場で、アスレチック広場や人工池で遊ぶことができます。ハロウィンイベントなども実施しており、季節ごとにイベント広場が賑わいます。

また、BBQで使用する食材は、直営のブランド豚「こめこめ豚」などこだわりの食材を使用しています。準備や片付け不要なのはもちろん、屋根のついたテラススペースでは、雨の日でもBBQが楽しめます。

トレーラーハウス(キャビン)は、サイズごとに4種類の中から選べます。キャビンによってはキッチンや冷蔵庫だけではなく、冬季こたつも付いており、寒い夜でもゆったりと過ごすことができるでしょう。

  • 店舗名:赤城山オートキャンプ場
  • 住所:群馬県前橋市三夜沢町425-1
  • 電話番号:027-283-8368
  • 公式HP

トレーラーハウスで関東の自然を満喫しよう

関東は都心が位置する場所ですが、自然も多く残されています。地方や、少し道を外れるだけで自然豊かな森林や川を楽しめるのです。

トレーラーハウスを利用すれば、テント張りなどの知識や技術、さらには道具なども必要ありません。準備に悩むことはなく、気軽に関東の自然を満喫してください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME